reallocal » 神戸の農の未来に寄り添う仕事 神戸
神戸の農の未来に寄り添う仕事

EAT LOCAL KOBE FARM SHOPマネージャー募集

2018年春、神戸の中心部・三宮の山側に位置する北野エリアに、EAT LOCAL KOBEの拠点施設が生まれます。今回はその施設を共に支え、作っていってくれる運営マネージャーを募集します。

2018年春にオープンする、EAT LOCAL KOBE FARM SHOPの外観イメージ。
2018年春にオープンする、EAT LOCAL KOBE FARM SHOPの外観イメージ

毎週から毎日へ。地産地消をもっと日常に。

三宮・東遊園地でほぼ毎週開催しているEAT LOCAL KOBE FARMERS MARKETは、お陰様で開催3年目に入り、街の朝市としても徐々に定着してきました。

毎週お見かけするご近所さん、農家さんと会話したい人たち、美味しいものが大好きな人たち、農や食に興味のある学生さんや、遊びにやってくる子どもたちに、若い農家さとのおしゃべりが楽しみなお年寄り、そして最近では朝ごはんを楽しみながら仕入れをされる飲食店の料理人など、老若男女が「農」を囲み集うコミュニケーションの場とし育ちつつあります。

EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKETの様子。年間を通してほぼ毎週、三宮・東遊園地で開催している
EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKETの様子。年間を通してほぼ毎週、三宮・東遊園地で開催している。
ファーマーズマーケットは、農家、飲食店、消費者の交流の場にもなっている
ファーマーズマーケットは、農家、飲食店、消費者の交流の場にもなっている。

しかし、土曜の朝3時間ほどの開催だけでは、まだまだ街なかで地産地消を日常に取り入れるのが難しいのが実情です。

一方、生産者側から考えてみると、マーケットが始まったことで、生産者の立場を理解してくれる客層への直接販売の機会が生まれ、街なかに農家のインフラが構築されたことは大きな成果と言えます。しかし、これもまだ十分とは言えません。地産の野菜を求めてくれている人たちに届けたい春夏秋冬の恵みは、まだまだあります。

こういった実情を補い、より地産地食を日常に取り入れていくため、EAT LOCAL KOBEの拠点施設は生まれることになりました。

生産者も消費者も豊かにする“新しい流通”の実験。

EAT LOCAL KOBEは、ファーマーズマーケットの運営や食育イベントの企画を通して、消費者と農家をつなぎ、地産地消を日常に取り入れる役割を担っている。
EAT LOCAL KOBEは、ファーマーズマーケットの運営や食育イベントの企画を通して、消費者と農家をつなぎ、地産地消を日常に取り入れる役割を担っている。

EAT LOCAL KOBE FARM SHOPの目的は、他にもあります。

1つは「流通」です。農家はレストランや消費者へ1軒1軒直接配達するか、郵送するか、近くの直売所での委託販売が主流ですが、配達や郵送は手間もコストもかかる作業です。しかし、「消費者と農家の関係の真ん中に、この流通の手間をシェアする中間的な場があれば、農家の負担が大きく減るのではないか」という声がありました。

私たち消費者が少し農家に歩み寄り、中間的な場へ足を運ぶことによって、農家の負担が減る。それは、より良い野菜を栽培することに協力するということで、結局のところ私たちの食も豊かにすることができるのです。この北野という、飲食店と住民が共に生きる町で、そのステーション的な役割を担う実験も行いたいと思っています。

生産者の収入源多様化に取り組む。

農家さんによる麦わら帽子作りワークショップの様子。
農家さんによる麦わら帽子作りワークショップの様子。

目的のもう1つは、農家が都心でも柔軟に働ける場や、6次産業化商品の加工販売スペース、農家によるワークショップの場などを作り、農家の収入源の多様化に取り組むことです。

それは現役農家のためだけでなく、これからの若者が農業に興味を持ち、農業という職業を自分ごととして結びつけていくために必要なことだと考えるからです。

若者が新規就農してもやっていけるためのモデルを探したい。「農家を目指す若者」を増やし、サポートするということを、農家と共に、若者と共に、様々な立場のひとと共に、チャレンジしたいのです。

それにはまず、若者にとって身近な都心で「農が存在感を持つ」ことが、はじまりの第一歩になると考えています。

コミュニティー協力型ファームショップ&イートイン

このような背景や、様々なご縁が重なり、北野坂の中心に位置する路面スペースで、ファーマーズマーケットを運営する一般社団法人KOBE FARMERS MARKETが運営の主体になり(*)、会員である農家やレストラン、物販といった食の事業者を取りまとめ運営する「コミュニティー協力型ファームショップ」の運営を開始することとなりました。

