「さくらんぼ収穫」スタッフ募集

〈水戸農園〉で季節の仕事を

mitofarm5

そろそろ6月。さくらんぼの季節が近づいてきました。

真っ赤で甘くてかわいい双子。早く食べたいな。いまから楽しみだな。

と、その前に。収穫時期のさくらんぼ農家は大忙しになるのです!

6月15日頃から2週間、天童市の水戸農園では、さくらんぼのもぎとり(収穫)、もしくは、箱詰めしてくれる人を募集しています。

忍耐が必要であり、もぎたてを味わえる贅沢さもあり。山形の季節をダイレクトに感じられるお仕事です。

山形県天童市にある〈水戸農園〉。江戸時代から代々引き継がれてきた
山形県天童市にある〈水戸農園〉。江戸時代から代々引き継がれてきた歴史ある農家

 
水戸農園とは

水戸農園が生産しているのは、お米、りんご、ラフランス、そして、さくらんぼ。総面積40アールを超えるさくらんぼ畑に、約80本の木を育てています。

デリケートで日持ちしないさくらんぼが生食として浸透したのは、戦後に流通システムが整ってから。水戸農園も戦後からさくらんぼの生産をはじめて、いまでは主力の商品となりました。

天童市の中心市街地からほど近く。まるで迷路のような農園の道を行く。右を見ても、左を見ても、果樹、果樹、果樹…
天童市の中心市街地からほど近く。まるで迷路のような農園の道を行く。右を見ても、左を見ても、果樹、果樹、果樹…
水戸農園の園長、水戸靖宏さん。収穫1ヶ月前、さくらんぼの花が咲く5月中旬に、さくらんぼ畑にお邪魔した
水戸農園の園長、水戸靖宏さん。収穫1ヶ月前、さくらんぼの花が咲く5月中旬に畑へとお邪魔した

 
園長の水戸さんについて

子どもの頃は「農家なんてイヤだ」と親に反発してきたという、水戸農園9代目の水戸靖宏さん。成人してからは、地元の不動産会社に就職しました。30代半ばになった頃、親子で話し合い、農家を継がないことを決めていたそうです。

ところが、2011年、さくらんぼ収穫の2週間前にお父様が急死されました。日に日に色づくさくらんぼを放置するわけにはいかない。水戸さんは急遽会社を半年休み、さくらんぼ、ラフランス、りんごと家族総出でその年の収穫を終えました。

そこから生産規模を調整し、兼業農家としての9代目水戸農園が始動しました。当時42歳の出来事でした。

「宿命だったんですね。一度始めてしまうと、畑のことが頭から離れないし、ずいぶん真面目に取り組んでしまう自分がいて。結局自分は農家の息子なんだなと思います」

いまでは、不動産会社の役員、まちづくり会社の社長、水戸農園の経営者という、3束のわらじを履きこなすスーパー山形人の水戸さん。平日は、山形市の会社へ出勤し、週末は農業という兼業スタイル
いまでは、不動産会社の役員、まちづくり会社の社長、水戸農園の経営者という、3束のわらじを履きこなすスーパー山形人の水戸さん。平日は、山形市の会社へ出勤し、週末は農業という兼業スタイル

農家には「謙虚さ」が求められると水戸さんはいいます。

「農業には“終わり”もなければ“完璧”もない。気候に左右されたり、病気が発生したり、思い通りにはなかなか進まなくて。常に成長途中で、毎年新しい経験や学びがあるんです」

※水戸さんによるブログ「山形R農園」にも注目です

真っ赤な実に甘さが濃縮された、〈水戸農園〉の贅沢な一粒
真っ赤な実に甘さが濃縮された、〈水戸農園〉の贅沢な一粒

 
具体的に、どんな仕事?

さくらんぼの代表格「佐藤錦」の収穫と箱詰めです。

おおよそ、もぎとりが5人、箱詰めが5人の10人体制で行います。今年は特にもぎとりを募集しています。

もぎとりは、朝5時に集合して午前中で終了。

早朝の作業には理由があります。

さくらんぼは、日中に太陽を浴びて温度が上がり、糖分が生まれます。夜に気温が下がることで、糖分が凝縮して身が締まる。つまり、甘みが詰まった朝もぎのものを出荷するのです。

「早朝に起きて、太陽の日を浴びながらカラダを動かす。終わるとクタクタになるんですけど、どこか気持ちがいい。人間らしい感覚が呼び起こされる仕事ですね」

作業小屋での箱詰め作業
作業小屋での箱詰め作業

箱詰めの人は、8時半頃からスタートして、17時半頃に終了します。

水戸農園の収穫では、毎年手伝いに入るベテランの方が多いそうで、わからないことがあれば、教えてもらえるので安心。年齢層は40〜70歳で男女比は半々ほど。もぎとりは男性が多く、箱詰めには女性が多い傾向にあります。

この仕事の醍醐味は、甘くてフレッシュなさくらんぼが食べ放題なこと。

「もぐ人には『好きなだけ味見してね』って言ってます。そうすると、どれがおいしいのか見分けがつくようになってきます。朝採れのさくらんぼは極上のおいしさですよ」

さくらんぼはかなりデリケート。収穫時期は雨が大敵で、身割れを防ぐためにハウスを設置する
収穫時期は雨が大敵で、身割れを防ぐためにハウスを設置する

 
どんな人に合う?

さくらんぼはとてもデリケート。もぐ人も箱詰めする人も、繊細にモノを扱える人が向いています。

もぐときは、脚立を使います。高いところでは、4メートルに達するので、高所に問題がない人がベターです。

さくらんぼは市場価値が下がらないうちに、集中的に収穫することが重要です。6月15日から2週間、通しで来てくれる人を歓迎しています(多少のスケジュール調整は可能です)。

「真っ赤な実がぎっしりなるんです。毎年ワクワクしますね」と水戸さん
「真っ赤な実がぎっしりなるんです。毎年ワクワクしますね」と水戸さん

一年に一度の「山形ならではの仕事」。ご興味がある方は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。ご応募をお待ちしています。

※終了いたしました。

社名/屋号

水戸農園

募集職種

さくらんぼの「収穫」と「箱詰め」

雇用/契約形態

アルバイト

契約期間

6月15日〜 2週間程度

給与/報酬

もぎ取り:時給900円

箱詰め:時給800円

勤務地

山形県天童市

勤務時間

もぎ取り:5〜11時

箱詰め:8時半〜5時半

※どちらも、途中休憩1時間あり

休日休暇

応相談

求める人物像

・繊細な作業が得意な人

・学生さんも可

・2週間通しで来られる人優遇

採用予定人数

1〜2人

選考プロセス

もぎ取り、箱詰め、もしくは両方、ご希望を明記の上、以下の問い合わせフォームよりご連絡ください。追って詳細をご連絡いたします。