real local金沢 » 「川端鮮魚店」で街なか浜メシ【店】

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ

金沢ふだんの魚メシ Vol.2

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ

「金沢に行くから美味しいお店を教えてよ」とは、県外の友人・知人からしょっちゅう聞かれるセリフ。ここでいう「美味しいお店」は相手の嗜好で変わるのですが、「金沢=魚が美味しい」イメージが根強いので、必ず新鮮な魚料理が楽しめるお店はオンリスト。今回ご紹介する「川端鮮魚店」も、石川県内の漁港から獲れたてを仕入れているので魚介の鮮度とコスパはピカイチ! 地元リピーター続出の人気店で、観光・ビジネス客も満足できる「THE お魚パラダイス」な居酒屋です。

ここは魚屋!? いいえ魚屋風の居酒屋です!

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
金沢一の繁華街・片町のスクランブル交差点から歩いてすぐ、大きな青い看板が目印。ビル左手から階段を登って2階のお店へ。

今回は「金沢R不動産」の笠原さんと、森さんも誘って出かけました。3人のメンバーで「川端鮮魚店」経験者は私、坂下だけ。

坂下:2人とも未経験って、ちょっと意外だったな。

笠原:てっきり全国チェーンの大型居酒屋だと思ってた。繁華街のど真ん中で、大きな看板を掲げていたので。

坂下:社長さんは能登の七尾市出身なんだって。片町店が2009年にオープン、ここから歩いて数分の木倉町にも新幹線開業年にもう1軒オープンして、社長さんは今そのお店にいるんだけど。まぁ〜面白いお店だから、今度そっちも行ってみようよ。

森:その面白いっていう意味、何となく想像できます。ここも外観がインパクトあったけど、中はさらに魚を入れるトロ箱の階段やテーブル、内装からも魚愛と笑いのエッセンスが溢れ出してる。

笠原:手書きPOPも思わず吹いちゃうくらい魚ギャグが満載。メニューも、ヒラメ?カレイ?

坂下:予約席の札も「お久し鰤(ブリ)です ギョまちしてました!!」って手書き。入店早々にサービスの嵐ですよ。

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
卓上にあるカレイの裏面は定番ドリンクメニュー。地酒、ビール、焼酎、カクテルが怒涛のラインナップ。季節の日本酒は店内に吊るされた短冊メニューをチェック!

坂下:片町店と、木倉町の本店ではメニューが少し違っていて、片町店は「七輪焼き」が楽しめるのが特徴。これは注文必須だね。お刺身は女子3人で食べきれるか心配だし、5種盛りのSサイズくらいかな。

森:岩牡蠣も食べた〜い。夏はやっぱり能登の岩牡蠣でしょ!

笠原:七輪焼きは、干物と貝類のセットを注文して、様子をみながら単品を追加しましょう。地酒もかなり揃ってますね。加賀鳶、黒帯、天狗舞、常きげん、宗玄、手取川・・・。

坂下:しっかり金沢・加賀・能登の地酒をおさえてるね。焼酎や梅酒も揃ってる。季節の生酒も魅力的だし、私は最初から日本酒いただいちゃお。

新鮮さ&品数&ボリュームにギョギョッと仰天!

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
「天然・能登産の岩牡蠣」(1個1,200円)はプリプリ。

笠原:岩牡蠣も刺身も桶盛りだ。あまーい、美味しーい!

森:さぁ〜、干物と貝も焼いちゃいますよ。卓上で七輪焼きってワクワクしますね。ワイルド!

笠原:街中で港町の浜メシ気分。浜焼き×ビール、夏って感じで最高ですね。

坂下:メニューの種類が豊富でボリュームもあるから、グループ利用が正解だね。でも、カウンター席で出張ビジネスマンの方が、1人で七輪で炙っている姿も渋くてカッコよかった! 観光やビジネスにもアクセスがいい場所だし、金沢で魚介を満喫できる穴場店だね。

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
「刺身5種盛りSサイズ」(2,600円)は、その日のおまかせでブリ・マグロ・メサバ・甘エビ・バイ貝。「干物のセット」(4種・1,000円)や「貝類のセット」(6種・2,200円〜)は、店内入口の冷蔵ケース・水槽から運ばれて来る。

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
七輪焼きはセルフだけど、お店のスタッフが焼き方や焼け具合を教えてくれるので安心。

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
北陸・金沢の魚介は冬のイメージが強いけれど、春夏秋冬で四季それぞれの楽しみが。ブリも冬とは一味違い、大きな能登産の岩牡蠣も夏を代表する味覚。

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
金沢では刺身、煮付けでよく食べるバイ貝を炭火焼きで。丸干しイカは丸ごと焼いて、ハサミで切って食べるとワタ(内臓)の風味が絶品。熱々のハマグリやホタテは、旨味が口の中にじゅわっと広がります。

笠原:美味しい、楽しい、アミューズメント居酒屋!

