カマコンバレー

この街を愛する熱い団体!

10407377_4480877075586_4658765234410207953_n
スクリーンに映る「Kamacon Valley」のロゴ

鎌倉にカマコンバレーという団体がある。

コンセプトは『この街を熱くしたい人を、ITで全力支援します!』

HPを見ると、鎌倉にまつわる様々なプロジェクトが展開されている。

代表的なプロジェクトとして、
「microstay株式会社 HPはこちら
「iikuni HPはこちら
「禅ハック HPはこちら
「津波が来たら高いところへ逃げるプロジェクト HPはこちら」など

確かに街をよくする為に、ITの力が使われている。
そしてこれだけのプロジェクトが、月に1回の定例会で生まれているという。

一体どんなことが行われているのだろう・・?
早速潜入取材へ行ってきた!

まずは、定例会が始まる30分前に、初めての参加者向けへのオリエンテーションのようなものがある。これから参加する人は、ここでカマコンバレーがどんなものなのか、話を聞くことができる。

ちなみにコンセプトに「IT」が入っているからといって、ITの関係者じゃないと参加できないということはない。学生でも主婦でも、この街を愛する人であれば誰でも参加可能だ。

そして定例会開始の時間になると、続々とメンバーが合流し、会の本番がスタート。

まずは進捗・報告コーナー。
これまでに生まれたプロジェクトの進捗や報告をするコーナーだ。

その後、5名のプレゼンターが、新規プロジェクト提案のプレゼンを行う。
このプロジェクトは、メンバーでなくても誰でも提案することが可能。

プレゼンの様子。
プレゼンの様子。毎回いろんなアイデアが飛び出す

そしてプレゼンが終わった後、自分の気になるプロジェクトを1つ選び、グループに分かれてブレスト(「ブレイン・ストーミング」の略)を行う。

ルールは「ジブンゴト化。」
その名前の通り、自分事としてそのプロジェクトのことを本気で考える。

最後にそれぞれのグループで出た意見を発表し、そのプロジェクトに関わりたい人は手をあげる。
もちろん手が上がらないこともある。
その時でも全部ジブンゴト化!
プレゼンターのFacebookページの「いいね!」を全員で押すとか、イベントがある際はみんなで行こう、等というカマコンバレーとしてできることは提案する!

グループに分かれてブレスト!!みんな本気だ!
グループに分かれてブレスト!!みんな本気だ!

これで定例会は終了だが、これだけ盛り上がった後。
2次会が用意されており、そこで親睦を深めることができる。
そして3次会、4次会・・と、街をよくするアツい議論は終わらない。

分かりにく点もあると思うので、以下に概要をまとめた。(HPより引用)

■「カマコンバレー」の活動
 (1)プロジェクトは、誰でも提案することが可能。
 (2)どのプロジェクトを実施するかは、メンバーによる全員投票。
 (3)毎月1 回の定例MTGで、プロジェクトが承認され、スタート。
 (初めてご参加いただく方は、現在紹介制となっており、メンバーの紹介が必要。)
 (4)各プロジェクトは、プロジェクトリーダー主導で進行。
 (5)収支報告は、事務局より毎月実施予定。

■「カマコンバレー」のメンバー参加条件
 (1)鎌倉の法人または、鎌倉市民であること
   ※将来的に鎌倉に住みたいなど、自称鎌倉市民も、もちろんOK。
 (2)カマコンバレーの理念に共感すること
 (3)カマコンバレーの飲み会に、最低1回は参加すること
 (4)協調性があること
 (5)会費を払うこと(会員数×1000円/月)

日時

毎月第3木曜日。
初めての参加の方は、現在メンバーからの紹介が必要。
2回目以降の方は自由に参加できるが、定例会の日程などはメンバー専用facebookグループ上でアナウンスしており、メンバー以外の方はinfoにお問合せ。

URL

http://kamacon.com/

期間

毎月1回

料金

定例会のみは無料。

会場

開催日が近づくと、facebookグループ上にてアナウンスされる。

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。