real local神戸 » 就農・農業ビジネスに本気の首都圏の方、神戸の有機農家で働きませんか?【仕事】

就農・農業ビジネスに本気の首都圏の方、神戸の有機農家で働きませんか?

神戸市西区で有機農業を営むナチュラリズムファームが、地域おこし協力隊制度を利用して就農・起業したい首都圏在住者を募集開始!移住先で根を張り、農業に携わっていく志を持つ人はこの機会をお見逃しなく。

就農・農業ビジネスに本気の首都圏の方、神戸の有機農家で働きませんか?
圃場でのひとコマ。ナチュラリズムファームは有機JASを取得している。

環境も経済も循環させる有機農家

ナチュラリズムファーム は、持続可能な循環型社会を目指す農薬・化学肥料を使わない農家として、有機JAS認証の有機野菜・米の栽培を軸に、ケールチップス・一味唐辛子の開発などの6次産業化も積極的に行う小規模有機農家だ。数年前から日本ではまだ珍しいCSA(消費者が農家に作付け費用を先払いし、それを資金に農家は栽培を行い、消費者に野菜を届けるという野菜販売の仕組み)を実践。最近はKOBE LOCAL BEER PROJECTのメンバーとして、ビール用の麦を育て神戸産ビールの開発に携わるなど、ローカルビジネスと関わり合い、ローカルで経済を循環させる取り組みにも力を入れている。

就農・農業ビジネスに本気の首都圏の方、神戸の有機農家で働きませんか?
ナチュラリズムファームのケールチップスと一味唐辛子。積極的に6次産業化にも取り組んでいる。
就農・農業ビジネスに本気の首都圏の方、神戸の有機農家で働きませんか?
ナチュラリズムファームを営む大皿夫妻(写真右:一寿さん / 写真中央右:純子さん)と、KOBE LOCAL BEER PROJECT の仲間でもあるIN THA DOOR BREWINGのふたり。

代表の大皿一寿さんは、40代で実家の農業を継承。一度農業以外のビジネスに携わった経験が、ナチュラリズムファーム の有機農家としての独自性を生み出している。有機農家としての未来を切り拓いていくために様々な取り組みに挑戦し、その一環として新規就農者支援にも積極的だ。すでに、数名が大皿さんのもとで研修し農家として独立している。親方肌の面倒見の良さは地域の若手有機農家たちに慕われ、神戸市西区の有機農家だけのグループ「BIO CREATORS」の代表も務めている(前述のCSABIO CREATORSとして取り組んでいる)。

就農・農業ビジネスに本気の首都圏の方、神戸の有機農家で働きませんか?
神戸市西区の有機農家グループ「BIO CREATORS」のメンバー。

CSAのイメージムービー。圃場や関係者の様子が分かるため必見。

都市と農地が近い神戸

神戸といえば、港町・観光というイメージが強いかもしれないが、じつは神戸市域の約1/3は農村地域だ。また、中心市街地の三宮から農村地域の多い北区・西区へは車で約30分(ナチュラリズムファーム は西区)。この距離の近さは、神戸で農業を営むにあたり重要だ。例えば、農家自らが都市のレストランや個人宅へ配達に行くことも可能で、頻繁に都市に足を運ぶうちに、どんな野菜が求められ、どのように使われているのかを農家自らが見聞きできる。主要な消費地である都市の住人と顔を合わせる機会は、そのまま商機にもなるし、前述のKOBE LOCAL BEER PROJECTのように交流から新たな取り組みが生まれることもある。

就農・農業ビジネスに本気の首都圏の方、神戸の有機農家で働きませんか?
ナチュラリズムファーム がほぼ毎回出店しているファーマーズマーケットの様子。神戸市街地の中心部・三宮でほぼ毎週開催されていて、消費者や他の農業者とコミュニケーションできる良い機会になっている。

また、新規就農者にとっても都市が近いことは良い効果を生む。気軽に都市に出かけたり、同世代の都市住民と交流を持つことで、慣れない農作業にひとり向き合う気持ちを上手に発散できる。例えば、手仕事のワークショプを数ヶ月に1回程度都市部で行ない、現金収入を得ながら気分転換している若手農家もいる。バックグラウンドを活かしながら、自分らしく農業を営むことも神戸なら可能だ。

仕事内容と求める人物像

今回は、神戸市の「地域おこし協力隊制度」を利用した募集になるため、週4日はナチュラリズムファームで勤務し、その他の日々は基本的に自由となる。しかし、約2年半の契約期間が終了した後も神戸に根ざして農業を営んでいくためには、残りの日々の使い方は重要だ。地域やまちづくり活動への参加や、自分の強みを伸ばす活動にチカラを入れるなど、近い将来への種まきのために使って欲しい。

ナチュラリズムファームでの具体的な仕事内容は、農作業・事務作業・出荷配送・ファーマーズマーケットでの販売など多岐に渡る。ナチュラリズムファームの大皿さんは、「農家としてやっていくには、野菜の栽培技術だけでなくビジネスセンスも必要だ」と事あるごとに口にする。そのため、栽培から野菜を売るまでの全ての工程が業務領域となる(大皿さんが個人的に携わっている移住コーディネーターの仕事も手伝う可能性あり)。

求める人物像は、「地域おこし協力隊としての期間(約2年半)が終了してからも、将来にわたり腰を据えて農業に携わり、考えていることをカタチにできる人」だ。コミュニケーション能力に長けていたり、神戸に所縁のある人であればなお良い。「将来ビジネスパートナーになるような人に出会えたら」と一寿さんは付け加えていた。

本気で「神戸に根ざして農業に携わっていきたい」と考えている人は、ページ下方の詳細情報を確認のうえ、このページの「お問い合わせフォーム」からご応募を。

社名/屋号

ナチュラリズムファーム

URL

ナチュラリズムファーム

BIO CREATORS

募集職種

農業研修生

雇用/契約形態

地域おこし協力隊

給与/報酬

月給20万円

待遇

4日勤務、法定福利

仕事内容

農作業、事務作業、出荷配送、販売等

勤務地

ナチュラリズムファーム(神戸市西区玉津町二ツ屋286-1

選考プロセス

下記内容を、このページ下方の「お問い合わせフォーム」よりお送りください。その後の選考については各自メールにてご連絡します。(メール審査を通過した方にのみご連絡させていただきます)

・プロフィール(書式自由)

・応募動機(書式自由)

・得意なこと

・不得意なこと

[選考ステップ]

・上記メール審査の上、履歴書や志望動機をお送り頂きます。

・書類審査通過の方はネット面談。その後、最終面談。

備考

地域おこし協力隊としての募集のため、首都圏の方が対象となります。あらかじめご了承ください。

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。