real local山形 » 展示会「永遠と1/60秒」/古田和子×山増ちひろ【イベント】

展示会「永遠と1/60秒」/古田和子×山増ちひろ

3月2日(土)〜24日(日)の土・日、旧西村写真館にて、画家・古田和子さんと、陶芸家・山増ちひろさんによる展示会が開催されます。

展示会「永遠と1/60秒」/古田和子×山増ちひろ

旧西村写真館(山形市本町)は、大正10年に建てられ平成7年に閉業するまで、73年間にわたり市井の人々の姿とその年月を収めてきた場所です。

写真館としての役目を終えたあとも、廊下や待合室には人々を写した肖像が今も飾られ、撮影の背景としてキャンバスに描かれた油彩画や椅子、大きなフィルムカメラが当時の面影のままに残されています。

本展では、画家・古田和子と、陶芸家・山増ちひろが、かつてこの写真館で撮影された私的な肖像写真から生起された作品群を展示いたします。

写真を眺めたときに起こる、互いに見つめているという感覚。その視線がたとえカメラを向けた過去に投げかけられたものであったとしても、写る者と見る者の間には「見る/見つめられる」という時間を超えたまなざしの交差があり、その光に触れたとき、今流れている時間のなかにひっそりともう一つの異なる時間=生が立ち現れてきます。

写真を眺める、その行為と時間のなかで二人が捉えた「写真/肖像」は、自身の、そして見る者の記憶を揺り動かしながら、新たな時間(とき)を写し出していきます。

日時

2019年3月2日[土]→3月24日[日]

10:00~16:00

期間中の〈土・日〉開催

会場

旧西村写真館

住所

山形市本町2-1-51

料金

入場無料

駐車場

駐車場はございませんので、周囲の有料駐車場をご利用ください。    

備考

企画:西村写真館プロジェクト

宣伝美術:梅木駿佑(UMEKI DESIGN STUDIO)

編集・コーディネート:鈴木淑子

助成:東北芸術工科大学校友会活動支援金

協力:旧西村写真館保存活用の会、小林和彦、山田有香、山縣賢大

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

展示会「永遠と1/60秒」/古田和子×山増ちひろ