real local » 水まわりの物語をめぐる【地域情報】

水まわりの物語をめぐる

〜TOTOミュージアム〜

日本の水回りを支えてきたTOTOの本社は北九州市小倉です。併設されたミュージアムに行ってきました。

日本でシェアNo.1、海外にも多くの衛生用品を送り出しているTOTO。ここ小倉に本社があります。

その本社に併設されている「TOTOミュージアム」は、今年で創業100周年を迎える同社記念事業の一環として、2015年8月にオープンしました。当初の見込みを遙かに超え、オープン後1年1ヶ月で累計来場者数10万人を突破するなど、同社のブランドを発信するランドマークとして抜群の存在感を発揮しています。

 水まわりの物語をめぐる

真っ白でなめらかな外観は、まるで衛生陶器そのもののよう。

「人と環境にやさしく調和する建物」をテーマに建てられたミュージアムには、節水・太陽光発電・素材の再利用・屋上緑化など、環境に配慮した工夫がちりばめられています。

 

 水まわりの物語をめぐる

入口を入ると大きな吹き抜け。太陽の光が降り注ぐ、まふしいほどの真っ白な空間が広がっていました。

1F奥はショールームになっていて、最新のキッチンやサニタリー器具が豊富に展示されています。

 

 

エスカレーターを上がった2Fがミュージアムゾーン。

いよいよTOTOのあゆみと日本の水まわりの歴史を掘り下げていきます。

 

水まわりの物語をめぐる
大正初期の研究所。ここで何度も試作が行われた。

 

現在ではあまり知られていませんが、創業から1970年ごろまでは食器も生産されていました。

当時の貴重な美しい食器の数々が展示されています。

水まわりの物語をめぐる
当時高価だった食器のセット

水まわりの物語をめぐる

 

TOTOの環境への取り組みをPRするために作られ、小倉の本社から出発し1400キロの道のりを実際に走行した「トイレバイク ネオ」も展示されています。

座席はTOTOの超節水便座”ネオレスト AH3”の本体が組み込まれており、家畜の排せつ物や生活排水を発酵させた「バイオガス」を燃料にしているそうです。

水まわりの物語をめぐる
残念ながら乗車することは出来ませんでした。 ハンドルにはミニトイレ、後ろのタンク上には巨大トイレットペーパーが!

 

 

次に、時代とともに変化する水まわりの歴史と商品の変遷を紹介するコーナー。

ショールームが無かった時代、見本用として精巧に作られたミニチュアトイレたち。ちっちゃくて可愛いです。

水まわりの物語をめぐる
キーホルダーとしてミュージアムショップにて販売されていました。

 

水まわりの物語をめぐる
ずらりと並んだ歴代の便器!
水まわりの物語をめぐる
時代と共に進化してきたシャワーヘッド。

 

個人的に気になっていたのが、TOTOのミュージアムのトイレ。

さすが、と言わんばかりの広々と使いやすい空間。もちろん最新式のウォシュレットでした。

水まわりの物語をめぐる

水まわりの物語をめぐる
「トイレ川柳」優秀作品が掲載されているトイレットペーパー型川柳集。 ミュージアムショップにて販売中。

 

毎日の生活に欠かせない水まわり器具。

変わり続ける地球環境。

日本の水まわりの成長を支え、その先頭を走り続ける企業の、ものづくりの神髄に触れる貴重な時間となりました。

 

追伸)

隣接している小倉第一工場では、5名以上から工場見学も可能です。(要予約

企業の歴史を学んだ上で、衛生陶器や水栓器具の製造工程を実際に見てみるとおもしろそうです。

URL

http://www.toto.co.jp/museum/

住所

〒802-8601 北九州市小倉北区中島2-1-1

TEL

TEL 093-951-2534 / FAX 093-951-2539

営業時間

10:00-17:00 (入館は16:30まで)

定休日

月曜・夏期休暇・年末年始

料金

無料 団体要予約(20名以上)

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

水まわりの物語をめぐる