real local南八ヶ岳 » 色と香りの標本箱 Herbarium of the Senses – vol.05 桜【イベント】

色と香りの標本箱 Herbarium of the Senses – vol.05 桜

色と香りの標本箱 Herbarium of the Senses - vol.05 桜

「色と香りの標本箱」は、季節ごとに一つの植物にスポットをあて、色、香り、味わいなど植物のもつ恵みを多方向から探りつつ、記録としての標本を収集していくプロジェクト。

染織家・藤井繭子、植物愛好家・鞍田愛希子、料理研究家・橋本美朝の3人が、それぞれワークショップを行います。

昨年は、春の蓬、夏の山法師、秋の金木犀、冬の樅とともに四季を巡りました。
今年のスタートは、桜から。「塩」と「層」がテーマです。

長い冬の間、たっぷりと養分を蓄えた枝から土色と桜色を少しずつ分けてもらい、桜の二色ストールを染め上げます。

そして、若くやわらかな香りをもつ桜の花と葉を、海や山の塩と積層させ、時を超えて受け継がれるモイストポプリを仕込みます。

さらに、半年かけて塩により引き出された桜葉の香りを余すことなく食すために、二枚の葉が重ねられた白い道明寺餅を作ります。

そして、大切な標本も。
それぞれの桜のイメージを押し花にして、世界に二つとない標本箱を仕上げましょう。

八ヶ岳山麓で桜咲く頃、春のお弁当を片手に、花の下へ集いませんか。

日時

2017年4月22日(土)10.30-16.30

会場

藤井繭子のアトリエ(山梨県北杜市:小淵沢駅歩10分)

料金

[ 参加費 ] 12,000円

標本セット、3つのレシピ集、お花見弁当、3種のお茶、お土産(桜染めのストール、桜のモイストポプリ、桜餅、桜の花と葉の塩漬け)

URL

[ 詳 細 ] 

http://mayuko-fujii.jp/files/sakura2017.pdf

 

[ お申込・お問合せ ]

色と香りの標本箱(橋本)herbarium.ots@gmail.com

備考

[ 定 員 ] 8名

色と香りの標本箱 Herbarium of the Senses - vol.05 桜