Do something today for tomorrow !

Boboa代表 相川あゆみさん

ayumi_aikawa

「Do something today for tomorrow」
 - 明日のために何かしよう! -
相川さんが発信する情報の最後には、必ずこの言葉が添えられています。

comichiかわらぐち11号室に入居する「Boboa house」。
たくさんのママと赤ちゃんがここを訪れて、イキイキと楽しい時間を過ごしています。

 

boboa外観
親子英語教室の時間はBoboa houseはママと赤ちゃんの笑顔でいっぱいです。

 

運営する「Boboa」代表の相川あゆみさんは、ご自身も2人のお子さんがいるママさん。

日本語・中国語・英語の3か国語を自在に話し、ボランティアで外国人へ日本語の指導をするなど精力的に活動していて、会う人みんなをHappyに、そして元気にしてくれます。

日本と中国のクォーターである相川さん。高校卒業後、カナダに渡り、英語と子どもの英語指導について学びました。帰国後はMBAを取得。大学院卒業後、子どもの育つ環境を考えることを目的とした活動を始め、「Boboa」が誕生しました。

「子育て中に自分を含め周りの家族を見渡すと、ママの身体とメンタルの負担が、夫婦間の不仲や子どもの成長に影響することがわかりました。心身の負担を軽減し、お互いを理解することが、子どもの育つ環境や家族の持続的なHappyに繋がると考え、身体の負担を軽減する『ヒップシート』(抱っこひも)を提供し、メンタルケアのために家族間の相互理解に繋がる講座やイベントを開催しています」

子育て中のママさんの起業って、「大変なのでは…」と思い相川さんにその辺をお聞きすると、「リスクはありますが、スケジュールは自己管理すればマイペースでできます!」と。さすがです!

Boboa houseが入居する「comichiかわらぐち」は10軒のお店が軒を連ねる長屋で、そのほとんどが女性オーナー。女性がのんびり楽しめるお店が集まって、小倉の中心市街地に近い香春口(かわらぐち)エリアで新しいコミュニティーが生まれました。

13177076_589102997915345_8688460460673227133_n (1)
comichiかわらぐちオープンの日の記念写真

 

「北九州はコンパクト感がちょうど良く、住みやすい。人と人が繋がっている感じ。今後も、自分自身も含めて次世代のためにファミリーの経営をしっかり考え、持続的なHappyに繋がることを目的に活動していきたい」

まさに「Do something today for tomorrow」な生き方です!

URL

http://boboahouse.crayonsite.net/
https://www.facebook.com/Boboahouse/

map