real local » 【長野】TOCA by lifart…/松本【店】

【長野】TOCA by lifart…/松本

「TOCA by lifart…」は、松本駅から徒歩10分ほどのところにある「なわて通り」商店街の最深部の少し静かなところに店を構えている「おもちゃ箱」のようなセレクトショップだ。

【長野】TOCA by lifart…/松本
店内の様子。ジャンルを取り払い、様々な雑貨を扱う。

キャンドルとその関連雑貨のほか、ジャンルの枠組みにこだわらず、「何気ない日常を少しだけ素敵に楽しくするもの」が取り揃えられている。

【長野】TOCA by lifart…/松本
カウンターで製作したキャンドルの仕上げを行う西牧さん。奥に工房も併設。

このお店を立ち上げたキャンドル作家の西牧隆行さんは松本市出身。地元の高校卒業後は、服飾の道に進むため東京の専門学校に入った。Uターン後、その知識を生かして松本のアパレルショップで働いていたが、趣味で作っていたキャンドルが友人達の間で人気となる。

そして方向転換をして、キャンドル作家としての道に進む決断をする。そして、キャンドルを作り始めてから5年が経った2013年、自身のキャンドルも取り扱うセレクトショップ「TOCA by lifart… 」を開店させた。

【長野】TOCA by lifart…/松本
キャンドル「lifart…」シリーズ。東京でも取扱店が増えてきている。

この物件は40年間くらい空き家で本当にボロボロの状態だったそうだ。

「元はスギヤというアイスクリーム屋さんの工場兼お店でした。『アイスクリーム工場』から『キャンドル工房』って近からず遠からずで良い関係。それにスギヤのアイスは松本の人にとってはスゴい馴染みあるものだから、そこを使えるのはすごい嬉しかった」

【長野】TOCA by lifart…/松本
物件を借りた時にもらったスギヤの紙袋が今も残っている。
【長野】TOCA by lifart…/松本
借りた当時の物件の様子。床のタイルはそのまま生かしてリノベーションを行った。

「TOCA by lifart… 」のある商店街の最深部からその先のエリアは、西牧さんの同世代の若手がオープンさせるお店が増えてきており、わざわざ行きたいお店が集積してきた。

【長野】TOCA by lifart…/松本
この周辺の様子。街の中心部からは少し外れたエリアで、古い民家や商店が立ち並んでいる。

そのことについても尋ねてみると、「同世代の人たちが商売し始めていたこのエリアに、自分の店も出したら、自分の店も1つのパーツとしてこのエリアになにか魅力を生み出せる可能性もあるかなと直感的に思いました」と答えてくれた。自分たちの若い世代でこのエリアを開拓して、新しい価値を提供していくことに、きっと楽しみを感じたのだろう。そして、実際にこのエリアの商店主同士が共同で開催しているイベントも徐々に増え、この辺りを回遊することを楽しむ人も定着してきている。

【長野】TOCA by lifart…/松本

「感覚の似ている人たちのお店がもっと増えてくると、そのエリアに色が付いてくる。そして、このエリアの名前が付いてくると良いですね」

観光ガイドに載っているような王道の「松本」に飽きた方は、まだ名も無きこのエリアを訪れてみてはいかがだろうか。ここには実際にどんな空気感があるのか、その入口として「TOCA by lifart… 」に立ち寄って西牧さんとの会話を楽しんで欲しいと思う。

名称

TOCA by lifart…

URL

http://toca-lifart.com/

営業時間

12:00〜19:00

定休日

水・木曜

住所

長野県松本市大手4-3-17

【長野】TOCA by lifart…/松本