real local湘南 » 風をあやつり技を魅せる、海のフィギュアスケート。【イベント】

風をあやつり技を魅せる、海のフィギュアスケート。

ウィンドサーフィン・フリースタイル競技全国大会イベント@逗子海岸

※終了しました。

風をあやつり技を魅せる、海のフィギュアスケート。
ウィンドサーフィンの華麗な技を見せる選手たち

湘南のマリンスポーツと聞いて、まず何を思い浮かべるだろうか。

サーフィン、ヨット、シーカヤック、サップ、ウィンドサーフィンetc… 湘南の海岸に沿うR134を走っていると、季節を問わず、誰かが海を楽しんでいるのが見える。よく見ていると、それぞれの海で楽しむスポーツが微妙に違うことに 気づくかもしれない。 鎌倉を越え逗子に入ると、サーファーはほとんどおらず、ウィンドサーフィンを楽しむ人が大半になる。 逗子湾はその地形上、風はあっても波が穏やかだからだ。 その奥に位置する逗子海岸は、大きな波を乗りこなすサーフィンよりも、風をあや つるウィンドサーフィンに適した海として、多くのウィンドサーファーに愛されてきた。

その逗子海岸で、4月16日(土)~17日(日)の2日間にわたり、ウィンドサーフィンの公式大会が開催される。

ウィンドサーフィンの大会には、大きく分けて3つの競技がある。 複数名の選手がスタートからゴールまで競う「スラローム」、波乗りのテクニックを互いに競う「ウェイブ」、そして、ジャンプ・回転を加えた技(トリック)を互いに競う「フリースタイル」。今回行われる大会は、3つめの「フリースタイル」。その華やかさから 「海のフィギュアスケート」とも呼ばれる、ダイナミックな技の応酬が見どころの花形 競技だ。 大会には逗子をベースに活動している、小林悠馬プロ(日本ランキング 1位)・山本 卓史プロ(同2位)、そして未来を嘱望される津野健介選手(地元高校2年生)・杉匠 真選手(地元中学2年生)も出場、生まれ育った逗子の海で華麗な技を魅せる。

今回の大会コンセプトは「海と街の融合、そして次世代へ」。 ウインドサーフィンの大会が中心ではあるものの、ビーチでもより多くの人に楽しんでもらえるようなフェスタを目指し、浜では市民主催でファミリーも楽しめるイベントが 開催される。ウィンドサーフィンを始めたい人への陸上体験講座や、地元飲食店による飲食コーナーや物販、ビーチサッカーやヨガなどのスポーツに加え、ビーサン飛ばし大会など、大人も子どもも楽しめる2日間となっている。

風をあやつり技を魅せる、海のフィギュアスケート。
地元の人で開催される、浜で楽しめるイベントもたくさん!

「海の人には逗子の街の良さを、街の人には逗子の海の良さを、そして若い人たちに もその両方を知ってもらいたいんです」と話すのは、実行委員の島田和輝さん。会社員 だった島田さんは、ウィンドサーフィンに魅せられ、静岡県富士宮市から逗子市に移住。 現在は逗子のウィンドサーフィンスクールでインストラクターとして活躍している。 ウィンドサーフィンに限らず、マリンスポーツや子育てなど、海のあるライフスタイルを求めて逗子に移住してくる人は、意外と多い。 海があたりまえにある町の、春の風物詩。逗子の風を感じに、足を運んでみてはいかがだろうか。

風をあやつり技を魅せる、海のフィギュアスケート。

風をあやつり技を魅せる、海のフィギュアスケート。
浜を訪れるたくさんの人たち
風をあやつり技を魅せる、海のフィギュアスケート。
浜を訪れるたくさんの人たち。みんなで選手に熱い視線を向ける

日時

2016年4月16日(土)~17日(日) 10:00~17:00(飲食・物販は11:00~15:00予定)

会場

逗子海岸

料金

入場無料

公共交通

JR「逗子駅」より徒歩約12分
京浜急行「新逗子駅」より徒歩約10分

駐車場

なし。近隣の有料駐車場のご利用をお願いいたします。

主催

フリースタイルフェスタ逗子実行委員会
日本ウィンドサーフィン協会(JWA)

協賛

逗子市、逗子市教育委員会

URL

Facebook : https://www.facebook.com/freestyle.festa.zushi/

Blog : https://www.facebook.com/freestyle.festa.zushi/

風をあやつり技を魅せる、海のフィギュアスケート。