real local山形 » 山形エクセレントデザイン展2018 開催!【イベント】

山形エクセレントデザイン展2018 開催!

※終了しました。

山形エクセレントデザイン展2018 開催!

2018.9.1(土)~9.24(月) のうち、金・土・日・祝日 開催
※みちのおくの芸術祭「山形ビエンナーレ2018」と同時開催
10:00~17:00
東北芸術工科大学 デザイン工学実習棟B 2階にて
(山形市上桜田3-4-5)

—————————————————————-

「山形エクセレントデザイン」は、県内で企画・開発・生産されている優れたデザインの製品を選定・顕彰するものです。本展では、2017年に選定された15製品を、作り手を取材した動画やパネルとともにご紹介する他、受賞者とデザイナーによるトークイベントや、子供から大人まで楽しめるものづくりワークショップなどを行います。ぜひお出かけください。

出展企業:大蔵村棚田米生産販売組合、森の家、(株)つたや物産、(有)ツルヤ商店、(株) ニューテックシンセイ、(株) 長沢燃料商事、(株) 和農産、芦野和恵、酒田米菓(株)、(株) 鈴木製作所、大東精密(株)、農事組合法人山形おきたま産直センター、山形県朝日町+地域振興サポート会社まよひが企画、(株) 山田鶏卵、(有) 結城米菓

—————————————————————-
● 受賞者×デザイナーのトーク “根っこの話”(要申込)
—————————————————————-
今回の受賞製品が生まれた背景や伝えたい想いを、作り手とデザイナーの目線から探っていきます。定員:各回20名、参加費:500円

■9/1(土)11:00~12:30 
須藤敏彦(大蔵村棚田米生産販売組合)× 萩原尚季(株式会社コロン)

“大蔵村棚田米とデザインの話”

昨年の大賞である大蔵村棚田米は、米袋をはじめ、PR企画やユニフォーム、広報物等を一貫して制作することで、生産者と生活者の交流を促進する仕組みづくりが評価されました。農業分野にデザインを活かす取組みについてお話を伺います。 
*棚田米のおにぎり試食付き

山形エクセレントデザイン展2018 開催!

■9/14(金)14:00~15:00
佐藤春樹(森の家)× 小板橋基希(株式会社アカオニ)

“森の家のブランディングの話”

真室川町・佐藤家に伝わる甚五右ヱ門芋や、昨年のブランドデザイン賞「リンゴリらっぱ」を立ち上げた森の家の佐藤春樹さん、そのブランディングを手がけられたアカオニの小板橋さんから、森の家のブランディングに関するアレコレを伺います。 
*リンゴリらっぱのジュース付き
山形エクセレントデザイン展2018 開催!

■9/21(金)14:00~15:30
会田源司(有限会社ツルヤ商店)× 小野里奈(rinao design)

“ハイルが生まれた話”
聞き手:日野明子(スタジオ木瓜)

山形市で明治末期から籐製品を作り続けてきたツルヤ商店。昨年のプロダクトデザイン賞である「ハイルシリーズ」は、ツルヤ商店の技術や素材を活かし、デザインの力で、より魅力的な価値へと進化させている点が高く評価されました。デザイナーとの協働をうまく進めるうえでのポイント等、お話を伺います。15時半~籐巻きの実演あり。 
*リンゴリらっぱのジュース付き

山形エクセレントデザイン展2018 開催!

—————————————————————-
● ものづくりワークショップ(要申込)
—————————————————————-

■9/8(土)14:00~15:00「コマの絵付け実演と体験」 

蔦文男(株式会社つたや物産工人)

ろくろを使ったコマ絵付けの実演。職人の技を間近で見ながら、自分でも絵付けに挑戦しよう。対象:小学生以上、定員:15名、参加費300円(コマ追加200円/個) *自分で作ったコマはお持ち帰りできます。*体験のみは、9/9(日)、16(日)もできます(随時受付、申込不要、参加費200円/個)

■9/15(土)14:00~15:30「コマ回し教室」

安藤正樹教授(尚絅学院大学子ども学科)

一口にコマと言っても、投げゴマ、ひねりゴマ、手もみゴマ、糸引きゴマ…と、その種類は実に多彩です。全日本独楽回しの会の会長でもある安藤先生から、コマの魅力と回し方を教えていただきます。対象:小学生以上(保護者同伴であれば幼児も可)、定員:20名、参加費500円 *コマのおみやげ付き

■9/22(土)1回目13:30~/2回目15:00~「kiboriブローチを彫ってみよう」

芦野和恵(山形仏壇彫刻師)

彫刻刀を使って「木彫り」のブローチづくりに挑戦します。対象:中学生以上、定員:各回5名、参加費1,500円 *ブローチ、保険込み

■9/23(日)13:00~15:30「もくロックの森を歩こう」

白壁洋子(森の案内人)

「もくロック」を製作している(株)ニューテックシンセイは、手入れ不足等で森林の機能が十分に発揮されずにいる場所を、地域の方々と一緒に整備再生し、交流の場として活性化していく「やまがた絆の森プロジェクト」を進めています。楽しい森のお話を聞きながら、植樹体験やもくロックのキーホルダー作りをしよう。対象:小学生以上の親子、定員15組、集合場所:南陽市赤湯十分一山 展望台駐車場、参加費:1組1,000円 *もくロックキーホルダーのおみやげ付き *現地集合・現地解散です。参加者には別途、詳細をお知らせします。

—————————————————————-
●期間限定ショップ
—————————————————————-

選定品の一部を、東北芸術工科大学内のTUAD STORE及びguraクラフトストアにて販売します。(商品例:リンゴリらっぱジュース、飾りコマ、もくロック、やまが炭、kiboriブローチ、山形七煎など)

—————————————————————-
●お申込み・お問合せ
—————————————————————-

“根っこの話”、ワークショップのお申込みは、①イベント名、②参加者氏名(ふりがな)、③日中連絡がつく電話番号、④メールアドレスを明記のうえ、下記メール又はお電話でお願いします(申込み〆切:各イベント開催日の一週間前まで)。

山形デザインコンペティション実行委員会事務局
山形県工業技術センター 企画調整部 連携支援室
〈住所〉〒990-2473 山形市松栄二丁目2-1
〈電話〉023-644-3222〈FAX〉023-644-3228
〈メール〉yxdesign☆yrit.pref.yamagata.jp(メール送信の際は☆を@に変えてください)

*イベントの詳細はやむを得ず変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください。

山形エクセレントデザインについてはこちらへ