Nuffのよこやんがおススメする温泉

はらら温泉『僕が入りたくなる温泉を探す旅001』

温泉の魅力というものがよくわからない。理由は、潔癖気味の自分にとって、公衆浴場という施設に足を踏み入れる事態が、なかなか勇気のいる行為だからだ。どんなに泉質が優れて効能があろうとも、絶景の有名な露天風呂であろうとも、風呂上がりのコーヒー牛乳が旨かろうとも、色んなことが気になってしまい、入りたいと思えないのである。本サイト編集長に、「温泉の記事、書かないの?」、「どこの温泉がいいの?」と定期的に聞かれていたけど、いつも上手に流していた。しかし、とうとう限界がきてしまった。温泉記事について消極的な態度が許せないようだ。なので、僕が入りたくなる温泉を探してきますと言って、その場を切り抜けた。

正直、良い温泉の基準がわからないので、身近な人がおススメする温泉へ行ってみようと思う。ちなみに、鹿児島は、温泉施設が多く、銭湯のような外観であっても、温泉が湧き出ているのだ。県民の多くは、温泉好きで、車にお風呂セットを積んでいる人も少なくない。生活の一部に温泉があると言いたくなるほどだ。

IMG_6431_1
創業63年のはらら温泉。地元の人にずっと愛されている。

ライフスタイルショップNuffのよこやんに聞いた、「はらら温泉」へ行ってきた。 よこやんは、ショップの店長で、僕が家具を買う時に相談に乗ってもらう、ハイセンスの持ち主なのだ。

昭和29年に創業した、はらら温泉。鹿児島中央駅より車で10分ほど。朝の6時から、夜は22時まで営業している。(※6月から10月の平日は12時から15時まで営業)インターネットで「鹿児島市 温泉 日帰り」などで検索しても、見つけるのは至難の業で、地元の人以外はほとんど来ない。静かにお湯に浸りたい人におススメとのことだ。

IMG_6437_1
玄関から男女が分かれている。
IMG_6440_1
入浴料金は大人390円、中人150円、小人80円。

玄関から男女が分かれていて、扉を開けて入ったら、番台にておかみさんに入浴料金を支払う。ロッカーに扉はあるが、カギが無いので、貴重品の管理には注意しよう。

IMG_6446_1
外観だけでなく、内観も銭湯と変わらぬ様子である。

泉質は、単純泉で、弱アルカリ性の源泉掛け流し。無色透明のきれいなお湯は、わずかに塩分を感じるサラッとした浴感とのことだ。
効能は、神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節症、疲労、ストレス回復などがある。
源泉だと高温の為、少し加水をしているとのことだ。
浴槽は4つに分かれて、通常の温泉の他に、低周波浴、水風呂、ジャグジーがある。男湯のみサウナも楽しめるらしい。

IMG_6452_1
蛇口をひねると温泉が出てくるのだ。

よこやんは、はらら温泉から自宅が近いこともあり、寒い時期は、温泉に浸かって、体の芯を温めてから通勤していたりするらしい。今の時期は、日曜日の仕事帰りに立ち寄るのだとか。風呂上がりに、キンキンに冷えたビールを飲むのがいいんだよねと話していたのを、パンツ一丁のおっさんを見て思い出した。

つづく。

名称

はらら温泉

業種

温泉施設

住所

鹿児島県鹿児島市原良4丁目2-7

TEL

099-253-9789

料金

大人390円、小学生150円、6歳未満80円。

営業時間

6:00~22:00
※ 6月〜10月の平日は12:00~15:00

定休日

第1、3水曜日

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

map