real local山形 » 両国屋 マヨタコ/やまがた手土産002【地域情報】

両国屋 マヨタコ/やまがた手土産002

やまがた手土産002

今回お持ちしましたのは、「両国屋のマヨタコ」です。

両国屋 マヨタコ/やまがた手土産002

山形市のローカル百貨店・大沼の地下食品売場のいちばん奥。

大して目立ちもしないその場所で何十年も焼かれてきたたこ焼きは、山形市民にとっては懐かしい昔ながらのローカルな味わい。齢四十すぎの私・那須ミノルにとっても、子どもの頃から今に至るまでたこ焼きといえばすなわちこの両国屋のたこ焼きです。

すごく「にっちりモコモコ」しています。

外側がカリッとしているたこ焼きや、内側がトロっとしているたこ焼きがこの世に存在しているなんて当時の私は想像すらできなかったし、この国の都会や西の方の地域にはどうやらそういうものがあるらしいと知ったのはだいぶ大人になってからのこと。それまでは、やたら「にっちりモコモコ」しているこの両国屋のたこ焼きこそが、たこ焼き界の王道でありメインストリームであると信じきっていました。

両国屋 マヨタコ/やまがた手土産002
写真上部に写っている赤箱が、両国屋のレギュラーの「たこ焼き」。これこそ「にっちりモコモコ感」が見事な、山形市民にとっては懐かしい昔ながらの味わいだ。それに比べると写真手前の黄色い箱の「マヨタコ」の歴史はやや浅いようだが、それでも誕生から(おそらく)四半世紀にはなるであろうロングセラーとなっている。

さて、本題の「マヨタコ」です。

これは、たこ焼きの「上に」あるいは「横に」トッピングとしてマヨネーズが「添えられている」ものではありません。マヨネーズはたこ焼きが焼かれる段階で投入されています。つまり、たこ焼きの「中に入っている」。

ですので、その分、レギュラーな赤箱のたこ焼きよりも「にっちりモコモコ感」はやや薄まり、マヨの分だけトロンと柔らかく、独特のコクがある味わいが特徴です。

両国屋 マヨタコ/やまがた手土産002
この鮮やかな黄色の箱を見ただけで条件反射的に興奮してヨダレが出てしまうという山形市民もきっと多いはず。
両国屋 マヨタコ/やまがた手土産002
添えられているのは2本のようじとソースのみ。かつお節も青のりもなにもない。つるんとしてる。トッピングがまるでないこの状態で満ち足りている。
両国屋 マヨタコ/やまがた手土産002
赤箱(たこ焼き)と黄色箱(マヨタコ)とが鮮やかで美しい。レギュラーのたこ焼きとの味くらべをすることで、より一層マヨタコの美味しさをはっきりと感じとることができるだろう。
両国屋 マヨタコ/やまがた手土産002
添付のソースをかける。準備はこれだけ。あとはもう食べるだけ。マヨネーズは「中に入っている」から、上からかける必要もなく。
両国屋 マヨタコ/やまがた手土産002
マヨタコが放つ独特の「照り」が、山形市民のこころを鷲掴みにして離さない。

マヨタコは、おやつにもいいでしょう。お花見にもいいでしょう。芋煮会にもいいでしょう。喜ばれます。

1箱8個入り 380円。大沼両国屋には「箱」のほかに「串」もありますが、その話はまた別の機会に譲ることと致しましょう。

reallocal山形ライター 那須ミノル

※シリーズ「やまがた手土産」は山形市在住のライター那須ミノルがじぶんの価値観に従ってセレクトした手土産たちの素敵なところを勝手にご紹介していくコーナーです。

やまがた手土産アーカイブ

text by 那須ミノル

名称

両国屋山形大沼店

URL

http://www5.plala.or.jp/mayotako/index.htm

住所

山形市七日町1-2-30 山形大沼地階食品売場

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

両国屋 マヨタコ/やまがた手土産002