real local » 【川西】本棚のもとにあつまる縁 ブックス+コトバノイエ 加藤博久さん【宿・拠点】

【川西】本棚のもとにあつまる縁 ブックス+コトバノイエ 加藤博久さん

【川西】本棚のもとにあつまる縁 ブックス+コトバノイエ 加藤博久さん
建築家の矢部達也(http://www.somosomono.com)さんの設計。”コトバノイエ”は 家のイメージを言葉のやりとりで作り上げたことから由来している

阪急電鉄からローカルな能勢電鉄に乗り換えて、一の鳥居駅で下車。大阪市内から50分ほど来ただけで、こんなに緑が増えるのか。駅の裏から続く坂道をぐんぐんと登って、10分程すると突き当たりにある平屋一軒家がブックス+コトバノイエだ。

【川西】本棚のもとにあつまる縁 ブックス+コトバノイエ 加藤博久さん
壁面本棚には、文学、芸術や写真集など色とりどりの本たちが、ずらりと並ぶ

ブックス+コトバノイエは、加藤博久さんの運営する予約制のセレクトブックショップだ。本業である自動車ディーラーの仕事のかたわら、月に2回限定で自宅を開放している。

初めて訪れた私たちに、加藤さんは家の中を案内してくれた。「ここが子供の部屋で、ここがお風呂、キッチンはこんな感じで・・・。」本棚を中心に設計された家は、どの部屋にもドアがなくオープンだ。リネンのソファが置かれたリビングには、スローなジャズが流れ、テラスから差し込む午後の日差しが柔らかい。まるで、仲の良い親戚の家に訪れたときのような感覚になる。

※ウェブサイトが、雰囲気を上手く伝えている。
http://kotobanoie.com

【川西】本棚のもとにあつまる縁 ブックス+コトバノイエ 加藤博久さん
オーナーの加藤博久さん

「コトバノイエのコンセプトは、”本のあるところ”。本屋さんというより、本が存在している場所という感じかな。気に入ったものがあれば、買ってくれたらいいなと思っています。」

ブックス+コトバノイエは、予約制のブックショップとして始めて今年で8年目。加藤さんは、昔から街で本屋を見つけると欠かさず立ち寄るほど、部類の本好き。ブックデザインや見出しなど、”本の佇まい”に魅せられて購入した本で、本棚はいつもいっぱいだ。本は読まなくてはいけないと意気込まなくても、手元にあればそのうち巡り会う瞬間がくる、と加藤さんは話す。本との出合いも人との出会いがそうであるように、タイミングがあるのだ。

【川西】本棚のもとにあつまる縁 ブックス+コトバノイエ 加藤博久さん
加藤さんの奥様。お茶やケーキなどを出してくださる

「全部お気に入りの本だけど、売れても寂しくないです。本が売れることは、僕の選んだ本が、買ってくれた人の本棚に移動するだけ。本はそこにあり続けて、世の中から何が減る訳でも足される訳でもないからね。」

【川西】本棚のもとにあつまる縁 ブックス+コトバノイエ 加藤博久さん
「ブックス+コトバノイエも本業も美味しいご飯を食べることも、フラットに並んでいる感覚。「全て濃淡なく、僕のライフの一部です。」と加藤さん

ブックス+コトバノイエの魅力は、加藤さんの人柄につきる。奥さんの手料理をみんなで一緒に食べることもある。ここでの出会いが縁となって、様々な企画も生まれている。知り合いが知り合いを呼び、最近では雑誌やSNSで知って訪れてくる人も増えてきた。

「本は、最高のコミュニケーションツール。老若男女も問わないですし。この場所にだって、本という存在があるからこそみんなが集まってくれるんですよね。そして、ここで出会った人たちが有機的に繋がっていくのを見ることも、僕にとっては楽しい出来事なんです。ここで過ごす時間が、来てくれる人にとって有意義だと嬉しい。」

どんな人でもあたたかく受け入れてくれる。本を買うためだけの本屋ではなく、本のある空間を愉しめる場所がここにある。ぜひ一度足を運んで体感して欲しい。

【川西】本棚のもとにあつまる縁 ブックス+コトバノイエ 加藤博久さん
販売されている本は約7000冊。右にいるのは、店長のネコのハルちゃん。人懐っこい
屋号

ブックス+コトバノイエ

URL

http://kotobanoie.com

住所

兵庫県川西市東畦野山手1-16-18

備考

営業日は、ウェブサイトにて事前にご確認ください。

【川西】本棚のもとにあつまる縁 ブックス+コトバノイエ 加藤博久さん