前代未聞のエンターテイメント「解体公演」

4/8(sat)│文化住宅解体公演MOVIE上映in神戸

#、#、#、#、#、#、#、#、#

神戸市灘区の古本屋ワールドエンズ・ガーデンで開催されます!

以前、real localで紹介した“TEAM クラプトン”のメンバーと、シェアオフィス“kitanomad”に入居している映像作家 野田亮氏が、なにやら面白い作品に携わったという噂を聞きずっと気になっていた、映像作品「文化住宅解体公演」。4月8日(土曜)19:00から。

TEAMクラプトンの野崎将太氏、山口晶氏が解体サポート、kitanomadに入居している映像作家 野田亮氏が撮影で参加している。copylight© maedabunka/kodomokyojin 2016
TEAMクラプトンの野崎将太氏、山口晶氏が解体サポート、kitanomadに入居している映像作家 野田亮氏が撮影で参加している。copylight© maedabunka/kodomokyojin 2016

演劇中に舞台の文化住宅を解体する、前代未聞の作品。

はじめに断っておくが、この作品は演劇の映像作品ではない(そういう側面もあるが、明らかに「それだけではない」)。言うなれば、観劇と解体を同時に体験できる、前代未聞のエンターテイメントの記録映像だ。

舞台は、大阪府茨木市に実在する文化住宅「前田文化」。圧巻は、後半の観劇客も参加しての解体シーン。前半に繰り広げられた住人たちのストーリーが交錯し、壁が破壊され、床が突き破られ、外壁がユンボで取り壊されていく…。

copylight© maedabunka/kodomokyojin 2016
copylight© maedabunka/kodomokyojin 2016

ヘルメットにゴーグル、軍手をつけた手にはハンマー。こんな観劇客がいるだろうか。

はじめは恐る恐るだった観劇客たちが、解体が進むにつれ嬉々としてハンマーを振るいだす。演者と観劇客が一緒になって解体する、歓声が上がる。こんな公演が今まであっただろうか。

これまで交わることがなかった、演劇と解体。そのふたつを繋げた「文化住宅解体公演」は、新しいエンターテイメントを見事に提示している。これを読んでいるあなたも、ぜひ「前代未聞」の目撃者になってほしい。

解体公演MOVIE上映ツアーin神戸

copylight© maedabunka/kodomokyojin 2016
copylight© maedabunka/kodomokyojin 2016

尼崎・東京・神戸の計5カ所で作品を上映する「文化住宅解体公演MOVIE上映ツアー」、最終日は神戸!この機会をぜひお見逃しなく。

日時:2017年4月8日(土曜)19:00-21:00

会場:古本屋ワールドエンズ・ガーデン

料金:1,500円

定員:30名

お申し込み・詳細情報はこちら

※ 会場の“真横”で同日開催される、灘高架下オープンフェスにもぜひお立ち寄りを!

※終了いたしました。

日時

2017年4月8日(土曜)19:00-21:00

会場

古本屋ワールドエンズ・ガーデン

住所

兵庫県神戸市灘区城内通5丁目6-8

料金

1,500円

公共交通

阪急電鉄「王子公園駅」、JR神戸線「灘駅」から徒歩4分

主催

前田文化

備考

定員:30名

お申し込み・詳細情報はこちら

map

TOP