reallocal » アジア選手権「蔵王スカイランニング」 山形
アジア選手権「蔵王スカイランニング」

9月9日(土)10日(日)蔵王温泉にて

zao_skyrunning

山へ駆け上る山岳スポーツとして人気を高めているスカイランニング。

山形市の蔵王温泉にて、日本でもっとも注目を集めるスカイランニングの大会、「蔵王スカイランニング」が開催されます。

2016年の様子。地元を中心に2日間でのべ120人のボランティアスタッフが、世界各国から集まる選手を迎える
2016年の様子。地元を中心に2日間でのべ120人のボランティアスタッフが、世界各国から集まる選手を迎える

スカイランニング・アジア選手権には中国、韓国、フィリピン、ロシアなど5ヶ国から計20人のナショナルチームが参加。また中国、韓国、スペイン、アメリカ、イランなどから個人エントリーの選手が一般参加するほか、日本からも10選手がナショナルチームとして参加します。

一般向けの21kmのスカイレースやファンレース、ユース・ジュニアのレースも開催されます。

zao_skyrunning3

9月9日土曜日に「ZAOバーティカルレース」で大会が開幕。蔵王温泉の温泉街をスタートして地蔵岳山頂までを一気に登り切る距離4.8km(累積獲得高度900m)のレースです。

翌日10日の日曜日には、「ZAOスカイレース28K」が開催され、蔵王山の火口湖であるお釜を臨む稜線である「馬の背」や蔵王連峰最高峰の熊野岳などをめぐる山岳コースを世界から集まる選手たちが走ります。

このほかにも一般ランナー向けの21kmのスカイレース、ユース(高校生)やジュニア(小・中学生)のレース、家族向けのアドベンチャーゲームも開催されます(※参加募集は終了しました)。

zao_skyrunning5

本大会はどこでもどなたでも、観戦や応援が可能で、ロープウェイで上がり山頂で応援する観客の姿もあります。

雄大な自然を背景に、ランナーたちの闘志で盛り上がる秋の蔵王。今週末のお出かけの候補にいかがでしょうか。

詳細はZAO SKYRUNNINGのウェブページからご確認ください。

画像提供:ZAO SKYRUNNING 事務局

zao_skyrunning2

【スカイランニングについて】

山麓から仰ぎみる山頂へいかに速く登ることができるか。この自然への挑戦がスカイランニングというスポーツとして確立されたのは1992年。1995年には現在の国際スカイランニング連盟(International Skyrunning Federation, ISF)の前身がイタリアに設立され、1998年に世界選手権、2003年にはスカイランナー・世界シリーズが開催されました。
その後、スカイランニングの人気は世界に広がり、現在では44の国と地域に加盟競技団体を持ち、その公式戦は年間で200大会以上におよびます。2015年にスタートしたコンチネンタル選手権はアジア、欧州、北米、アフリカ、オセアニアの各地域で隔年で開かれており、ISFと大会実行委員会は蔵王スカイランニングにおいて2017年のアジア選手権を開催することとなりました。

※終了いたしました。

日時

2017年9月9日(土)・10日(日)

会場

蔵王温泉・蔵王温泉スキー場及び周辺山岳

URL
大会公式ウェブサイト
 
大会公式Facebookページ
主催

ISF(国際スカイランニング連盟) ZAO SKYRUNNING 実行委員会

協賛

株式会社ザオバ、アスリチューン、株式会社ユーレックス アメアスポーツジャパン株式会社スント事業部

備考

お問い合わせ先 

ZAO SKYRUNNING 事務局:ヴィレマーケティング株式会社
電話:042-306-6685
email:office@zaoskyrunning.jp
map