real local福井 » 「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②【地域情報】

「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②

都心に暮らしながら、生活を見直したい。田舎暮らしに興味はあるけれど、いきなりは難しい。11月に行われた「日本海トライアルステイ」では、「海鮮丼」を通じて町の人々と深く交流することで移住のリアルを体験しました。

「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②
この日、この時、この場所で、この人にしかできないオリジナル海鮮丼です。

前回のアーティストトライアルステイに続き、11月は一般募集を実施。移住や他拠点生活、ビジネスなどのそれぞれの目的でご応募いただきました。

また、参加者のみなさんには、reallocal福井独自のオプション企画として「海鮮丼ミッションインポッシブル!?」を体験してもらいました!町に住む人々とコミュニケーションを通じて、海鮮はもちろん、お米、醤油、器にいたるまで、すべて越前海岸エリアで手に入れながら参加者オリジナルの海鮮丼を作ってみよう!というミッションです。

「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②
左から参加者の新宅さん、亀井さん、案内人でreallocal福井のライターでもある髙橋くん。

11月のトライアルステイ1組目は、福井でのビジネスにご興味があるという、東京在住のフードコンサルタント・亀井さんと会社員の新宅さん。

まずはお醤油を手に入れよう!ということで鷹巣地区の糸崎町へ。

「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②
糸崎寺の参道が向かう先に、千手観音伝説が伝わる「亀島」が見えます。

亀井さんはお寺や神社が大好きということで、ふらっと「糸崎観音堂」へぶら散歩しました。国の重要無形民俗文化財「糸崎の仏舞」で知られるこの観音堂は、なんと奈良時代から続く歴史あるお寺。1200年以上前から2年に1度、奇数年に行われる伝統行事を町の人が受け継ぎ、守り続けています。

「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②
熱心にご説明される保存協会の伊坂さん。帰りに美味しい手作りの干し柿までいただきました!

帰ろうとしたその時、偶然にもお会いした「糸崎の仏舞」の仏舞保存会の伊坂さんに解説をしていただくことに。その貴重なお面や道具を拝見することができ、実物も観たい!!と一同興奮。偶然ではありましたが、町の歴史文化に触れる良い時間となりました(仏舞は今年2019年4月18日に実施予定です!)

「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②
1200年以上続く糸崎の仏舞は、町の湧き水の産湯に浸かった長男しか舞うことができないとされています。
「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②
一瞬、ハッとするほどの色を放つ仏舞のお面。古くは鎌倉時代に作られたものが博物館にも保管されているそう。

そしてようやく、海鮮丼の醤油を手に入れるため糸崎観音堂からほど近い、明治から代々続く「岩尾醤油醸造元」へ。

「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②
「ヂガミイワ醤油」というちょっと甘いお醤油が名物です。

お店へ入るなり香ばしい醤油の香りが。蔵に入ると、麹菌がへばりつく天井や背よりも高い大きな醤油樽に驚きを隠せません。岩尾さんから醤油の基礎を学び、自分で醤油を絞ります。

「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②
岩尾さんに醤油の基礎を教えてもらうお二人。私も醤油については意外と知らないことばかりで驚きました。
「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②
自分の背よりも高い樽におそるおそるのぼります。

さらに、殿下地区で育ったお米を手に入れ、海岸沿いに工房を構えるワタリグラススタジオにてガラスの器制作を体験。いよいよオリジナル海鮮丼の完成です!

「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②
よだれが止まりません!私も体験したかった!笑

できあがった海鮮丼は、なんとせいこ蟹がまるまるのっている!外子もこんなにたくさん・・・こちらで企画しておきながら、非常にうらやましい出来栄えとなったのでした。

福井でのビジネスにご興味があるということでお越しいただいたお二人でしたが、海鮮丼を作るために各スポットをめぐりながら、とにかく越前海岸の自然の雄大さに感動しきりで、町の人と一緒に人生観について語り出してしまうなど、熱い時間を過ごされていました。

「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②
東京より、空が近く感じるとか。星空も美しいですよ!

「小さな悩みがあっても、これだけ素晴らしい自然を目の前にしたら、どんなことも小さく思える」というお二人の言葉が、たいへん印象的でした。

私たちも海鮮丼を介して、はからずも自分が住む町の歴史や可能性、魅力に改めて気づかされるきっかけとなりました。また新しいつながりやアイデアが生まれて発展することを願うばかりです。

URL

糸崎の仏舞
http://fukuisan.jp/ja/list/p001005.html

岩尾醤油醸造元
http://www.iwao-shoyu.com/category/1/

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

「海鮮丼」に教えてもらう越前海岸の町のこと。日本海トライアルステイ2018②