real local福岡 » 忘れられない野菜をつくる夫婦【この人】

忘れられない野菜をつくる夫婦

糸島の無農薬有機野菜 「野菜やトラキ」

忘れられない野菜をつくる夫婦
西洋野菜などの珍しい野菜が多く、とてもカラフルで新鮮

突然ですが、普段どんな場所でどんな野菜を買っていますか?

決まった種類の野菜が年中購入できるスーパーで?それとも、旬の野菜が売られている八百屋から?

野菜を買う場所一つにしても今ではたくさんの選択肢がありますが、私は販売されるまでに、それぞれの野菜がどんな経緯をたどってきたのかが最近気になります。

福岡R不動産が、トライアルステイを企画した糸島で、こだわりの野菜を種から育て販売まで手がけるご夫婦がいらっしゃいます。

「野菜やトラキ」をご夫婦で運営する、山本誠さんと和佳さんの野菜は、スーパーでは売られていないような珍しい種類のものを糸島で育て販売しています。

糸島市は農業人口福岡県第一位。とはいえ実際そこまで就農者が増えているほうではないものの、有機野菜や無農薬野菜を育てる人は少しづつ増えているのだそうです。

2人が育てる野菜は、じゃがいもだけでもノーザンルビーやインカ3兄弟など今年は10種類以上が収穫され、見た目も鮮やかな多品目種が直販店に並び、一度食べたら忘れられないほどの野菜本来の味が人気を集めています。

忘れられない野菜をつくる夫婦
土作りからこだわり、種から丹精込めて野菜作りをされている美しい農園風景

トラキの農園長の誠さんは、3年前にサラリーマンを辞め、農業を始めることを決意。誠さんの突然の決断に眠れない日もあったという和佳さんでしたが、2年前に起業。今や年間100種類以上の無農薬野菜を世に送り出しています。

「野菜やトラキ」の名前は、昔からこの土地で農業をされていたという、和佳さんのひいおじいさんの名前「虎喜」さんから取ったのだそうです。

忘れられない野菜をつくる夫婦
(左)誠さんの脱サラをきっかけにジュニア野菜ソムリエを取得された和佳さん

そんな想い入れのある土地で、化学肥料や農薬を一切使わず、丹念に誠さんが育てた野菜を、和佳さんがサポートしながら販売。

消費者だけでなく飲食業界者の間でも口コミで広がっています。

忘れられない野菜をつくる夫婦
和佳さんから直接買うことのできるのは「姫島渡船直売所」で週に2回、こちらでは朝採りの野菜が年中購入可能です

直販所以外でも販売されていますが、人気の野菜は1日で完売する事もあり、露地栽培のため野菜が採れない1月~3月は直売所以外での販売はお休みされているそうなので、お店に足を運ぶ前にトラキのfacebookページをチェックしましょう。

忘れられない野菜をつくる夫婦
元メイクアップアーティストでもある和佳さんの見事なプレゼンテーションはさすがです

今後も季節ごとにどんな新しい野菜が登場するのか、期待が高まるばかりです。

(写真提供 : 野菜やトラキ、山田香織)

屋号

「野菜やトラキ」

URL

オフィシャルfacebookページ

住所

姫島渡船直売所 : 福岡県糸島市志摩岐志1842-2 

備考

直売所での販売は週に2回。

忘れられない野菜をつくる夫婦