real local篠山 » 「くらしを豊かにする」出会いを、その手を通して届ける【店】

「くらしを豊かにする」出会いを、その手を通して届ける

器と暮らしの道具 ハクトヤ

篠山は河原町の古民家を歩いていると、これでもか!と色とりどりな種類の雑貨や器、かばんに衣類が並べられたお店に出会う。

そこは「器とくらしの道具 ハクトヤ」さん。

「くらしを豊かにする」出会いを、その手を通して届ける
入り口を見ただけで、何だか楽しい出会いがありそうな予感

ハクトヤの意味。「ハク(白=朝)とヤ(夜)」、つまり「朝から夜まで暮らしのそばにあるもの」という店主・一瀬さんのメッセージが店名に込められている。

その言葉通り、一度お店に足を踏み入れると、四方八方、素敵な商品に囲まれた楽園。
はっきり言って、1日滞在できるのではないかと思わせるほど、次から次に好奇心を掻き立てられる。

ある意味、目のやり場に困る。

「くらしを豊かにする」出会いを、その手を通して届ける
入り口にはいったらもう…何人の一が「わぁー!」と言ったか計り知れない

「くらしを豊かにする」出会いを、その手を通して届ける

「くらしを豊かにする」出会いを、その手を通して届ける

 「くらしを豊かにする」出会いを、その手を通して届ける

「くらしを豊かにする」出会いを、その手を通して届ける
どこまでも商品が広がる…ような気がする店内。畳になっているので、座ってじっくり吟味することもできる

一瀬さんは、元々神戸元町の服飾の会社でバイヤーを13年間されており、その海外を飛び回っていた経験を活かし、また、ノオト代表の金野との出会いもあって、篠山にこのお店をオープンさせた。13年間のバイヤー生活での経験を継承し、かつ出会い・感謝を還元する気持ちを大切し営業されているその姿と人柄から、篠山というまちの中でも温かい存在になって、多くの人を惹きつけている。

数々の魅力的な商品は、その一瀬さんが、1月末から2月の間にお店を閉めて、全国・海外に買い付けに行っている。

それも、ただ素敵な商品だから、と買い付けるのではなく、お店の方とコミュニケーションをしっかり取って、売り手・作り手の方の「暮らし」「人柄」またその商品の「背景・歴史」などをしっかりと聴き取ったうえで、買い付けをされている。

ハクトヤさんで買い物をするにあたって、とても魅力的なところはこの部分で、もちろん商品の素材等についても質問すれば答えてもらえるが、より商品との距離を近づけるために、これらの情報を丁寧に教えてくれるところがたまらない。その瞬間、その商品がより特別な存在となって買う前から愛着が湧くのである。

物理的に物を買うのではなく、売り手・作り手から一瀬さんへ、一瀬さんから買い手の方へ、その商品への愛情が伝わり、次の方の暮らしの中に溶け込んでいく、そういった買い物ができることがハクトヤらしさの象徴でもある。

「くらしを豊かにする」出会いを、その手を通して届ける
一品一品に背景があり、想いがあり、それをしっかりと伝えてくれることで愛着が湧く

さらに、店内では様々な展示・イベントも行っており、ハクトヤさん自身も「ハクトヤ展」を東京や岡山などで積極的におこなっているなど、魅力をたくさんの人に届けることに強い想いと行動力も持たれており、一瀬さん自身が篠山の魅力を伝えるまち歩きツーリズムを考えていらっしゃるとか何とか…

「くらしを豊かにする」出会いを、その手を通して届ける
店主の一瀬さん。その人柄がまさにお店にもお客さんにも表れている

色んな商品と、歴史と、人に出会えるハクトヤ。
そこにあるたくさんの魅力と触れ合って、「買う」という単純な単語では言い表せない商品との「出会い」をあなたの暮らしに持ち帰ってみてはどうだろうか。きっと家の中でその商品をみた時に、毎回温かい気持ちになって、ついついあなたも言ってしまうかも。「これはね…」と。

にしても、やっぱり1日いれる。

名称

器と暮らしの道具 ハクトヤ

業種

雑貨屋、ギャラリー

URL

http://hakutoya.exblog.jp

所在地

兵庫県篠山市河原町121-1

TEL

079-552-7522

定休日

木曜日(祝日の場合は営業)

「くらしを豊かにする」出会いを、その手を通して届ける