real local » 4つの地域が加わりました
コラム

4つの地域が加わりました

このたび、南八ヶ岳・福井・篠山・北九州もreal localに加わることになりました。それぞれどんな地域なのか、まずは自己紹介してもらいましょう。

4つの地域が加わりました

南八ヶ岳/藤井健之さん(稲村ガ崎三丁目不動産株式会社・小淵沢出張所)

僕は湘南で稲村ヶ崎R不動産を運営しているのですが、稲村から車で3時間圏内で、自分たち家族が暮らすための土地を探していたんです。その中で一番個人的にグッと来たのが八ヶ岳の南麓「南八ヶ岳」でした。人が住める地域の中ではおそらく日本で一番ではと言っていいくらい、広大な南斜面を持つ地域で、ちょっとテキサスを思い起こさせるような、日本っぽくないクリアな明るさを持った土地です。そして良いのは、不動産にしても、スペックを見て判断するという思考があまり意味をなさなくなるということです。駅近とか床面積とか間取りの数とか、そういう数字的なものより、ただその土地に立ったときの「好きか、どうか」という本能に正直になれる。もうひとつは、うちの子どもにとっての本当に素晴らしい保育園に出会えたことでした。標高1200mを超えたところにある、八ヶ岳の深い森の中にある保育園です。今、娘は毎日森に出かけていくんですよ。そのことも個人的には大きかったですね。

リアルローカル南八ヶ岳のページ
リアルローカル南八ヶ岳 運営者情報ページ

4つの地域が加わりました

 福井/牛久保星子さん(株式会社舎家)

福井県は豪雪地帯ですから、その中でも地域毎に独立して、それぞれの色を持ちつつ個別に活動をしてきたという従来像があったんです。けれども、SNSが発達したからなのか、時代が変わったからなのか、そうした個別だったものが、このところ急速に横につながるようになってきた。そしていったんつながり始めるとものすごく早くて。鯖江市の河和田地区、大野、池田町、嶺南の小浜や高浜など。そして福井駅近くも、それらをつなげる拠点という意識も働いて、人や情報の集まる場所が増えています。
また、私のように東京だったり、他から移ってきた人がだんだん地域に入り込んでくるようになって、面白い化学変化が起きている。
今来る人たちはきっとすぐに何かを一緒に始められるし、とは言えまだ全然未完成で、まさに今これからどう変化していくのか、その瞬間に立ち会える楽しさがあります。またそうした福井の状況を外向きに発信していくメディアが今までなかったので、リアルローカルをその伝える場所にしていければと思っています。

リアルローカル福井のページ
リアルローカル福井 運営者情報ページ

4つの地域が加わりました

兵庫県篠山/星野新治さん(一般社団法人ノオト)

私たちノオトは歴史的建造物の多く残る城下町・篠山の中で古民家を改修・再生する取り組みを行っているのですが、そこに入ってくださって自分の手仕事であったり表現といったことを行っていってくれる方をいかに探していくか、それが一番の課題です。ですからリアルローカルを通じて篠山という街の魅力を知っていただき興味を持っていただくことができれば何よりです。篠山はものづくりの作家であったり、地元の食材を使ったイタリアンやフレンチのシェフであったり、多様な方が集まっていますが、まだまだ面白い人との出会いを求めていますので。
またこの街全体をホテルに見立てる「NIPPONIA」という取り組みも始めていて、現在、点在している5棟12室の空き家をひとつのホテルとして運用していますが、目標は2020年までに10棟30室に広げること。さらに街の中のコンテンツも連携させていきたいと考えていています。

リアルローカル篠山のページ
リアルローカル篠山 運営者情報ページ

4つの地域が加わりました

北九州/嶋田洋平さん(株式会社北九州家守舎)

北九州は貿易業や重工業で栄えた歴史を持ち、昔から外から新天地を求めてやってきた人が多い街なので、新しいことには寛容です。僕らがリノベーションスクールという試みを北九州発で行えたのも、そういう街の気質は関係していると思います。個人的に、日本で新しいことにチャレンジしたい人がいたら、まず北九州で始めたらいいんじゃないか、と言いたい。

また九州や本州、四国をつなぐ交通の結節点でもあります。新幹線にしても在来線にしても飛行機にしても。僕らが運営しているTangaTableでは海外からのお客さんも多いですが、中でも韓国からの数が圧倒的なんです。仁川(インチョン)、釜山……。いろんな意味で人のトラフィックは多い。僕らは、小倉の魚町銀天街というところに拠点を持ち、商店街の不動産オーナーやビジネスオーナーと一緒に、リノベーションによる街の再生に力を入れてきて、最近では公共空間の利用も進んできました。そこで新しいビジネスを始める人も活気づいています。民間・公共一体となって、街を使って面白いことを行っていく気運をとても感じています。

リアルローカル北九州のページ
リアルローカル北九州 運営者情報ページ

 

というわけで、新たにこの4地域もreal localでこれからメディアを運営します。ぜひリアルローカルの情報を手がかりに、これらの地域、訪ねてみてください!