アーティスト・イン・レジデンスで街を知る 藤沢篇

Artists in FAS 2016 成果発表展

DSCF5993
138平米のレジデンスルームにて。取材のさなかにも、制作が行われていた。

 「アーティスト・イン・レジデンス」とは、アーティストが特定の場所に一定期間滞在し、そこで創作活動を行うこと。

2015年10月の開館以来、藤沢市、湘南地域ゆかりの若手アーティストを支援するプログラムを企画してきた、藤沢市アートスペース(愛称:FAS“エファース”)では、1周年を記念した今回、満を持して、全国公募のアーティスト・イン・レジデンス・プログラムが実施される。

早速、全国公募により選出された5名のアーティストたちの制作現場を訪ねた。

藤沢市アートスペース(FAS)の特徴のひとつ。それは、展示ルームと制作を行うレジデンスルームが併設されていること。アーティストは、展示室のすぐ隣で、作品制作に取り組める。こういった施設は珍しいそうだ。

DSCF5947
中村厚子さん。今回の作品テーマは水の循環。「自分なりに気がついたことを、反映させたい」使用する素材も、新しいものに挑戦している。
DSCF5965
廣田真夕さん。作品テーマは、生と死、食べること、生きること。“そのすべてと繋がっている気がしたので”養豚場で働いた経験を持つ。今回はその成果を発表。
DSCF5971
古堅太郎さんの作品。藤沢の方からいただいた野菜を使ったお酒。作品の最終ゴールは、“見に来た方と一緒に飲むこと”。「ずっといられない場所だからこそ、土地の影響を受けつつ制作するようにしています」
DSCF6001
川田知志さん。今回の展示で、最も大きな面積を取る作品を発表。展示場所は、FASの廊下壁面。この期間中にしか見ることができない、一期一会の作品となる。

「これまでの拠点は横浜。藤沢は近いんですけど、海があることくらいしか知らなかった。来てみたら、海も山もあり、自然がいっぱいで、人もおおらかですね」(中村さん)

「藤沢は初めてですが、実際に来てみて、ここで良かったなって思いました」(川田さん)

話を聞いていると、アーティスト・イン・レジデンスがきっかけとなって、その街のことを知る人が増えることも、大きな成果なのだと感じられる。

 

また、藤沢駅近くにあるホテル“8hotel”の客室で制作に取り組んでいる、森温さんの場合。

「サーフィンが趣味で。湘南にはサーフィンの文化がある。そこに滞在して、制作ができるなら喜んでと」 公募に出したところ、ホテルの客室をアートでリニューアルするプログラム“8hotel賞”に選出された。

今回制作された作品は、このままホテルの客室として利用されていくことになる。

「作品を置いてもらいたいのは、暮らしの中。ホテルは、住むわけではないけれど、人が過ごす場所。自分が願っていたことに近い」

DSCF6292
江ノ島が見える湘南の海。「1時間見ていても飽きなくて、夕焼けも綺麗で、これを描こうと思った」。べんがら染や藍といった環境負荷の少ない素材を使った、シルクスクリーン印刷で作品をつくっている。

 

入選アーティストへの取材に先立って、企画を担当された学芸員、齋藤武郎さんと、広報を担当された杉本聡子さんにも、FASについてお話を伺った。

「今までの企画でも、事前にレジデンスルームで新作を作ってもらい、展示をしてきました。制作は公開で行ってもらいます。制作現場は、誰でも見ることができます」

DSCF5994
手前がFASの杉本さん。「どんな風に完成したんだろう?って、公開制作を見た方には、完成した作品の展示を見に来てほしいです。制作のプロセスと結果を見ることでより興味が湧くはず」

「過程を見たり、直に作家と話したりすることで、見ている方の中にも、愛着が生まれると思うんです」

地域の方には応援団になってほしい。

「藤沢市には、若いアーティストが作品を発表できる機会や、場所がまだまだ少ない、という現状があります。でも、市内を拠点にしているアーティストの数は多い。FASは、今後、大きく伸びていくことになるアーティストたちを、知る機会を提供できる場所。そうしてステップアップしたアーティストの皆さんが、いつかまた帰ってこられるような、港みたいな場所を目指しています」

※終了いたしました。

日時

2016年10月8日(土)〜2016年11月20日(日)

10:00-19:00(入場は閉館の15分前まで)

月曜休館(ただし月曜日が祝日の場合は、翌火曜日が休館)

会場

藤沢市アートスペース、8hotel

住所

藤沢市アートスペース:〒251-0041神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-2 ココテラス湘南6階

8hotel:藤沢市鵠沼花沢町1-5

TEL

TEL 0466-30-1816

料金

観覧無料

公共交通

電車
JR「辻堂」駅東口改札北口出口から徒歩5分
バス
神奈川中央交通「神台公園前」下車すぐ
※アートスペース専用駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

URL

http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/bunka/FAS/exhibition/ex006/index.html

主催

藤沢市、藤沢市教育委員会

map