real local山形 » 山形ビエンナーレ2018開幕「山のヨーナからお願いです」【地域情報】

山形ビエンナーレ2018開幕「山のヨーナからお願いです」

9月1日〜24日 *期間中の金・土・日・祝日のみ開催

山形ビエンナーレ2018開幕「山のヨーナからお願いです」

ついに山形ビエンナーレ2018が開幕しました!

9月1日の開幕日には、芸術監督である山形市出身のアーティスト・絵本作家の荒井良二さんによるオープニングライブが行われました。

山形ビエンナーレ2018開幕「山のヨーナからお願いです」
山形ビエンナーレ プログラムディレクター 宮本武典さん(左)と芸術監督の荒井良二さん(右)
山形ビエンナーレ2018開幕「山のヨーナからお願いです」
9月1日に行われた「荒井良二と連絡船」によるオープニングライブ

会場は国の重要文化財である文翔館の議場ホール。

重厚でクラシカルな空間に、荒井さんによる絵本のような世界が溶け込み、ライブミュージックが響き渡りました。

山形ビエンナーレ2018開幕「山のヨーナからお願いです」
山形ビエンナーレ2018開幕「山のヨーナからお願いです」

会場には木製の小屋が点在しており、周辺には山のようなスケッチやオブジェが。それをぐるっと囲むようにレースような紙の連なりがあります。

近づいて見てみると、それは手足を伸ばした人々でした。男と女。男と男。女と女。繊細だけど、生命の力強さを感じる連なり。

中央の小屋では、三つ編みの女性がいそいそと手を動かしています。この空間は一体…?

山形ビエンナーレ2018開幕「山のヨーナからお願いです」

今回の荒井良二さんの作品テーマは「山のヨーナ」。

主人公は山に住むヨーナちゃんです。

山生まれ、山育ち。山小屋のような小さなお店で、おみやげを並べて、毎日のように小さなおまもりのような人形を作っています。

店に来るお客さんたちから聞くいろんな街、いろんな場所の話と交換に、ヨーナの小さな人形が手渡されるのです。

ある日、ヨーナからこんなことを耳打ちされました。

山形ビエンナーレ2018開幕「山のヨーナからお願いです」
オープニングのライブアクトをつとめた前田エマさん

「山形ビエンナーレを訪れるみなさんにお願いです。

家や手元にある、そんなに必要ではないけどなんとなく置いてあるもの、なくてもいいんだけどしまってあるものを持って来てください。

わたしが作る人形は手のひらサイズ。みなさんが持ってくるものも、手の平に入るものをお願いしたいと思います。

持って来てくださった方には、わたしがつくる人形をお渡しします」

どんな人形が手渡されるかは、ヨーナのお店に来てからのお楽しみです。

山形ビエンナーレ2018開幕「山のヨーナからお願いです」
実は、今回のテーマ「山のヨーナ」は、荒井さんが15年前に出版するはずだった絵本のタイトルなのです。

山形ビエンナーレは、9月中の金・土・日・祝日の開催です。

今後、野村誠さん、寺尾紗穂さん、いしいしんじさんと週替わりで共演する荒井さんの即興ライブも控えているので、お見逃しなく!

即興ライブの詳細は、こちらからどうぞ。

また、荒井良二さんの他、大原大次郎さん、空気公団、坂本大三郎さん、spoken words project、トラフ建築設計事務所、ミロコマチコさんら、多くのアーティストが参加し、多彩なプログラムが繰り広げられます。

山形ビエンナーレ公式HPから、週末の予定を組み立ててみてください!

画像提供:山形ビエンナーレ事務局

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。