real local金沢 » 「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り【地域情報】

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り

狭い賃貸マンションのドアクローザーに「かきもち」が干されている。(こんな光景が我が家で見られることになるとは…)

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
ちょっとシュールな光景

これは先月体験してきた、能登島まあそい主催の「かきもち作りワークショップ」の成果物。約1ヶ月寒い玄関先に干していたら、ちゃんと膨らむ“かきもち”になっていた。

私にもできた…じわり感動すらおぼえる。

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
レンジで1分ほどチンすると、みるみる膨らむ。無論オール無添加なので、子どものおやつにも。

こういう「手仕事」って、みんなやってみたいと思っているのに、自分たちの両親はもちろん、祖父母ですらもうやっていなかったりするから、学ぶ機会がほんとうに少ない。そうやって、生きていくための大切なスキルが一つずつ静かに消えていく。

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り

そういう意味では、かつて街に出にくかった「島」には、昔ながらの手仕事が比較的残っているらしい。

「まあそい」では、そんな能登島に伝わる風習や手仕事を、ワークショップといった体験を通して次世代につなぐ活動を続けている。今回は冬のコンテンツのひとつ。その他にはお味噌作り体験などもあった。

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
「まあそい」事務局の田口さん。
「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
教えてくれるのは「えのめのばあちゃん」こと、立野さん。

かきもちは北陸では冬によく作られる保存食(寒の厳しい地域でないと干してるうちにお餅がカビるらしい)。能登島では今なお自前でつくる家庭が多く、もちをつく機械と、かきもち用の断裁機は一家に一台の必需品だそう。

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
一家に一台餅つき機。能登島ではお砂糖をしっかり入れて、甘めにする家が多いそう。
「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
この断裁機は「ホームセンターのヤマギシに売っとる」とのこと。

かきもちのフレーバーは実にバラエティ豊か。ヨモギに紫芋、ゴマに青のり(ここまでは想像がつく)、さらにはカレーにチョコにミカンまで、能登島のお母さんたちは、なんでも“かきもち”にしてしまう。その型にはまらぬ発想力と探究心には脱帽の一言。

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
もち米と一緒に蒸し上げられた紫芋とミカン。個人的にはミカンが大ヒット。
「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
つきたてのお餅は赤ん坊みたいにほたほた。

かきもちの作り方はなんとなく想像はつくけれど、見ると聞くとじゃ大違い、自分でやるのはもはや別物。

生き物のようにほたほたとした餅を、おぼつかない手つきで成形し、なんとか型に入れる。たったこれだけのことにも、一汗かいた。

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
型に入れて2日ほど置きます。

そんな体たらくでも、「上等上等」と立野さんは褒めてくれる。この褒め方がなんとも絶妙で、齢30の私も、体の内から光る粒々が湧き出るように、じーんと嬉しさがこみ上げる。

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
ワークショップ参加者の2児のママ。立野さんに手ほどきをうける。

きっと、お米や野菜を育てるのが上手な人は、子育ても上手なんだろうな、などと思う。手をかけすぎてもダメになるし、でも目を話さず見守るというのか、「生き物の成長を見つめる目」がきっと鋭いんだ。

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
きれいに切り揃えられたお餅。

このお餅を干すためにワラで結う作業。ワラを前後しながら餅と組み上げて、最後は手のひらでワラ同士をこすり合せるようにすると、あっという間に綺麗なヨリができている。

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り

立野さんのこの技を見た外国人ゲストは「魔法のようだ」とこぼしたそうなのだが、本当にその通り。

のりとかテープとか使わず、稲刈りで出た藁を有効活用して、頑丈で、さらには見た目も美しいだなんて、昔の人って賢いなぁ。

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
ちょっと心もとないわたしのかき餅。でも、できた。嬉しい。

「餅つきついでに」と、草餅づくりもセットで体験できる。

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
お餅をちぎって、あんこを包んでいく。あんこももちろん手作り。
「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
完成した草餅で、みんなで一服。瞳孔が開くくらい美味しい。月並みながら、できたてに勝るものなし。
「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り
隣の教室で地域の方向けにお弁当を仕込んでいた川田武子さんも合流して一服。川田さんは能登島の“名物オカン”。

「こういう昔ながらのものに興味があるって、あんたら偉いねぇ。うちの子らはなんも興味持たん。でも孫とか、最近の若い人らは逆にこういうこと好きみたいやね。素晴らしいことやと思うわ」と川田武子さん。

「手仕事」で心を整える。/【能登島】冬のかきもち作り

「こういうことって、勉強できるよりも大事なことやと思う。どんなに頭が良くても、ここ(心)が良くなかったらだめよ」。

最近、料理やお菓子づくりが、精神的な病の療法として注目されはじめているけれど、なんとなく分かる気がする。「手作業」が人の心に及ぼしていた影響はいかほどだったろう。

「能登島まあそい」では定期的にこういったワークショップが開催されているのでご興味ある方はぜひフォローを。

URL

https://masoi.net

 

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。