塚原さんの“住宅街で山羊を飼いハーブを育てる暮らし”

7/18(火)│kitanomad MEET UP vol.3

神戸でユニークな取り組みを行っている人に注目し、お話を伺うトークイベント“kitanomad MEET UP”の第3弾。

今回は、神戸市兵庫区の住宅街で山羊を飼いながらハーブを育て暮らしている、塚原正也さん(通称:山羊さん)をゲストにお迎えします。

塚原正也さん。神戸市兵庫区の住宅街で山羊を飼いながらハーブを育て暮らしている。
塚原正也さん。神戸市兵庫区の住宅街で山羊を飼いながらハーブを育て暮らしている。

空き家が増えている高齢化地域でのアーバンファーミングや、小さな生業をいくつも持ち生計を立てる(塚原さんは山羊研究家、農夫、額作家、山羊堂主人と様々な側面を持っている)など、塚原さんの暮らしの中に地域を変えていくヒントが隠されている気がしてなりません。

当日は、塚原さんのユニークな暮らしぶりや半生を紐解きつつ、地域にどんな影響を与えているのかを探ります。

中央にあるのが塚原さんの家。兵庫区の山側の住宅街にある。
中央にあるのが塚原さんの家。兵庫区の山側の住宅街にある。
育てたハーブは三宮・東遊園地のファーマーズマーケットで販売している。
育てたハーブは三宮・東遊園地のファーマーズマーケットで販売している。

最近おもしろい若手層が顕在化しつつあり、新しいムーブメントを予感させる兵庫区。

アーバンファーミングや神戸のオルタナティブな側面に興味がある方、兵庫区にお住まいの方、塚原さんのお話を聞きに来てみませんか?

お申し込みは、ページ下方イベント情報をご確認のうえ、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

塚原正也

額作家、山羊研究家の肩書きを持つ。総じて、衣食住を見詰める、暮らしの研究家。北海道にて、農業、畜産、パーマカルチャー、オーガニック、自給自足等に触れ、以後、暮らしを軸に、神戸にて都会での応用を模索する。現在、独自の農法で、風味の強い野菜と香草を生産、販売中。百の仕事を百姓と捉え、様々な仕事を複合的な糧として行くことを実践中。地下足袋愛好家。(山羊堂HPより)

※終了いたしました。

日時
2017年7月18日(火)19:00-21:30
OPEN   / 18:45
START  / 19:00
CLOSE / 21:30
会場

KRAC(神戸レガッタ&アスレチッククラブ)

住所

兵庫県神戸市中央区八幡通2丁目1-20

料金

¥2,000(スナック・ワンドリンク込み)

URL
山羊堂(塚原さんのHP)
 
KOBE live+work(塚原さんの紹介記事)
 
KRAC(神戸レガッタ&アスレチッククラブ)
主催

神戸R不動産

司会・進行

小泉寛明(神戸R不動産)

備考

お申し込みは、氏名(フルネーム)・参加人数・住所・電話番号を明記のうえ「お問い合わせフォーム」からお願いいたします。