’旅とローカルの交差点’をつくりたい

8/4(金)~10/28(土)毎週金土 千年夜市

博多駅と天神の、ちょうど真ん中あたりに位置する大型モール「キャナルシティ」。そのすぐそばに、那珂川沿いに広がる清流公園。

ここで、夏から秋にかけて約3ヶ月間、毎週末開催されているイベント『千年夜市〜 Fukuoka Freedom Night Market 〜』。

sen.1
写真右側が那珂川。夜は対岸のネオンが川に写り、昼間とはがらりと違う雰囲気になります。

モチーフはアジアのナイトマーケット。

「出会いのきっかけになるように」基本的にお店を持つ方にお願いしているという、福岡のおいしいものを集めたチカッパ横丁(※)。ハンドメイド雑貨や輸入雑貨などのナイトマーケット。その他にもアパレルショップにマッサージに占い、似顔絵、バルーンアートに路上詩人、農産物に特産品。めんこや積み木、自分で作るわたがし。
普段は静かな公園に、なんでもありありなアジアの雑多感満載の市場が現れます。
※「チカッパ」とは、力いっぱい、とても、という意味の博多弁。

sen.3
3年前。現在も会場となっている清流公園で初開催した時の様子。それよりも前は、別の公園で開催していました。

千年夜市がスタートしたのは5年前。
きっかけは主催の松岡さんが、香港やタイに旅をして訪れたナイトマーケットで、ローカルとの触れ合いを体験したこと。その後数年間、毎年タイへ行くきっかけにもなったそう。

福岡では屋台文化も熱く残るが、もっと間口を広げた’旅とローカルの交差点’となるような、遊び場が欲しい!
最初は仲間と始めた千年夜市は、今では福岡市の後援もあったり他のイベントとコラボしたり、広がりを見せています。
(※今期フィナーレは、中洲まつりとコラボ開催です。)

sen.4
ポールダンサーと提灯。ステージも設置されパフォーマーが会場を彩ります。

清流公園の中洲側、那珂川通り沿いには、たくさんの屋台が並んでいます。
そのため千年夜市では、ラーメン店の出店はNG。屋台も楽しみ、千年夜市も楽しんでもらうことを目指しています。

今後は「今の日常のすぐ隣にある新しい日常」として、いずれは年間200日、もしくは年間を通して毎週末オープンを目標にしています。

sen.8
2017年スタート週の様子。

「素敵な景色や美味しい食事だけでは、2度目の旅行には選ばれない状況になってきている」という松岡さん。
「この街のたくさんの魅力と出会い、「福岡にまた来たい!」というハッキリとした思い出を持つ旅行者を増やし、再訪を促すことで地域活性化に繋がれば、多くの人がこの街を楽しんでいただけたら」という想いで取り組み、旅行者にも地元の人にも「安心して楽しめる新しい夜の遊び場」を創っていきます。

’旅とローカルの交差点’となるイベント千年夜市。
是非一度、遊びに行ってみてください。

関連記事:福岡の「人」に触れてほしくて 千年夜市 主催 松岡まさたかさん

sen.5

sen.6

sen.7

日時

8/4(金)〜 10/28(土)毎週金土

会場

清流公園(キャナルシティそば)

住所

福岡市博多区中洲1-7

TEL

090-5489-5747(松岡)

期間

<金曜> 17:00〜23:00 <土曜> 16:00〜23:00

料金

入場無料

URL

【 公式WEB 】https://www.facebook.com/hakatayoichi.jp/

主催

千年夜市実行委員会

公共交通

キャナルシティ博多から徒歩2分
博多駅からも天神からもキャナルシティ博多へ100円バスがあります。

福岡市営地下鉄七隈線『天神南駅』から徒歩9分
福岡市営地下鉄空港線『中洲川端駅』から徒歩10分

備考

9/8〜9/9、10/6〜10/7 は他のイベントのためお休み。

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

map