reallocal » 啓太郎くんのインスタグラム 神戸
啓太郎くんのインスタグラム

ミュージシャン 森本啓太郎さんに聞きました

神戸のローカルグルメは、啓太郎くんに聞け!?

 

まずはこちらをご覧ください。

このシズル感たるや! いわゆる「飯テロ(※)」ですね。
彼のインスタグラムを開くと、このような投稿がたくさん出てきます。
そそる写真と文章ばかりで、私自身、見て実際に足を運んでしまったことが何度もあります。

※飯テロ:主に人が空腹の時間帯などに、美味しそうなものの写真をSNSにアップロードする行為を指すネットスラング。

登場するのは、住宅地の知る人ぞ知るお好み焼き屋さん、昔ながらの大衆食堂、市場の豚肉専門店……などなど。どれも決して派手なお店ではありませんが、リーズナブルな「街の名店」ばかりです。

森本啓太郎くんのインスタグラムは、観光的な名物ではない神戸のまさに「real localな味」を知れる、隠れた「メディア」なのです。

森本啓太郎くん(撮影:寺川昌宏)

そんな啓太郎くんの本業はミュージシャン。「K-106」というファンクバンドをはじめ、いろいろなところでサックスを吹いています。

「いろいろ」と書きましたが、啓太郎くんはとにかく顔が広くて神出鬼没です。
これを書いている私は、東京から神戸に越してきた音楽畑の人間なのですが、東京の知人ミュージシャンから口々に「神戸なら啓太郎って奴がいるからさ、まず会ったらいいよ」と聞いていました。
その上、誰かに紹介してもらうより先に、移住してすぐふらっと見にいったライブで、早速本人に出会ってしまったくらいです。
また、神戸で音楽界隈の人と知り合い、Facebook上で友達になると、必ずといっていいほど「共通の友達」に彼が登場します。

演奏はもちろんその人当たりの良さで、誰からも愛される啓太郎くんは、神戸音楽界のハブ的な存在でもあります。
神戸での演奏機会を探っているミュージシャンは、一度彼を訪ねてみるといいかもしれません。正直にいろいろと教えてくれると思います。

オススメの某中華屋さんに連れていってもらい、レバーの唐揚げをいただきながら話を聞きました。これがまた絶品。

啓太郎くんは奈良出身で、大阪の大学を卒業後、なかば成り行きで神戸に住むことになったといいます。それから気づけば約10年、今では一番長く住んでいる土地が神戸だそう。
「結果居心地がよかったんですよね。田舎生まれなので、山もあって、海もあって。」

現在も関西圏や東京のあちこちに演奏で出向くなか、神戸は「歩いていける範囲に、個人でやられてる面白いお店がひしめき合っているのが魅力」といいます。

「飲食店も、服屋さんとかにしても、暮らしてる人が普段ふらっと行くのに嬉しいような個人商店が充実してますよね。神戸は、小さい単位のやつが面白いというか、ええのが多い。
それは音楽もそうで、神戸の人は、ゆったり気張らずに遊べる居心地のいいホームパーティーのようなイベントを作るのが上手ですね。」

啓太郎くんのインスタグラムから、空腹時には目に毒な穴子寿司、蒸し鶏、焼き豚。どこのお店か気になる方は探してみてください!

ところで、啓太郎くんは演奏活動のかたわら、三宮にある「ロキ食堂」という魚の美味しい飲み屋さんで、ときどきカウンターに立っています。
「ロキ食堂」出勤日にはインスタグラムにも「今日のおすすめメニュー」がアップされるのですが、これがまたいちいち「飯テロ」で、見るとつい立ち寄りたくなってしまいます。

「いかがでしょうか◎」と問われれば、ええ、それは、実に良いですね……ゴクリ。

「ミュージシャンが、副業や自分の日常をこんなオープンにするのは珍しいかもしれませんけど、僕の場合は、店でも街でも、集まる人の話やら暮らしの中でほんまに思った“湿度”からインスピレーションをもらって、それを音楽にさせていただいてるんで、そこでの僕と舞台とでキャラの差がないからなんです。」

そのスタンスは、演奏するのがロックやダンスミュージックであっても、変わらないといいます。

「ええ。日頃いただいて培ったもんを、舞台に立ったら、非日常的なエネルギーまで持っていくんです。」

自身について「音楽を仕事にしてるだけで、芸術家や芸能人ではなくただの自営業者ですから」と語り、インスタグラムにアップするのも、あくまで日々の暮らしの中で出会った美味しいもの(自炊の写真もまた、美味しそうなんです)。
この等身大なてらいのなさが、啓太郎くんが人々に愛される理由であり、同時に彼の食紹介がこんなにも「響く」理由なのだと思います。

実は啓太郎くん、近いうちに大阪に引っ越す予定があるそうで、もしかすると「ロキ食堂」で会えるのはあと少しの間かもしれません。
引っ越すといっても、神戸のライブハウス「108」で開催している「K-106」の定例イベントをはじめ、今後も神戸での演奏機会は頻繁にあるとのこと。食情報の方も、引き続き期待してよさそうです。

皆さんも神戸でローカルグルメを探す際は、啓太郎くんのインスタグラムを、ぜひチェックしてみてください。

(あ、もちろん、ライブにも足を運んでくださいね!「K-106」のスケジュールはこちら、それ以外のスケジュールはこちら。)

URL

Instagram:106ktr

facebook:森本啓太郎

K-106公式サイト:http://k-106.net