400年の歴史にとけこむように泊まる

篠山城下町ホテルNIPPONIA(ニッポニア)

#、#、#、#、#、#、#、#

兵庫県篠山市に、篠山城を含む「城下町全体をひとつのホテル」に見立てるという構想のもと、築100年超の古民家を含む空き家4棟を、宿泊施設、飲食店等として改装した宿泊施設が誕生した。

それが、篠山城下町ホテル「NIPPONIA(ニッポニア)」だ。

001

NIPPONIAの4棟のホテルのうちのひとつ、ONAE。明治期に建てられた元銀行頭取の住居。

002

受付ロビー。

兵庫県篠山市は、篠山城を中心とした城下町。京都と山陰、山陽間の交通の要衝として栄え、400年の歴史を持つ街並みが魅力だ。築100年を超える明治期のものから昭和期のものまで、歴史的に価値のある建物が多く、国指定伝統的建造物群保存地区に指定されたエリアが複数あり、周辺には、丹波栗、丹波黒豆、松茸、ぼたん鍋(猪鍋)など、豊かな食文化を育む農村地域が広がっている。

また2015年12月にユネスコの創造都市ネットワークにクラフト&フォークアート分野で加盟認定された通り、丹波焼をはじめとした伝統工芸も盛んで、感度の高い雑貨屋も立ち並んでいる。

003

篠山城を中心とした篠山市の風景。

004

篠山市河原町地区には町家が並び、歴史的な街並みが残る。

しかも、それらの魅力が城下町を中心にコンパクトに展開されている。

だからこそ、「篠山ではあのホテルに泊まった」という観光の中の一部のサービス提供ではなく、「篠山で暮らす」という体験を届けることができるのではないか。

歴史ある街並み、豊かな食文化、誇りある伝統工芸、それら地域の暮らし文化に入り込む、新しいスタイルの宿泊施設をつくろう。そういった想いのもと、「歴史あるまちに、とけこむように泊まる」というコンセプトを掲げ、誕生した。

客室やレストランを城下町周辺に点在させることで、まちの既存商店主との連携をホテルの構想に取り入れ、「ホテル」「お客様」「地域内の商店主」が三者一体となり、まち全体の利益向上も目的とし、地方創生における歴史地区の再生を担っている。

他の地方と同じように抱える、虫食いのように点在する空き家。
まちの特性を見つめなおし、それを逆手に取ったのである。

005

NIPPONIAおよび付近のショップの俯瞰図。すべてが徒歩圏内だ。

改修された4棟の古民家は、11室の客室となった。

時間を重ねた歴史ある部屋に、ホテルという新しい価値を加えさせてもらった、といっても過言ではないくらい、新しくも深みのある、美しい空間に仕上がっている。

006

蔵をリノベーションした客室。

007

ひとつとして同じ部屋は存在しない。部屋との出会いにも喜びを感じる。

NIPPONIAでは料理も地域体験の重要なひとつ。

篠山は日本海や但馬など食材の豊かなエリアだ。地元で採れた新鮮で美味な食材をふんだんに使った創作料理で、地産地消をベースとした地域の食文化を体験することができる。

008

地元の食材をふんだんに使った創作フレンチ。

009

古民家ならではの、静かで深い息遣いの中で料理を堪能することができる。

築100年超の空き家である古民家を活用した、NIPPONIA。

それは、かつて栄えた篠山という歴史地区の価値を、そこに住む人たちと一緒になって見直し、拾い集め、現代に「活き返らせた」地方創生のカタチである。

そして最後に、忘れてはならない。

建物を所有していた方の「まちのために」という決断、地元の職人の情熱、地元住民の想い出、たくさんの篠山を想う感謝と歓迎の気持ちが具現化し、実現できた宿泊施設だということ。ホテルに泊まって、ホテルから歓迎はされど、まちから歓迎されることがあっただろうか。

ホテルという概念を超え、まちの一部として存在するNIPPONIA。
次は誰と篠山で一緒に暮らせるのか、私たちも楽しみに待っている。

歴史あるまちに、とけこむように泊まろう。

備考

 

名称

篠山城下町ホテルNIPPONIA

業種

古民家ホテル

所在地

兵庫県篠山市西町25番地(フロント棟)

TEL

0120-210-289

料金

1泊2食 24,000円~

URL

http://sasayamastay.jp

map

TOP