real local福岡 » 自分でつくる志賀島ぐらし「みちきり」【地域情報】

自分でつくる志賀島ぐらし「みちきり」

志賀島の移住サポートサイト

島とは言っても陸続き、陸続きとは言っても島である。そんな不思議な存在である志賀島(しかのしま/しかしま)への移住をサポートするサイト「みちきり」。

自分でつくる志賀島ぐらし「みちきり」
みちきりウェブサイトのトップページ
自分でつくる志賀島ぐらし「みちきり」
先に見えるのが志賀島。所属は福岡市東区、陸続きの島です。

志賀島には求人はほぼありません。だから、みちきりの提案するコンセプトには「職住一体のくらし」というスタイルが基本となっています。志賀島の漁師がひとり一艘で漁からメンテナンスまですべてをひとりでこなしていくように、ここでは自分で自分のくらしをつくっていくことが必要なのです。

そこで、空家情報には住居兼仕事場となる物件を中心に、「退去時に原状回復義務なし」、「島で仕事を起こしてくれる方、もしくはフリーランスなど手に職をもって島に来てくれる方」という2つの特徴をもって募集をしています。

自分でつくる志賀島ぐらし「みちきり」

福岡市東区に属する志賀島は、冒頭でのご紹介のとおり、車でも通うことができる陸続きの島、福岡市中心部からも30分程度のドライブで豊かな自然や海水浴もできる海、そして昔ながらの懐かしい漁師町の風景が残っていて、何とも言えないゆっくりとした時間が流れゆく感覚が本当に心地いい。福岡市中心部に住み働く僕にとっては、心身をリセットするためにふらっと来てしまう場所です。

そんな環境に身をおいて自分らしいくらしをつくっていきたい方は、是非、志賀島を選択肢に入れてみるのはどうでしょうか。

自分でつくる志賀島ぐらし「みちきり」
島の住宅街には古き良き風景が残っています。
自分でつくる志賀島ぐらし「みちきり」
島内外の交流拠点となっているシカシマサイクル。ここも古い民家を改装してできた場所。

みちきりを運営するカラクリワークス株式会社さんは、約2年前に志賀島での活動拠点となるレンタサイクル&カフェ「シカシマサイクル」をオープンし地元島民の理解と協力を得ながら、島内外の交流を少しずつ進めてきました。そして今では地元島民と新しく島に来る人をつなぐ良き架け橋として機能しています。つい最近、その同じ通りには、みちきりを通し移住を決めてくれた方が空き家を活用し住居兼スパイスカレーの店をオープンさせ、早速新しい風が吹き始めた志賀島。

みちきりは、移住促進を目的とすると同時に、志賀島の現在と過去を伝えていく役目も担っています。不定期に空家ツアー(物件紹介)を開催したり、島でのイベントを開催・紹介もしていますので気になる方はこまめにチェックを!

そして、まずは志賀島に足を運んでみませんか。

自分でつくる志賀島ぐらし「みちきり」
最近、シカシマサイクルの斜め向かいに出来たカレー屋さんは記念すべきみちきり1件目の空家を改装してできました。
名称

みちきり

URL

http://michikiri.com/

備考

志賀島への移住サポート・地域情報サイト

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。