reallocal » とんがりビルのワークショップ 山形
とんがりビルのワークショップ

麦藁のウマを編む&鹿革のしおりをつくる

ws7

山形市七日町の〈とんがりビル〉1Fの本と雑貨の店「十三時」で、ワークショップがはじまりました。

ワークショップは「麦藁のウマを編む」と「鹿革のしおりをつくる」の2種類で、ものづくりの得意なスタッフによって開催されます。

筆者は「鹿革のしおりをつくる」を体験してきました。

黒や茶系、赤、青などから好きな色を選んで、型を写します。石巻市牡鹿半島にいる野生の鹿の革を使用しています。
黒や茶系、赤、青などから好きな色を選んで、型を写します。石巻市牡鹿半島にいる野生の鹿の革を使用しています
ハサミでチョキチョキ。
ハサミでチョキチョキ。革の厚さもそれぞれで(歳をとった鹿は厚い革、若い鹿は薄い革とのこと)、わたしは少し厚めの箇所を選びました
お好みで耳に紐を通したり、目をつけたりして完成!
お好みで耳に紐を通したり、目をつけたりして完成!
本からひょこっと顔を出す。
本からひょこっとこんにちは〜

外に雪が舞うなか、小さな手仕事の穏やかな時間。

1Fの食堂〈nitaki〉で飲み物を注文して、お茶を楽しみながら作業するのもOK。

みなさまお気軽にご参加ください。


*講座① 「麦藁のウマを編む」
講師:渡部萌
材料費:500円
時間:15~30分
麦藁を使ってウマを編みます。ちょっとした飾りにかわいらしいウマです。

*講座② 「鹿革のしおりをつくる」
講師:是恒さくら
材料費:500円
時間:10~20分
鹿のなめし革を切り抜いて、「歩いてくるクマ」のしおりをつくります。本のページに噛みつきます。

「麦藁のウマを編む」は手のひらサイズのウマがつくれます。
「麦藁のウマを編む」は手のひらサイズのウマがつくれます
講師の渡部萌さん。
「麦藁のウマを編む」講師の渡部萌さん

※スタッフの担当日によって内容が異なります。
※開催しない日もございます。
※予約不要です。

◎1月のスケジュール
1/11(木)②鹿革のしおり
1/12(金)②鹿革のしおり
1/16(火)①麦藁のウマ
1/17(水)①麦藁のウマ
1/18(木)②鹿革のしおり
1/19(金)②鹿革のしおり
1/20(土)②鹿革のしおり
1/21(日)①麦藁のウマ
1/23(火)①麦藁のウマ
1/24(水)①麦藁のウマ
1/25(木)②鹿革のしおり
1/27(土)②鹿革のしおり
1/28(日)②鹿革のしおり
1/30(火)①麦藁のウマ
1/31(水)①麦藁のウマ

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。