森:お店は男性的な雰囲気があるけど、意外と女子もこういう感じ好きですよね。他の席にもカップル、女性グループが結構いらっしゃる。

坂下:私もよく女友達と利用してるよ。魚料理が豊富で美味しいのは、北陸人にとってお店選びの重要なポイントだし、プラスこの雰囲気とノリ。飾らない感じが来る人を選ばなくて◎でしょ。

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
店内はテーブル、カウンター、小上がりを合わせると90席。大漁旗や漁具、酒蔵の前掛けなどが飾られ賑やかな雰囲気。店内のPOPやトイレなどもクスッとなる小技が効いているので、ぜひチェックを!

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
脂がのった肉厚のアジの干物。日本酒やビールもいいけど、ご飯が欲しくなる。

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
石川県では「ゲンゲンボウ」、富山県では「ゲンゲ」と呼ばれる日本海特産の深海魚の干物。全身がドロドロの粘液で覆われ、鍋や味噌汁にしても食べる。干物はよく焼いて頭からガブリ!

坂下:例えば出張先の一人飲みだったら、この干物セットとビールがあれば充分じゃない!? 単品メニューもあるし、これに刺身を付ければさらに完璧。

笠原:この脂がのったアジの干物に、ご飯と味噌汁っていうのもそそられますよ。

森:頼んじゃいましょう。2人が「白めしセット」なら、私は「おにぎりセット」がいいな。

店長:あの〜、「白めしセット」も本当に注文するんですか? 3人なら、このおにぎり1個でも十分だと思うんですが。せめて、白めしは1セットにした方が・・・。

坂下:それって量が多いってことですか? じゃあ、「白めしセット」「おにぎりセット」を各1でシェアします。

店長:本当に、本当に、いいんですね?

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
「おにぎりセット」(500円)は、これだけでお腹いっぱいになるボリューム。「白めしセット」(400円)に干物を添えて定食風に楽しむのもあり。どちらもご飯の量が多いのでご注意を。

森:ええぇ〜、これがおにぎり!? 拳2つ分以上あるんですけど。大きすぎて海苔も巻けてないし(笑)。かぶりつけばいいの? お箸で?

坂下:店長さんが白めしとのW注文を止めに入るわけだ。確かに3人に1個で十分すぎるサイズ!

笠原:こんな具沢山のおにぎり初めて! ご飯も茶碗2膳分くらいありそう。

坂下:具は梅干し、ゆで玉子、焼きサバ、ちくわ、味噌、ネギ。とろろ昆布は、北陸のおにぎりには鉄板だよね。

笠原:このお味噌汁も、アラ汁で具沢山なのが嬉しい。毎日たくさんの魚を使うから、これだけのアラも出るわけだ。このお店、仕事終わりにちょい飲み、夕飯にっていうのもいいなぁ。

 

ディープな飲屋街・木倉町にある「川端鮮魚店 本店」へ

森:もうお腹いっぱい。ごちそうさまでした!

笠原:お腹いっぱいだけど、実はもう1軒の本店も気になっています。

坂下:見に行くだけ行ってみる? 本店はさらに魚屋感があって面白いよ。

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
片町の裏通り、飲食店が密集する木倉町の入口にある本店。外観はまるで商店街の魚屋さん。
「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
店の入口に置かれたマグロの頭、ケースに並んだ新鮮な魚介は鮮魚店そのもの。イカ釣り漁船を思わせる明るい照明と、陽気な川端社長(写真上・左)に引き寄せられて店内へ・・・。

笠原:入口のマグロの頭がすごい。これ、いつもあるんですか?

川端社長:そうです、うちはマグロを丸々1本で買い付けているからです。

森:魚のイメージは共通だけど、店内の雰囲気が片町店より落ち着いてますね。

坂下:ちょっとワイルドな海の男系のスタッフさんが、鮮魚店風のユニフォームと前掛けしているのも本物ぽくてカッコいいでしょ。最初にお店の前を通った時は、本当に鮮魚店ができたのかと思ったもん。

川端社長:さぁさ、飲んで、飲んで。サービスしますよ〜。

笠原:お腹いっぱいだったけど、もう一杯だけいっちゃいますか(笑)。

森:一杯ですむかわかんないけど、乾杯しましょ!

坂下笠原:かんぱーい!

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ
ドリンクメニューや一品料理、つまみも豊富な「川端鮮魚店 本店」は2軒目、3軒目のはしご酒にもおすすめです。地酒の種類も充実し、刺身や魚料理をガッツリ満喫するにも最高です!

 

名称

川端鮮魚店 片町店

業種

居酒屋

住所

石川県金沢市片町2-2-20

TEL

076-222-3757(週末は予約がおすすめ)

営業時間

17:00〜魚が売切れるまで(深夜0時頃)

定休日

日曜

アクセス

片町交差点から徒歩1分
北鉄バス「片町」「片町中央通り」バス停から徒歩約2~3分

備考

<川端鮮魚店 本店>
所在地/石川県金沢市木倉町2-4 西野ビル1F
TEL 076-223-0128(週末は予約がおすすめ)
営業時間/17:00〜魚が売切れるまで(深夜0時頃)
定休日/不定休
アクセス/香林坊交差点から徒歩5分、北鉄バス「片町」バス停から徒歩約1分、「香林坊」バス停から徒歩約5分

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

「川端鮮魚店」で街なか浜メシ