real local福岡 » 芸術の里を巡る、年に一度のアートツーリズム【イベント】

芸術の里を巡る、年に一度のアートツーリズム

11月20日(日)那珂川町 南畑美術散歩

※終了しました。

那珂川町の中でも、那珂川上流に位置する山間の地、南畑(みなみはた)。

南畑には、いろんなところに綺麗な水の流れる川があります。
川のせせらぎが聴こえ、揺れる水面が視界に入るこの環境には、車で通り過ぎるだけよりも実際に歩いて感じてほしい空気があります。

南畑は、約30年ほど前からこの魅力的な環境に惹かれた芸術家が工房やアトリエを開きはじめ、今では一部の間では芸術の里として知られるようになっていきました。

今年で3回目の開催となる南畑美術散歩は、「南畑の魅力を沢山の人に知っていただく」ことを目標に、自然豊かな南畑地域に点在する15の工房やアトリエを線で結び歩いて巡るアートツーリズム。

芸術の里を巡る、年に一度のアートツーリズム
福岡県筑紫郡.那珂川町不入道地区。

25年住んだパリから移住し、パリと行き来しながら制作を続ける画家のアトリエ。南畑へ移住し50年を超える、移住の大先輩が活動する彫刻の工房。今年構えたばかりの染織の工房。

それぞれのアトリエや工房のストーリーに触れることのできる年に一度のイベントで、来場者は例年延べ2000人。県外からの来場者も増えています。

芸術の里を巡る、年に一度のアートツーリズム
左上:各アトリエ、工房には看板の案内が出ています。右上:左下:各工房を巡っている様子。右下:購入もできる作品。

芸術家とアート談義ができる貴重な機会でもあり、気に入った作品を購入可能、5つの体験教室も開催されます。
体験教室は「干支置物作り体験」「クリスマス・フットランプ作り」など、初めての方も体験できます。(予約・申込みは各工房にて受付けています。こちらのリーフレットまたはこちらのホームページからどうぞ。)

田んぼの中のビニールハウスを会場にした「ぼうぶら市場」や、工房の前庭スペースを会場にした「ぼうぶら茶屋」などのお休み処が特設され、地元の新鮮な野菜やお米、郷土料理の「かしわご飯」の販売もあります。

芸術の里を巡る、年に一度のアートツーリズム
地元の農家のビニールハウス内に開かれる「ぼうぶら市場」の様子。
芸術の里を巡る、年に一度のアートツーリズム
休憩しながら、南畑の魅力に存分に触れてください。

南畑で農家を営むヒデちゃん農園による、Farmer’s schoolワークショップとして、南畑で育った「ラディッシュ・ルッコラの収穫体験」と「酵素作り体験」もでき、南畑を知るには盛りだくさんなイベント内容となっています。

さらに那珂川吹奏楽団のメンバーによる南畑美術散歩のためのスペシャルバンドが結成され、ぼうぶら市場やぼうぶら茶屋を中心に、あちこちの会場に出没予定。

芸術の里を巡る、年に一度のアートツーリズム
あちこちコンサート。サプライズな生演奏をお楽しみください。

また、地域に唯一の小学校、南畑小学校では「南畑芸術の里発表会」という学習が行われています。

地域の作家が直接、小学生に指導を行い「ものづくり」に取り組む、アーティストの多くいる南畑ならではの体験学習で、今年はこの活動で作った子ども達の作品が、南畑美術散歩の日に南畑小学校の体育館に展示されます。

芸術の里を巡る、年に一度のアートツーリズム
クリックすると大きくご覧いただけます。

南畑の、のんびりした里山の秋の雰囲気。
地元の方たちの開く会場にも立ち寄って、南畑の “人”を感じてみてください。

日時

2016年11月20日(日) 
10:00~16:00 (雨天決行)

会場

南畑地域(福岡県筑紫郡那珂川町)

住所

総合案内:筑紫郡那珂川町埋金530-1
(南畑小学校駐車場)

TEL

経営企画課協働のまち推進担当
092-953-2211(内線223)

料金

無料(各工房や農園での体験は別途)

公共交通

JR博多南駅(博多駅より新幹線で約9分)より
かわせみバスが運行します。
こちらのリーフレット右下をご参照ください。

駐車場

南畑小学校、他 リーフレット内の「P」をご利用ください。

URL

那珂川町ホームページ

南畑美術散歩Faceboookページ

南畑ぼうぶら会議ホームページ

SUMITSUKE那珂川

主催

南畑ぼうぶら会議(南畑地域活性化協議会)
共催:那珂川町

備考

SUMITSUKE那珂川、第一弾の動画は以下。

芸術の里を巡る、年に一度のアートツーリズム