reallocal » みんなのものづくり工房 葉山ファクトリーをDIY中 湘南
みんなのものづくり工房 葉山ファクトリーをDIY中

空き家問題から新しい大家族のようなコミュニティーが生まれる

社員寮だったところを改装するため手前の広場で作業している。
社員寮だったところを改装するため手前の広場で作業している。

以前でも取り上げた「空家レンジャー」だが、今回は更に規模の大きな空き家の改造をしているということで取材した。

すぐ裏手には木々の生える山があり広い敷地内で作業台を並べて作業するレンジャーたちが出迎えてくれた。

プロや元職人でもある空家レンジャーの方から丁寧に分かりすく指導してもらい実践する 写真提供ー空家レンジャー
プロや元職人でもある空家レンジャーの方から丁寧に分かりすく指導してもらい実践する。 写真提供–空家レンジャー

ここにくるレンジャーはDIY初心者が多いという。興味はあったけど実際にDIYをやったことがなかったり、自分の家で家具を作るために勉強しに来たりなどだ。

さらに、DIYは出来ないけど後方支援ならできるということで来るレンジャーもけっこういる。ご飯を作ったり、広報をやったりなど、それぞれの特技を生かした活動をしている。

コーヒーレンジャーが自宅で焙煎した豆でおいしいアイスコーヒーを作ってくれる。
コーヒーレンジャーが自宅で焙煎した豆でおいしいアイスコーヒーを作ってくれる。写真提供−空家レンジャー

ここには、捨てられゆく運命だった廃材たちや眠っていた道具たちが集まってくる。その廃材に新しい価値を見出し高めていく「アップサイクル」という考え方のもと、材料は生まれ変わり、道具は目を覚ます。

 

この空き家も基本は彼らが作業する予定だが、鉄骨階段など大きく修復しなくてはいけない箇所もある。それらはプロの方々にもお願いする予定だ。その資金調達を現在クラウドファンディング「CAMP FIRE」で募集中だ。

今後は1階をシェアカフェキッチンやデジタル工作機器が使えるものづくりラボにする予定だ。また2階をいくつかのスペースに分割し、シェア工房として機能させクリエイターを呼び込み彼らとコラボレーションしていく予定だ。(すでに3組が入居予定である)

他にも夢ひろがる計画が次々と生まれている。

子どもたちも将来の空家レンジャー候補生になるかも? 写真提供−空家レンジャー
子どもたちも将来の空家レンジャー候補生になるかも? 写真提供−空家レンジャー

建物内を廻っていると、どこからも作業の音と共に楽しそうな声が聞こえてくる。

最初、親しげな空気感で作業していて、以前から参加されてお互いを知っている方々かと思った。だが聞いてみると、まだ合って1時間くらいというのでかなり驚いた。

こういうことはよくあるらしく、DIYはお互いの心の垣根を無くしてしまう力があるようだ。

そして、ごはんになると全体でひとつのまとまった感じとなり大家族の食卓みたいな賑やかで楽しいひと時となる。

空き家や廃材の問題が地域貢献の輪を作りつつ新しいコミュニティーも作ってくれるというポジティブな考え方もできることに気づかされた。

夕飯は後方支援のレンジャー手作りカレーとBBQ
夕飯は後方支援のレンジャー手作りカレーとBBQ。
子どもから大人まで楽しんでDIYをやっている 写真提供−空家レンジャー
子どもから大人まで楽しんでDIYをやっている。 写真提供−空家レンジャー

 

日時

土日10時から18時(facebook HPを要確認

会場

葉山ファクトリー

住所

神奈川県三浦郡葉山町長柄(詳細住所はFBイベントページより参加をクリック、のちに詳細住所を連絡)

駐車場

敷地内に駐車場あり 要事前相談

URL

HP

http://www.hayamafactory.com/

FACEBOOK(空家レンジャー)

https://www.facebook.com/akiyaranger/

FACEBOOK(葉山ファクトリー)

https://www.facebook.com/hayamafactory/

CAMPFIRE(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view/36203

Twitter

https://twitter.com/akiyaranger

主催

空家レンジャー

料金

参加費:1,000(保険、昼食含む)