経営、雇用先は有限会社Lusieとなります。

EAT LOCAL KOBE FARM SHOPが入るのは、北野坂の中腹にある白いヴィンテージビル・東洋プラザの1F。
EAT LOCAL KOBE FARM SHOPが入るのは、北野坂の中腹にある白いヴィンテージビル・東洋プラザの1F。
一般社団法人KOBE FARMERS MARKETのメンバーと、ファーマーズマーケット出店者、ボランティアスタッフの懇親会の様子。
EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKETでのひとコマ。ファームショップもマーケットと同様に、出店者、ボランティアスタッフ、運営スタッフがみんなで作る場所に育てていく予定。

このショップには、ファーマーズマーケットに参加する神戸市の農家の野菜や、食の事業者の商品を中心に並べます。また、売れ残り野菜を減らすため、可能な限りの野菜を調理し、その場で食べてもらえるイートイン・スペースも設けます。

イートイン・スペースでは、ファーマーズマーケットのような屋外イベントでは提供できない、生野菜や生チーズなど、フレッシュな神戸の産品をシンプルに味わってもらいたいと考えており、基本的にあまり手をかけない家庭料理のようなものを提供する、地域の食堂を目指します。

さらに、EAT LOCAL KOBE関連のイベントや、農家や食の事業者による料理教室やワークショップもこちらで開催していく予定です。農家だけでなく、農とは切っても離せない食の事業者を目指す若い人たちも、総合的に応援していきたいと考えています。

ダブルワーク可。勤務は週3~4日で複数名を募集。

今回募集するマネージャーは、この施設だけでなく、ファーマーズマーケットの運営にも関わってもらいます。一連の取り組みをより深く理解し、一体的に運営してもらいたいからです。

マーケット運営業務は、出店者・来場者とのコミュニケーションや設営・撤収作業、事務作業など様々。
マーケット運営業務は、出店者・来場者とのコミュニケーションや設営・撤収作業、事務作業など様々。

また、このマネージャー業は「1名ではなく、複数名で」シェアしてもらう予定にしています。仕事の内容は、野菜や商品の仕入れから販売、惣菜の仕込み、清掃やアルバイトのシフト管理といった店舗のマネージメント業務、マーケット出店者との調整や各種イベントの企画、同じビル内にオープンするシェアオフィスのマネジメントなど、マルチタスクが前提となります。

29
ファームショップでは神戸の地産食材を使用したメニューを提供予定。簡単な調理もマネージャーの業務のひとつ。
100005453
農家さんの圃場を訪れるファームビジットの引率や、ファームショップで使用する野菜の受け取りなど、農地に行く機会が増えます。

これらの業務を数名でシェアし、それぞれの得意を持ち寄って協力しながら動かしていく。そんな働き方に興味はありませんか?

働き方の大きな特徴は、ダブルワークが可能なように勤務日数は3日~4日を前提としていること。より自分らしく働ける働き方の1つとして、健全な副業文化を育てたいと思っているからです。例えば、食や農に絡んで独立したいと考えている方、地元農家をサポートする気持ちに溢れた主婦の方、神戸への移住を考えている方など、副業を持つ複数のマネージャーが、コミュニケーションをとりながら進める「コーポラティブ型」の運営を行っていきたいと考えています。(ティザーサイトはこちら

なお、このショップはKITANOMADという施設の一部になり、北野地区で3年間運営が行われてきた「移住者を中心としたフリーランサーのシェアオフィス」、「ヨガや裏山でのトレイルランのためのアウトドアフィットネスクラブ」の入居も予定していますKITANOMADは、北野がよりローカル志向の街になり、農や自然に関心のあるクリエイティブな職業人の集まりの場になることを目指します。

都心でありながら自然に近い町・北野で、農を真ん中にして一緒に働いてみませんか?「農を支える」とか、「変える」とか、そんなことはできなくても、農に寄り添い、農業を営むひとたちに伴走しながら、応援することなら私たちにも出来るかもしれません。

社名/屋号

有限会社Lusie / EAT LOCAL KOBE FARM SHOP

募集職種

EAT LOCAL KOBE FARM SHOP マネージャー

雇用/契約形態

業務委託契約 / ダブルワーク可

給与/報酬

勤務日数、能力・経験に応じて、相談のうえ決定します。

待遇

ダブルワーク可、週34日からOK

仕事内容

EAT LOCAL KOBE FARM SHOPの運営マネジメント(野菜や商品の仕入れから販売、デリ・惣菜の仕込み、清掃やアルバイトのシフト管理)や、ファーマーズマーケット出店者との調整、各種イベントの企画、同じビル内にオープンするシェアオフィスのマネジメントなど。

勤務地

EAT LOCAL KOBE FARM SHOP(神戸市中央区山本通1丁目7-15

採用予定人数

複数名

選考プロセス

まずは簡単なプロフィールを添えて、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。その後は書類審査と、面接を予定しております。

URL

EAT LOCAL KOBE FARM SHOP ティザーサイト

EAT LOCAL KOBE

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

map