real local湘南 » 湘南深沢、まだまだ面白くなっていきそうです。【この人】

湘南深沢、まだまだ面白くなっていきそうです。

湘南深沢・ブックスペース栄和堂さんに話を聞きました

湘南深沢、まだまだ面白くなっていきそうです。
かつての本屋が、ブックカフェとして再オープン

今回は湘南モノレール江の島線の途中駅、湘南深沢駅から歩くこと3分のところにある「ブックスペース栄和堂」さんに話を聞いてきた。

地図で言うならば、七里ガ浜のちょうど北。ずんずんと上がっていき、鎌倉山を越えたその麓が、湘南深沢というエリア。
観光客にとってメジャーな江ノ電沿線からは少し離れている。その分、コアなローカルエリアであると言えるだろう。

湘南深沢、まだまだ面白くなっていきそうです。
本屋を引き継いだ和田さん親子。息子が店長、お父さんがカフェマスター

1973年創業の書店・栄和堂。
町の風景にすっかりと馴染んだ、昔懐かしい外観はそのままに、かつての町の本屋さんは今、ブックカフェになっている。

本の販売、貸出しは行っていないが、店内での読書は自由。
読みかけの本に自分の栞を挟んで帰ってもいい。
地元の店から仕入れた豆で淹れているコーヒーも美味しい。

「滞在時間を長くしてほしい思いもあります。本屋さんで過ごす時間は僕自身も好きなので」(和田さん)

ブックカフェとして生まれ変わったきっかけに、一つの出来事がある。
40年間、書店一筋だった前店主の急逝。一度は店を閉めた。だが、
「本屋さんが、もうこの町にないんです」

湘南深沢、まだまだ面白くなっていきそうです。
ほとんどの本は、近隣住民からの寄贈によるものだ
湘南深沢、まだまだ面白くなっていきそうです。
寄贈をしながら「自分の本棚」をつくることもできる

地元を離れてサラリーマン生活を送っていた和田さん。けれど、深沢に帰ることを選ぶ。

「本屋さんって、街の機能には価値があるんじゃないかと思った」

2015年11月、ブックスペース栄和堂は再び開店した。 
http://blog.eiwado.space/entry/2015/11/17/010119

この町で、かつて当たり前に本があった場所に、当たり前に本のある日常をいかに持続させていくか。
栄和堂のチャレンジは今も続く。

音楽イベントの開催なども予定している。
「何かやりたい人が集まってきて、イベントもどんどん行われて、なんか面白いね、ここ、って。この場所があることが嬉しいと思われるような存在になりたい」

湘南深沢、まだまだ面白くなっていきそうです。
お店のすぐ前がバス停。定期的にバスが停まる光景を目にしつつ読書
湘南深沢、まだまだ面白くなっていきそうです。
バス待ちの方用のベンチがお店の外に

栄和堂ブログ:http://blog.eiwado.space

ちなみに、この町は、日常の中にモノレールがある。湘南モノレール。
顔を上げると蛇腹を見せて、空を列車が駆けていく。

湘南深沢、まだまだ面白くなっていきそうです。
モノレールが走り抜ける町、湘南深沢

目まぐるしく変わる車窓が魅力でもある「湘南モノレール江の島線」。
江ノ電の江ノ島駅にもほど近い、湘南江の島駅から、JRへの乗り換えが可能な、大船駅を結ぶ、空行く地元の足。
片瀬山や、鎌倉山などの丘陵地域を突っ切って進むおかげで、車窓には時にダイナミックなほど山の緑が迫ってくる。また沿線の目白山下駅からは、海も見えます。

湘南深沢、まだまだ面白くなっていきそうです。

名称

ブックスペース栄和堂

URL

http://eiwado.space

TEL

0467-67-6814

営業時間

12AM〜8PM

定休日

水曜日(臨時休業・年末年始・夏季休暇等あり)

アクセス

湘南モノレール「湘南深沢駅」徒歩3分
京浜急行バス「深沢駅」目の前・江ノ電バス「深沢駅」徒歩2分

業種

ブックカフェ&バー

住所

神奈川県鎌倉市常盤60

湘南深沢、まだまだ面白くなっていきそうです。