real local福岡 » 泊まれるスナック B&C Gakubuchi【宿・拠点】

泊まれるスナック B&C Gakubuchi

福岡から九州へ ’ガクブチ’を越えて

福岡市博多区上呉服町(かみごふくまち)。
博多駅から伸びる大通り「大博(たいはく)通り」から一本裏に入った、神社仏閣や古い戸建などの古い町並み・下町感が残る、ゆったりと時間の流れるこの住宅街の一角に、
スナック・喫茶が併設されたゲストハウス「B&C gakubuchi(ガクブチ)」はあります。

泊まれるスナック B&C Gakubuchi
2階建て、築50年の木造建物をリノベーションして作られました。店長の葛西さんは「初めてこの建物を見た時、2階の窓が額縁に見えたんです。」と教えてくれました。

B&C Gakubuchiのコンセプトは、
Bed(泊まる)+ 様々な意味を持つC
colony(集合体)、communication(通じ合い)combination(組み合わせ)culture(文化)cross(交差)casa(家)

自身もゲストハウスや人との繋がりで考え方や人生が変わったというメンバーが、ワクワクする時間、ホッとする時間を提供したい、みんなを受け入れる「ガクブチ」になりたい、間口を広げてここから九州への旅を提案できるきっかけになりたい、という想いからオープンしました。

泊まれるスナック B&C Gakubuchi
1階。ここからたくさんの交流が生まれています。

1階は、バーカウンターと団らんスペース、その奥に男女共用の半個室ドミトリー。
スナック・喫茶として、宿泊の方以外も利用できるよう営業し、地元の人と旅人が交流できるようにしています。スナックのママ(スタッフ)が繋ぎ役となって、あっという間に交流が始まります。

2階は、女性専用のドミトリーと静かにリラックスできる窓側の共有スペース、和室の個室が2つ。女性専用ドミトリーには、ドミトリー内に専用のシャワールームとパウダースペースが設置されていて、女性にはすごく嬉しいポイント。細部まで、基本設計を手掛けた女性店長のアイデアが効いています。

全体解剖図はこちら。

泊まれるスナック B&C Gakubuchi
「できるだけ建物を残してほしい」そんなオーナーの気持ちに応えるべく、立派な梁はもちろん、家具も再利用しています。天井が高くて開放感あり。ほっと落ち着く空間です。
泊まれるスナック B&C Gakubuchi
2階の共有スペース。天井にはこだわりの小倉織。前面道路は山笠が駆け抜けるコースであるため、山笠の時はここが特等席になります。

B&C Gakubuchiは、熊本・阿蘇にある「阿蘇び心」というゲストハウスの4店舗目として、できました。
阿蘇といえば、2016年の熊本地震の被害を大きく受けた場所。
「阿蘇び心」も被害を受け、現在は更地となってしまいました。

Gakubuchiの店長・葛西さんは、ゲストハウスをやりたい!と一念発起し青森から阿蘇へ。阿蘇び心にスタッフとして入った2週間後に被災。地震後、各地から訪れた数多くのボランティアの人々に出会い触れたのは、特に九州の人たちの優しさと、九州を想う気持ちだった、と言います。

そうして阿蘇び心のメンバーと葛西さんに生まれたのが、『九州を元気にしたい』という想い。
それから、九州の玄関口である「福岡」に4店舗目を出店することが決まり、クラウドファンディングでの支援(クラウドファンディングページ)や、全国各地からの仲間たち総勢200名の協力によるDIY工事を経て、2017年6月にオープン。

泊まれるスナック B&C Gakubuchi
Gakubuchiには、わくわくが詰め込まれています。

まずはGakubuchiを、そして福岡を博多を知ってもらい、ここから九州各地への旅へと繋げたい。Gakubuchiは、そんなゲストハウスを目指しています。

一人旅を存分に楽しみたいゲストのことも考えた、プロの宿泊施設としての機能はしっかりと守りながら、旅を、日常を何倍も楽しくするための『交流』を生み、わくわくしてもらうこと。Gakubuchiにはスナックをはじめ、交流を生むためのちょっとした仕掛けがたくさんあります。

手作りの周辺マップ、つかず離れずのちょうどいい接客、交流ノートなどの「わくわく」が、
ここが生まれる前からのスタッフの物語や経験、アイデアが積み重なって作られ、散りばめられています。

泊まれるスナック B&C Gakubuchi
宿泊についてくるドリンクチケット。宿泊の方も、スナック・喫茶に気軽に立ち寄るきっかけになるようにと、作られました。ビールかジュースと交換できます。

店長、そしてスタッフも移住者であるGakubuchi。
オープンする前から、現在でも、まずは街を知りその魅力を伝えるため、周辺のことはもちろん、スタッフ自身が福岡を九州を楽しむことに余念がありません。

1階の団らんスペースには、スタッフのみりさんが手作り(!)した近隣マップと、Gakubuchiからの徒歩分数やメニューの内容やおすすめポイントが案内された、リアルローカルな情報が満載の、こちらもまた手作りの、近隣スポットを紹介する冊子があります。

関連記事:Gakubuchiのオープンに伴い福岡に引越した、店長わーちゃんとスタッフみりさんの福岡生活について伺いました。是非こちらもご覧ください。
福岡2年目、わーちゃんの場合 前編
福岡2年目、わーちゃんの場合 後編
福岡2年目、みりさんの場合

泊まれるスナック B&C Gakubuchi
本当に生きた情報にこだわっています。すべて手作り。是非しっかりと見てみてください。
泊まれるスナック B&C Gakubuchi
気軽に立ち寄ってもらえるように、看板を出してます。

どんな方に来て欲しいですか?という質問に、
「都会で働く、30代女性。
あー疲れたー・・どっか行きたーい・・っていうときに、Gakubuchiに来てほしいですね。 ・・細かいですね。笑 色んな方に来ていただきたいです、はい。あはは。」
「どなたでも、まずはお越しください!」

出会って顔を合わせて、そこからなにかが始まることを知っているスタッフの言葉は、ワクワクしてほしい!という気持ちでいっぱいです。

泊まれるスナック B&C Gakubuchi
スナックっぽくありませんが、スナックだけの利用も大歓迎です。

Gakubuchiに来れば、
あなたの’ガクブチ’の、その先へ
繋がるなにかが見えるかも。出会うかも。気づくかも。

是非一度、足を運んでみてください。

URL

http://bnc-gakubuchi.jp/

https://www.facebook.com/bnc.gakubuchi/

https://www.instagram.com/gakubuchi.hakata/

住所

福岡市博多区上呉服町4-3

名称

B&C Gakubuchi

TEL

092-281-2511

営業時間

[宿・ゲストハウス]
チェックイン 16:00-22:00
(チェックイン後の門限はございません)
チェックアウト 10:00まで

[スナック]
朝・喫茶 8:00-10:00
夜・スナック 16:00-23:00

アクセス

福岡市地下鉄箱崎線『呉服町駅』より徒歩4分

http://bnc-gakubuchi.jp/access/

料金

女性専用ドミトリー(10名) 3800円/人
男女混合ドミトリー(10名) 3800円/人
和個室(3名) 4500円/人
和個室(4名) 4500円/人

備考

宿泊予約ページはこちら

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

泊まれるスナック B&C Gakubuchi