real local福岡 » 夜な夜なよりたくなる酒場

夜な夜なよりたくなる酒場

警固エリアのナイトスポット「酒場月」

夜な夜なよりたくなる酒場
昭和を感じる細長い長屋ビルに、味のある店が所狭しと並んでいる。「警固四つ角」の裏通り

福岡市の中心部からも歩いて10分ほど、深夜まで営業している小さな飲み屋や、おいしくてリーズナブルな飲食店が点在している警固エリア。

以前福岡ガイド(2)でも紹介したバー「酒場 月」が、県外からの移住組が集まる夜のホットなスポットとして最近盛り上がりを見せています。

夜な夜なよりたくなる酒場
今日は閉店かな?と思わせるように閉まっている時もあり。鍵が開いていれば営業中。女性だったら若干強めの力で、「ガタガタ」と音を立てながらドアを開いて入店しましょう

「酒場 月」は、細長いビルの2階。やや急な階段を上り薄暗い店内へ。

夜な夜なよりたくなる酒場
(右)「酒場 月」のあるビルの外観。左側の階段を上がって2階がバー。店内の暗さが丁度いい

オーナー自ら毎日生けているという花のそばには、キャンドルがちょうどいい塩梅で設置され、その光がひらひらと高い天井で揺れています。夏限定ですが、木造の店の外から店内に入り込み天井からぶら下がる緑も。そして高い天井のおかげで、細長いつくりの店内でも圧迫感を全く感じません。そのオーガニックな空気感と居心地のよさにリピーターが続出しているそうです。

ちなみにオーナーの西山さん・通称「タックルさん」はDJとしても活動していて、BGM選曲の良さにも納得。そして、その場に居合わせたお客さん同士をさりげなく紹介してくれるので、1人でも寄りやすい大人の夜のバー。

しかし、「酒場月」はお昼の顔も持っています。「ザ!ひるげつ」という名のマルシェ的イベントも日曜日に不定期開催。

夜な夜なよりたくなる酒場
イベントでは毎回異なる地元で活動するライブパフォーマーからショップがブッキングされ、地元アーティストのライブから、環境や健康を意識したフードが食べられたり、手づくりの洋服や雑貨、時に珍しい古着やビンテージ品など毎回新しい商品との出会いがある

地域の活性化を目指しているタックルさんは、去年から始まった警固エリアの飲食店が飲み放題になるという飲み歩きイベント「警固バッカス」の主催メンバーの1人。市内の中でも飲食店の集まるホットスポットとして今後も動きが気になる警固エリア。

情報交換の場として、友達づくりの場所として、是非一度足を運んでみてほしい。

名称

酒場月

URL

オフィシャルfacebookページ

TEL

092-716-6350

営業時間

20:00~5:00

料金

通常営業中テーブルチャージ無し

備考

イベントが開催されている場合、入場料が発生するのでfacebookページを確認してください

住所

福岡市中央区警固2丁目15-23 2F

夜な夜なよりたくなる酒場