reallocal » 5/26「里山暮らしのための集合住宅」先行内覧会開催 福岡
5/26「里山暮らしのための集合住宅」先行内覧会開催

福岡県八女市で里山暮らし、はじめませんか?

里山のような環境に移住したり、田舎暮らしを始めたいと思った場合、賃貸市場には全く物件が見当たらない、売地や売家はたまにあるけどいきなり買うのはちょっと・・。地域に空き家はあるんだけどなぁなんて思ったことがある人も少なくないのではないでしょうか。

@P1150369
元小学校のグラウンドを利活用して建設中の賃貸集合住宅「里山ながや・星野川」

古い集落などでは、空き家あっても面識のない人には貸してくれないなど、様々な事情もあり、里山暮らしを始めたくても家を探すのにはそれなりのハードルがあるのが現状です。

そこで、いくつかの民間企業が力を合わせ、移住者が里山生活の実態を体験しながら地域へ馴染むようサポートが受けられる受け皿として、里山らしい賃貸長屋住宅をつくろう!と始まったのがこのプロジェクト。

プロジェクトコラム:「森が地域と人をつなぐ 〜里山の集合住宅プロジェクト〜」

@P1150367
物件の目の間は長閑な風景が広がります。

その舞台は、福岡県八女市上陽町の久木原地区。

八女市街地から30分ほど車を走らせるとたどりつく風光明媚な里山エリア。静かに澄んだ空気の中、清流星野川のさらさらという音をBGMに眺める風景、そのひとつひとつが不思議に美しく穏やか。派手な何かがあるわけではないのですが、なんともゆったりした贅沢な時間が流れています。

@P1150040
ホタルで有名な清流星野川が流れます。

そして、入居開始の7月を前に、5月26日(土)に入居検討者向けに先行内覧会が開催されます。

物件詳細はこちら:「里山のミライをつなぐ集合住宅」
(※入居開始は2018年7月1日開始予定です)

@IMG_3213
2階の窓から春には桜。ここから見える四季は美しい。

設計は、東京工業大学院教授でアトリエ・ワン一級建築事務所の塚本由晴さん。設計や建築の分野を勉強されてきた方であればご存じの方も多いはず。

地元八女の杉をふんだんに使った建物は、里山の風景に馴染んだ木造建物。玄関前の家庭菜園や、腰かけて川を望みながら夕涼みができる窓枠など、里山での暮らしを楽しむ工夫がつめこまれた内容になっています。ちなみにこの集合住宅に採用されている板倉構法は、柱の間に掘った溝に板を落とし込んで壁を作るもの。古来から穀物倉庫や神社に用いられてきた、堅牢で風通しのよい建築を作る技術です。

collage
地元八女の杉材をふんだんに使った建物は里山の風景に馴染みます。
DSCF1514
上棟式には関係者だけでなく地元住民の方々もたくさんお越しいただきました。

また、本プロジェクトでは、入居者が地域との関係づくりをスムーズに進められるように地域の区長さんたちと協力しながらサポート体制も整えています。まずはこの里山の賃貸長屋で地域に馴染んで、里山暮らしを実体験したり、ゆくゆくは地域の空き家を探すも良し。

里山暮らしや八女への移住に興味がある方などなど、まずはお気軽に下記フォームよりお問い合わせいただければと思います。(内覧会は事前予約制です!)

地域のシゴト情報も掲載中です、移住とシゴト一緒に検討してみるのもいかがでしょうか。
地域のシゴト情報:「僕らの仕事は山の環境を守ることに繋がる」

 

日時

2018年5月26日(土)14:00〜15:30

会場

里山ながや・星野川(建設中)

住所

福岡県八女市上陽町久木原1916−1

駐車場

有り

URL

八女里山賃貸公式Facebookページ
https://www.facebook.com/yame.satoyamachintai/

主催

八女里山賃貸株式会社

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

map