オンリーワンを発信する湘南のユニークなホテル

8hotel 藤沢

藤沢駅徒歩3分、という好立地に、湘南カルチャーを牽引するホテルがある。
2016年で5周年を迎える、8hotel。

8hotel。手前左の階段を上ると、レストラン「FUJISAWA TABLE」。目の前通路を進み、右側がホテルのロビー。
8hotel。手前左の階段を上ると、レストラン「FUJISAWA TABLE」。目の前通路を進み、右側がホテルのロビー。

8hotelがあるのは、JR藤沢駅南口改札を出て西側、鵠沼花沢町というエリア。
駅から歩いてすぐというこの立地は、宿泊施設としてありがたい。

眠るために帰ってくるだけではなく、ホテルを楽しんでほしい。
ホテルそのものの思い出を、持って帰ってもらえるような空間にしたいと、オープン当時から構想のあった、全室個性の違うアーティストルームにするプロジェクト「8days a week」を、いよいよスタートさせた。

最上階のアーティストルーム
最上階のアーティストルーム
客室階廊下。各アーティストの個性を楽しむことができる。
客室階廊下。各アーティストの個性を楽しむことができる。

一週間が8日あったら、その1日で何を経験できるだろうか。
何か特別なことができるかも知れない。
「日常の中の非日常を感じてほしい」

「ファッション、アート、ミュージックを織り交ぜて、湘南のカルチャーを発信する場所にしていきたい。このプロジェクトはその一環です」

今はまだ、客室の一部のみだが、今後、全室アーティストルームとなる予定だ。
「お客様がお帰りになった時に、印象に残る。またあそこに泊まろうと思ってもらえるホテルでありたいのです」

地元の方と思しき女性客の姿も見受けられるラウンジ。
地元の方と思しき女性客の姿も見受けられるラウンジ。
よく見ると窓ガラスを突き抜けているカウンターは一本丸太。ラウンジ内のテーブルやカウンターは同じ木を使用している。
よく見ると窓ガラスを突き抜けているカウンターは一本丸太。ラウンジ内のテーブルやカウンターは同じ木を使用している。

5周年を記念し、ラウンジもリニューアル。
より、使いやすくなるようにと、ロビーとの境にあった壁とドアは撤去。

「宿泊の方だけではなく、地元の方にも来ていただいています。カルチャーを発信する、ベースとなる場所として存在したい。宿泊のお客様と、地元の人がつながれる場所として、ラウンジを使っていただけたら」

遊び心を感じる3つのアイテム。実は予約制のヘアサロンだというキャンピングカーに、海までの送迎に利用するクラシックカー。一番手前フレームインしているのは「宿泊施設といえば!」という卓球台。
遊び心を感じる3つのアイテム。実は予約制のヘアサロンだというキャンピングカーに、海までの送迎に利用するクラシックカー。一番手前フレームインしているのは「宿泊施設といえば!」という卓球台。
8hotelを運営する、湘南レーベル株式会社の谷内香さん、橋上太一さんにお話を伺いました。
8hotelを運営する、湘南レーベル株式会社の谷内香さん、橋上太一さんにお話を伺いました。

地元との繋がりを大切に考え、藤沢市アートスペースのレジデンスプログラムにも、参加している。
8DAYS A WEEK meets MORIHARU 制作レポート公開

(reallocal湘南関連記事「アーティスト・イン・レジデンスで街を知る 藤沢篇」

「8hotelで感じたインスピレーションを、お客様が帰った先で、表現をしていただいたら、カルチャーは続いていきます。旅のしがいのあるホテルとして、また来たいと思っていただきたいです」

名称

8hotel(エイトホテル)

業種

ホテル・レストラン

URL

http://8hotel.jp

住所

藤沢市鵠沼花沢町1-5

TEL

0466-54-0880

アクセス

http://8hotel.jp/access/

備考

HOTEL: 1F LOBBY、8.LOUNGE 2F~12F 客室  
別棟: 2F Fujisawa Table Trattoria
チェックイン 15:00~ / チェックアウト ~10:00

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

map