real local福岡 » 福岡2年目、みりさんの場合【この人に会いに行け】

福岡2年目、みりさんの場合

福岡に住んで〇年目、福岡生活のリアルvol.2

ぶっちゃけ移住後の生活ってどうですか?
いくらくらいあれば生活できる?
地方に行くと不便になるんじゃないの?

福岡に住み始めた後の、リアルな生活を聞いちゃうシリーズ。
九州近郊以外から福岡へ移り住んだ方々を中心にお送りします。

今回は、泊まれるスナック B&C Gakubuchi のスタッフ’みりちゃん’こと、鈴木美璃さんです。

福岡2年目、みりさんの場合
Gakubuchiのオープニングメンバー。右がみりさん。

神奈川県の実家の他には定住したことがないという、みりさん。
「水の美味しい田舎にしか住みたくない」という彼女が、福岡で泊まれるスナックの顔として、いろんな人に日々出会う生活を送って早1年が経ちました。

関連記事:泊まれるスナック B&C Gakubuchi 

福岡2年目、みりさんの場合
ふわっとした雰囲気ですが、仕事はバシッとしてくれるんです、と店長お墨付きのキャラクター。

ー公表ありがとうございます!データベース

〇居住地:福岡市博多区
〇性別:女性
〇年齢:28歳
〇出身:神奈川県平塚市
〇結婚:未婚
〇子ども:なし
〇現在の家賃:(6万円)自己負担2万円 スタッフとシェア、プラス補助あり。
〇車所有:なし
〇普段の移動手段:自転車
〇通勤時間:5分
〇県外へ出張の数:なし
〇年収:200万以上
〇特徴:実家以外への定住は初めて。旅好き。自由気ままな、行きあたりばったりな、地域を知ることができるようなディープな旅が好き。
〇今年の目標:博多華丸大吉さんにGakubuchiに来てもらうこと。
〇これまでの居住歴:神奈川県の実家以外なし。1年半ほど国内外を放浪中、わーちゃんと出会いました。

ー福岡に最初に来た日のこと、覚えていますか?

その日は雪の日で、博多って雪が降るんだ!と思いました。

ー引越しのきっかけを教えてください。

B&C Gakubuchiのスタッフになるため!

姫路のゲストハウスに住み込みで滞在していて、次は尾道に移住しようかな~と思っていた時、わーちゃんから連絡があって。
私もわーちゃんと働きたくて福岡に引っ越すことを決めました。

B&C Gakubuchiの店長わーちゃんこと葛西さんの記事はこちら。
関連記事:福岡2年目、わーちゃんの場合 前編
関連記事:福岡2年目、わーちゃんの場合 後編

福岡2年目、みりさんの場合
ガクブチポーズのみりさん。

ー福岡1年目の思い出はありすか?

食べ物がとても美味しい。街がコンパクトで、色んなところを自転車で走り回るのが楽しかったです!

ー今、福岡に住んで思う事。前と変わったことや心の変化等

Gakubuchiがある場所は一本表に出ると片側3車線の大通りだし、一本裏に行くともっとぐっと奥まってしまうんです。
この通りのこの場所にGakubuchiがあって、周りの環境にもすごく恵まれていて居心地がいいです。

都会には住みたくない!と思っていたのですが、実際に住んでみて、都会にもこんな場所があるんだーと、Gakubuchiにいると色々気づいたり発見することが多いです。
まだ宿業1年目なので毎日ドタバタしてますが、人と会う、話す仕事をして、私って「人」が好きなんだなと思いました。

福岡2年目、みりさんの場合
泊まれるスナック B&C Gakubuchiのある通り。

ーみりさんの思う「都会」とは、どんなイメージでしょうか?

人がいっぱいいて、せかせかしていて、人が疲れているところ。
東京のランチタイムって、みんなため息の出るような顔をしてるイメージなんですけど、福岡のランチタイムって、みんな楽しそうで、しかも大人数で食事している人多くないですか?OLって楽しいのかな?楽しいんだろうな!って思っちゃうくらいです。福岡の人はみんな楽しそうにランチしていると思います!

ー福岡の良いと思うところを教えてください。

びっくりするほどコンパクト!自転車で行けるところはどこでも行ってしまいます。
ご飯もお酒も美味しくて焼酎にハマってしまいました。

ー福岡のもう少しこうなればと思うところを教えてください。

宿や飲食店が増えてきているので、「横のつながり」を作ってみんなで福岡(博多)を盛り上げていきたいです!
各所がお客さんを取り合って平行に進むより、交差して人の行き来がある方が面白いと思います。

Gakubuchiには手作りの周辺マップがあるんですが、他の宿も同じような周辺マップを作ってお互いが紹介し合えるような関係になるといいなと思っています。

福岡2年目、みりさんの場合
左に写っている葛西さんの奥に、2階への入口があります。

ーGakubuchiのドリンクチケットはみりさんの案と聞きました。

Gakubuchiには入口が2つあります。
スナックの奥の男女共用ドミトリーは、スナックを通らないと外に出られないこともあってスナックに立ち寄りやすいんですが、
2階の女性専用ドミトリーと個室は、スナックとは別の入口があるため、2階に泊まられる方はスナックを通らなくても外に出ていくことができてしまいます。

スナックで人が集まってワイワイしていて、楽しそう!と思っても、なかなかそこに入り込みづらいと思うんです。なので、そんな方も気軽に会話に入るきっかけになるように、ドリンクチケットをつくりました。
宿泊するほとんどの方がドリンクチケットを使用してくださっています!

ーGakubuchiのお客さんはどんな方が多いですか?

宿泊は、7割が女性です。ゲストハウスに泊まるのは初めてという方も多く、ゲストハウスデビューにGakubuchiを使ってもらえるのはとても嬉しいです。
スナックの常連さんは、ほとんどが県外から来ている方です。近所に住んでいるのも転勤で福岡に来ているって方がすごく多いんですよ。

ー移住後の生活ってどうですか?

ホームシックではないんですが、友達がいない状態でこちらに来てるので、友達シックです!

福岡2年目、みりさんの場合
福岡で迎えた今年の冬。雪の降る中、自転車を押すみりさん。

ーずっと福岡に住みたいと思っていますか?

絶対に2年で他の場所へ行く!と思って博多に来ましたが(笑)
あれ?博多って面白いかも・・・と思っているところです。

ー移住先に福岡を選ぶか悩んでいる人に一言お願いします。

まずはB&C gakubuchiに遊びに来てください!!!

ーありがとうございました。今度はスナックの時間に飲みに来ます!

はい!是非いらしてください~!
行ってらっしゃいー!!

福岡2年目、みりさんの場合

Gakubuchiを出ていくときは、「行ってらっしゃいー!!」と声をかけてくれます。

訪れた人がまた来たくなる場所になるのは、受け入れてくれるガクブチ、すなわち『人』がいるから。あなたもお気軽に、泊まれるスナックB&C Gakubuchiに飛び込んでみてください。

屋号

B&C gakubuchi

URL

http://bnc-gakubuchi.jp/

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。