real local福岡 » 「みちきり」×「SUMITSUKE那珂川」【イベント】

「みちきり」×「SUMITSUKE那珂川」

3/22(水) 志賀島×那珂川町 ローカル対談

※終了しました。

田園広がる福岡市の南「那珂川町」と、福岡市から地続きの島「志賀島」。お互いの活動に新たなヒントを見出すイベント、行います。

都市の回りに広がる「自然豊かな場所」としてひとまとめに語られがちな、福岡のローカル。

「みちきり」×「SUMITSUKE那珂川」
福岡市近郊の里山エリアとして密かに注目されつつある那珂川町南畑地区。

でも当然、それぞれの場所には独自の個性があり、地域ならではの活性化の取り組みが行われています。
そこで、僕らが気になっているローカルエリアからゲストを招いて地域での取り組みや現状・課題、未来について語り合うトークイベントを開催します!

第1回のエリアは、陸続きの島、「志賀島(しかのしま)」。

移住支援サイト「みちきり」や交流拠点「シカシマサイクル」を運営する株式会社カラクリワークスから山崎基康さんをお迎えして、志賀島と僕らが「SUMITSUKE那珂川」で移住サポートを行っている那珂川町南畑地区についてそれぞれの視点からクロストークを行います。

「みちきり」×「SUMITSUKE那珂川」
今や志賀島で知らない人はいないであろうシカシマサイクル。

福岡R不動産が関わる那珂川町と、山崎さんが取り組まれている志賀島。山と海、それぞれの視点での地域での取り組みの魅力や課題なども興味深いですが、市街化調整区域の緩和もあいまって、今、さまざまな取り組みが走り始めている志賀島の話をたくさん伺いたいと思います。

普段はなかなか語り合う機会のない組み合わせから、いったいどんな話が飛び出してくるのか乞うご期待ください!

「みちきり」×「SUMITSUKE那珂川」
志賀島の暮らしや物件を紹介する「みちきり」。仕事も住みかも「自分でつくる」がコンセプト。
「みちきり」×「SUMITSUKE那珂川」
那珂川町南畑地区の移住サポートサイト「SUMITSUKE那珂川」。

 

 

当日は会場のHABITさんが、那珂川町、志賀島それぞれの食材を使った美味しい料理を用意してくださいます。
那珂川町や志賀島が地元だという方、親戚や友達がいるよという方、行ったことはないけど最近なんだか楽しそうで気になってるという方、などなど、福岡ローカルが気になる方はぜひお越しを!

※このイベントは「那珂川町南畑地区移住促進業」の一環として行います。

▼スピーカー

山崎基康 (カラクリワークス株式会社)
大学卒業後、設計事務所に就職し、病院や学校などの公共建築設計に携わる。建築やバックパッカー経験を通じ、土着の文化や生活に注目し活動している。
現在は東区、志賀島でレンタサイクル&カフェ「シカシマサイクル」の企画・運営や空き家バンク「ミチキリ」を地域と共同運営している。また「志賀島-海ノ中道サイクルツーリズム協議会」を設立し、海の中道エリアを含めた中域をサイクルフレンドリーな地域づくりに取り組む。

坂田賢治 (福岡R不動産/DMX)
独自の視点で物件を紹介する不動産メディア「福岡R不動産」を運営する株式会社DMX所属、福岡県内20の自治体と移住促進プログラム「トライアルステイ」を企画・運営。学生時代は京都と大阪で建築の意匠設計と創造都市論を学び、 27歳で就職を機に地元福岡にUターン。飲み会と本があれば基本的に幸せな32歳独身。

▼ モデレーター

田中博子(福岡R不動産/DMX)
2016年7月より「福岡R不動産」に所属。大学卒業後、一度は県外のディベロッパーに就職するも、青春時代を過ごした福岡が忘れられず、思い立ってUターン。那珂川町南畑地区移住促進事業などに関わる。

日時

2017年3月22日(水) 19:00~22:00(開場18:30)

会場

Lunch & Pub "HABIT"

住所

福岡市中央区大名2-1-50-2F

TEL

【福岡R不動産・田中】092-791-8180

料金

定員 50名  料金 1000円
(那珂川町・志賀島の食材を使った料理+2ドリンク付き)

公共交通

西鉄福岡『天神駅』より徒歩6分

URL

http://www.realfukuokaestate.jp/column/2017/03/nakagawaproject002.html

主催

福岡R不動産(株式会社DMX)・那珂川町

備考

Peatixによる事前予約が必要となります。お申し込みは下記URLよりお願いいたします。
【URL】http://ptix.co/2mqkGlq

「みちきり」×「SUMITSUKE那珂川」