real local長浜 » ほしい暮らしを自分でつくる『ながはま まちづくりCAMP』、参加者募集!【リミテッド記事】

ほしい暮らしを自分でつくる『ながはま まちづくりCAMP』、参加者募集!

ほしい暮らしを自分でつくる『ながはま まちづくりCAMP』、参加者募集!

滋賀県長浜市で、自分の欲しい暮らしを実現させるための計画をつくり、その未来を一緒に実現する仲間に出会いませんか?

今年度のながはまエリアリノベーション事業のメインとなる「まちづくりCAMP」は、空き家や空き店舗のリノベーションという手法を通じて、まちの歴史や未来を読み解き、長浜に新たな価値を生み出すイベントです。イベントと言っても、みんなでまちを歩き、企画して楽しんで終わりというわけではありません。

エリアの読み解き方、コンセプトや企画のつくり方、事業計画や事業収支の考え方からプロモーションの方法まで、遊休不動産の活用に必要なノウハウを、実際の不動産を対象として2日間で集中的に学びます。

そして、学ぶだけではなく、期間中に収支計画などの事業プランを実際に計画し、最終日には遊休不動産オーナーへの提案を行うなど、事業化に向けた本気の実践的な取り組みを行います。そのため、他の地域では実際に、この「まちづくりCAMP」がきっかけとなり、まちに新たな価値を生み出す事業が生まれ育っています。

期間中、その取り組みを支えてくれるのは、まちで面白いことを仕掛ける第一線の豪華講師陣。

都市計画家として建築、デザイン、都市計画などの分野を横断的に考え、まちづくりの戦略づくりや、自らもベーカリー店「THE MARKET」を営む、株式会社サルトコラボレイティブ代表の加藤寛之さん。

アウトドアを活かした働き方や、青空学校など街中のパブリックスペースを活用し、地域に新しいつながりの場を生み出しているNPO法人ハマのトウダイ共同代表の岡部祥司さん。

そして、エリアリノベーションというまちづくりの次の概念を提唱する株式会社オープン・エーの馬場正尊。

長浜市内に存在する琵琶湖や伊吹山などの自然環境、歴史文化、観光資源、暮らす人たち、そのすべてがまちの資源です。そのまちの資源を活かした事業を、講師の支えを受けながら、作り出します!
まちづくりのプロフェッショナルから学び、実践していく貴重な機会です。
自分の欲しい暮らしを長浜で実現したい!という方、長浜への移住をちょっとでも考えている方、現在創業準備中だったり、創業を検討している方。何か長浜で面白いことを起こしてみたいと思っている方。ぜひこの機会にお申し込みください。
他では出会えない、本気の仲間たちと出会うチャンスです!

 

講師プロフィール

ほしい暮らしを自分でつくる『ながはま まちづくりCAMP』、参加者募集!

加藤 寛之 氏(都市計画家/株式会社サルトコラボレイティヴ代表取締役)

1975年千葉市生まれ。大学在学中より、まちづくり系シンクタンクCOM計画研究所にて景観形成・中心市街地活性化に関する業務に携わる。卒業後、イタリアに6ヶ月間の旅へ。大小20以上の都市を巡り、ローマに住む。2008sarto.を法人化し、株式会社サルトコラボレイティヴ設立。現在は、丹波市、伊賀市、大阪市、大東市、三田市等の地域再生業務に従事。地元大阪阿倍野のまちで地域の価値を高める仕組みとして、店舗や人材を守り育てるバイローカルプロジェクトや自身がパン職人となって経営するTHE MARKET、ストックリノベーションによる有休不動産活用等もライフワークとして取り組む。

ほしい暮らしを自分でつくる『ながはま まちづくりCAMP』、参加者募集!

岡部 祥司 氏(株式会社スノーピークビジネスソリューションズOSO/TOエバンジェリスト、NPO法人ハマのトウダイ共同代表)

1974年911日 兵庫県神戸市生まれ
1997年3月    私立甲南大学経営学部 卒業
1997年4月    株式会社竹中工務店 入社。主に開発企画・営業を経験
2011年5月    株式会社アップテラス創業 代表取締役
2014年11月   NPO法人ハマのトウダイ設立 共同代表 公共空間の活用をテーマに活動
2016年10月   (株)スノーピークビジネスソリューションズ エヴァンジェリストに就任
2016年11月   (株)Dサービス創業 代表取締役
2017年4月    (株)アマナ アグリゲーターに就任

2012年1月〜12月   一般社団法人横浜青年会議所 理事長
2016年9月        Good Design賞受賞(ハマのトウダイ)
2017年8月        横浜市都市美対策審議会委員(3年間)

ほしい暮らしを自分でつくる『ながはま まちづくりCAMP』、参加者募集!

馬場 正尊 氏(株式会社オープン・エー代表取締役/公共R不動産ディレクター)

1968年佐賀県生まれ。1994年早稲田大学大学院建築学科修了。博報堂で博覧会やショールームの企画などに従事。その後、早稲田大学博士課程に復学。雑誌『A』の編集長を経て、2003Open Aを設立。建築設計、都市計画、執筆などを行う。同時期に「東京R不動産」を始める。2008年より東北芸術工科大学准教授、2016年より同大学教授。近作として「Reビルプロジェクト」(2014-)、「佐賀県柳町歴史地区再生」(2015)、「Shibamata FU-TEN(2017)など。近著に『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』(学芸出版,2015)、『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』(学芸出版,2016)、『クリエイティブローカル エリアリノベーション海外編』(学芸出版,2017)がある。
ウェブメディア『団地R不動産』(2011-)、『公共R不動産』(2015-)、『REWORK(2017-)を運営。2017年より沼津市公園内の宿泊施設『INN THE PARK』を運営。

日時

平成31年1月12日(土)から1月13日(日)までの2日間

※開催前日の1月11日(金)に講師陣などとの懇親を兼ねたオープニングパーティーを行いますので、極力ご参加ください

0日目:オープニングパーティー
1日目:ガイダンス、公開講座、グループワーク(終日)
2日目:グループワーク、17時半より成果発表会、クロージングパーティー

※現段階での予定であり、変更の可能性があります
※公開講座・成果発表会の詳細については近日公開予定です

会場

長浜市中心市街地内で調整中

備考

<定員>
15名程度
チームに分かれて、市内の具体的な遊休不動産を舞台に、まちの新しい魅力となる事業のプランニングを行います

<受講料>
無料(ただし、別途懇親会などの参加費あり)

<参加条件>
原則、初日のオープニングパーティーから全日参加可能な方
自ら実践者となってまちづくりに参加する意思のある方
経験は不問(学生も可)

<お申込み方法>
2019年1月7日(月)までに、下記のURLよりお申し込みください。応募多数の場合はお申し込み内容をもとに選考があります。選考結果は1月9日(水)に通知いたします。http://www.city.nagahama.lg.jp/0000004968.html