「HAZIME-MASHITE」で世界を平和に

関西学院大学 加藤雄太

HAZIME-MASHITE。

real local に初めて登場させていただきます、神戸在住、関西学院大学 21歳 加藤雄太です。

今回神戸R不動産 小泉寛明さん(*)とのご縁により、僕が日々取り組んでいます活動「HAZIME-MASHITE」を紹介させていただけることになりました。よろしくお願いします。

* real local神戸の運営ディレクター
17886763_768084300009311_218592593_o
神戸在住、関西学院大学 21歳 加藤雄太です。

「毎日知らん人に話しかけたら?」 大学2回の春、先輩にふと言われた一言。なんの根拠もないこの言葉に突き動かされ、僕の活動 “HAZIME-MASHITE” (はじめまして) がスタートしました。

具体的な活動内容は地元「神戸」を中心に、街行く人へ話しかけ、出会った方々が日頃 何を見、感じ、想うのか、会話をし聞き出していきます。そこから印象に残った言葉・ストーリーを切り取り、許可を得て撮影した写真と共にSNSでシェア。

2017年3月現在、年齢・国籍・職種は一切問わず、紹介したストーリーの数は550を超えました。

17909101_768084270009314_1924120024_n
Instagarm@hazime_mashite_ ホーム画面より

2016年6月にはクラウドファンディング(ネット上で不特定多数の方から資金調達を募る)へ挑戦し、たくさんの方の協力を得て初版『HAZIME-MASHITE』を出版することができました。

初版『HAZIME-MASHITE』1冊1200円、現在神戸の書店6店舗でお取り扱いいただく
初版『HAZIME-MASHITE』1冊1200円、現在神戸の書店6店舗でお取り扱いいただく

来る日も来る日も初対面の方との会話。当然のごとく怪しまれ、無視されることも…。しかし何故活動を続けるのか?自分の夢、そしてある女性との出会いを交えて説明させてください。

将来の夢、それは世界平和です。小さい時から育ってきた家庭環境のこともあり、普通に争い事なく、安心して1日を終えることへの憧れが強くあります。

世界規模で抱えるこの問題に僕なりにアプローチし、表現できることとして「HAZIME-MASHITE」があります。これは独自の考えになりますが、貧困国や紛争地へ行き社会貢献を行うことも平和への第一歩ですが、①今を生きる個人の心が「優しさ」や「思いやり」で満たされること、そして②多様な考え方や生き方を理解し互いに認め合うことも、同じ「平和」問題解決への一歩だと考えています。

なぜか?

心の満たされた人間は他者に優しく振る舞え、その輪が広がれば必ず「世界平和」へ繋がると確信するからです。

信号待ちの男性に話しかける様子
信号待ちの男性に話しかける様子

先月21日、活動を続ける意味を再確認する、ある女性との出会いがありました。

出会って5分。初対面の僕に打ち明けてくれた話は、父親を自殺で失ったことでした。女性曰く、小さな時から父親の暴力に毎日怯え、「いつ殺されるのか常に恐怖と戦っていた」そうです。彼女が言ったこの一言、それが僕の胸に深く響きました。

というのもこれまで人へ話すことを避けてきましたが、小学校高学年から中学を卒業するまでの間、4歳上の兄がむかえた反抗期は家の中を崩壊させ、彼女同様命の危険を感じ寝れず、枕を濡らす毎日が続きました。21歳となった今でも その状況を完全に断ち切ることはできず、悩んでいた矢先に出会った初めての共鳴でした。

女性のストーリー。続きはこちら
女性のストーリー。続きはこちら

目の前に立ち、既に前向きな考えで生きているその女性が、僕には特別たくましく見え、同時に理解してくれる人がいる事実に、心が満たされ「希望」が湧いてくるのを感じました。

その時に確信したことがあります。自分がこうして どこの誰かも知らない人の言葉に支えられたように、僕も誰かの声を紹介することで、読者の「今」を救えるかもしれないということ。それと同時に、2度と会わないかもしれない「第3者」にだからこそ心を許し言えることがあり、同時に聞けることがあるということ。

これを伝えることで、画面奥の読者が共感し、前向きな一歩を踏み出すきっかけとなれたらと願っています。

初版『HAZIME-MASHITE』より 「僕は下向かへんよ。暗い顔しててもしゃーないやん」
初版『HAZIME-MASHITE』より 「僕は下向かへんよ。暗い顔しててもしゃーないやん」

たとえ読者にピンポイントで関わりのないストーリーであったとしても、「色んな人がいて、色んな考え方がある」。その多種多様な事実を理解し、感じていただけるだけでも平和へ繋がるはずです。

活動から2年という時間が経った今、僕自身の成長と、“HAZIME-MASHITE”の発展に向け、1年間カナダへ活動拠点を移します。人種・宗教・国籍・ジェンダーが入り混じる環境に身を置き取材を続けることで、自らの価値観を広げ、これから出会う人々の経験や想いに寄り添える聞き手となって帰国したいです。

これからも一生懸命続けていきます。来年には第2弾の出版も考えています。まずはSNSをチェックし、よければフォローしてください。よろしくお願いします。(InstagramFacebook

初版『HAZIME-MASHITE』についてはSNSへのコメント・DM、もしくは以下記載の書店で購入可、メール hazimemashitekobe@gmail.com からも受け付けています。発送可。

<お取扱店舗>

・トンカ書店  〒650-0011兵庫県神戸市中央区下山手通3丁目3−12 元町福穂ビル2D

・1003books  〒650-0022 兵庫県神戸市 中央区元町通3丁目3−2

・折角堂  〒650-0011 兵庫県神戸市 中央区下山手通4丁目1-6 清山ビル2F東

・プラネットEartH  〒650-0014 兵庫県神戸市 中央区元町高架通3-172

・関西学院大学上ヶ原キャンパス生協  〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1−155

・関西学院大学三田キャンパス生協  〒669-1337 兵庫県三田市学園2丁目1番地

屋号

HAZIME-MASHITE

URL

Instagram: https://www.instagram.com/hazime_mashite_/

Facebook: https://www.facebook.com/hazimemashite1995/

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。