美味しいブックカフェ

「OH LIFE」

金沢へJターンした人が開いた本屋。モーニングもできます!?

朝の読書、遅めの軽い昼食、コーヒー片手のメールチェック、帰宅前の寄り道…etc.

「カフェの使い方」の多様性は、街の成熟度を計る、ひとつのバロメーターなんじゃないかと思ったりもする。

今回は移住者の常連も多いブックカフェ、「OH LIFE」をご紹介。

DSC02417 のコピー
近江町市場のすぐそば。「むさし」交差点の向かいにある。
DSC02900 のコピー
オレンジ色の看板が目印。「美味しい本屋さん」とある。

店内に入ると、壁面を埋めるようにずらり並ぶのは「食」にまつわる書籍や雑誌。全て店主の私物で、どれも自由に読んで良いし、気に入った場合は購入もできる。

DSC02884 のコピー
店内はカウンター6席のみ。本に包まれるような空間が落ち着く。
IMG_5916_h のコピー
小説や随筆、レシピ本から雑誌まで、「食」にまつわる書籍はすべて春木さんの私物。欲しいという人には販売もしているそう。

“おいしい”のは書籍だけじゃなく、フードメニューがまた絶妙。パンやスープといった、気どらない食事がメインなので、凝ってるように見えないかもしれないが、一度食べると記憶に残る美味しさ。まるで、昔絵本で見たニンジンケーキや、文字で追ったタマゴサンドのように。

DSC06026_h2 のコピー
「フライドエッグトースト(550円)」。スキレットで焼いたカリカリの目玉焼きにマッシュポテト、スイート・チリ、ナッツのハーモニー。マッシュポテトはボウル一杯に食べたいくらい。

店主・春木良介さんは石川県七尾市出身。高校卒業以降ずっと東京暮らしで、「いつかは自分の店を」と10年間東京のパン屋や料理店で修行し、2012年に奥さんと一緒に金沢へJターン。料理も本も大好きで「食にまつわる楽しさを伝えたい」と2014年「美味しい本屋 OH LIFE」をオープンさせた。

DSC06032_h のコピー
メニューはパンからスープ、スイーツまですべて自家製。定期的にお店で料理教室も開催している。京都のコーヒースタンド「WANDERERS STAND」で、フードメニューの監修を担当。

9:30〜19:00まで、いつ行っても温かいスープと、気の利いたトーストメニューがあって、一人でも居心地よくて、本が読めて—…。「仕事でお昼を食べ損ねた人や、帰宅前の人が、ちょっと寄れる場所があるといいかなと」

そんな街角に灯る母心を察知してか、カフェの常連には移住者や県外勢など“ストレンジャー”も多い。旅行の度に必ずモーニングに立ち寄る人、パン屋として利用する人…それぞれが「OH LIFE」の使い方を発明している。

DSC02881 のコピー
甘エビのビスクや、野菜のポタージュなど、スープは常時4〜5種類用意されている(各480円)。手前は「フレンチトースト with レモンガード(500円)」。

カフェの使い方が街の成熟度を計るなら、多様な使い方を見つけられる、奥行きあるカフェの存在もまた、文化度の指数なのかもしれない。旅行者も移住者も、金沢をおとずれたら、「OH LIFE 」にぜひ立ち寄ってみてほしい。

 

名称

美味しい本屋さん OH LIFE

業種

ブックカフェ

URL

OH LIFE Facebook

https://www.facebook.com/ohlife/

住所

金沢市袋町4-25

TEL

076-213-5678

営業時間

9:30〜19:00

定休日

不定休

アクセス

金沢駅から徒歩14分

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

map