real local » まちの雑貨屋 chotto futto -HOME-【店】

まちの雑貨屋 chotto futto -HOME-

築70年の耳鼻科医院をリノベーション

七日町シネマ通りからほんのわずか外れた場所に「まちの雑貨屋 chotto  futto  -HOME-」 がオープンしたのは2016年11月のこと。 それから1年半が経過した今、この店の存在はエリアリノベーションが日々広がっているこの街の風景にはっきりとした輪郭をもって馴染んでいるように映る。
さて、今回のリアルローカルでは築70年の耳鼻咽喉科医院がどうして雑貨屋に生まれ変わったのか。その物語を紐解いていきます。店主の多田祐子さんに伺ったお話です。

まちの雑貨屋 chotto  futto  -HOME-

祖父が建て
父が継いだ耳鼻科医院

多田医院は、地域の方々の健やかな暮らしに寄り添った、街の小さな耳鼻咽喉科でした。祖父が建てて父が受け継ぎ、70年ほどやって来ました。

まちの雑貨屋 chotto  futto  -HOME-

祖父の時代には手術もしましたし、二階には入院患者さん用のお部屋もありました。父の代になると手術はしなくなりましたが、つい最近まで、78歳でこの病院を閉じるまで、ここで医師を続けて来ました。やはり、祖父から受け継いで自分が守って来た病院ということもあり、思い出はすごくたくさん詰まっているようで、この病院をやめてから家族で話をすると「建物を壊すなら、俺が死んでからにしてくれ!」と言っていたくらいでした。

ですから、今こうして建物がそのまま活かされて雑貨屋として生きていることを父も大変喜んでくれています。まさかこんなふうに活かせるとは家族の誰も思ってなかったんですね。

まちの雑貨屋 chotto  futto  -HOME-

まちづくりセミナーで
リノベーションの可能性を知り

きっかけは、山形七日町まちづくり株式会社さん主催によるリノベーションセミナーに参加したことでした。2016年の2月ごろのことです。そこで初めて「リノベーションってこういうことなんだ」ということを知って、さらに建築家の井上貴詞さんと知り合うことができました。そのあと、実際に井上さんが、まだ医療器具や診察道具がそのまま残された病院を見に来てくださいました。そのときにこの建物の面白さ、魅力を見いだしてくださって、その言葉を聞いて、ここでリノベーションしてみようと決心することができました。

大切にしたのは「生かせるものは生かして、できるだけ使えるものは使う」ということ。今、こうしてお店に並んでいる商品の什器などは、たいていこの病院や古い家にもともとあったタンスや机なんかを使っているんですね。井上さんはとても緻密に、粘り強く、丁寧に、モノの活用の仕方や商品の配置、照明の付け方やガラスの使い方まで提案してくださいました。この店に来てくださったお客様からは「この古い感じの空間が落ち着くね」とか、「よくぞこうやって活かしてくれたね」とか褒めていただきますし、この空間を面白がってくれるお客様も多いんですよ。

まちの雑貨屋 chotto  futto  -HOME-
商品を並べた棚などもほとんどが病院内で使われていたもの。
まちの雑貨屋 chotto  futto  -HOME-
カルテを入れていた棚も。
まちの雑貨屋 chotto  futto  -HOME-
お椀などが仕舞われていた木箱も。

心がふっと軽くなるような
気軽な感じの雑貨店

私はもともと雑貨が好きで、ここで店舗を開く前はネットで雑貨を販売していました。使われなくなっていたこの病院の二階スペースを、在庫置場や商品撮影のスタジオにしていました。数年前からは実店舗が欲しいと思うようになりましたが、なかなか条件に合う物件に出会えずにいました。そのうちに父が病院を閉めることになり、この建物をどうする?ということになったときに、ちょうどリノベーションについて教えてもらったという、そんな流れで、この病院を雑貨屋として生まれ変わらせることになったわけです。

まちの雑貨屋 chotto  futto  -HOME-
店主の多田さん。

今ここにこうして並んでいる雑貨たちは、まずは自分自身が可愛いと思うもの、気持ちが安らぐもの、笑顔になれるようなものを選んで色々と置いています。そんな商品たちをお客様にも喜んでいただけたときに本当に嬉しく思います。お店の名前である「chotto futto(チョットフット)」というのも「ちょっと笑顔に、ふっと優しくなれる」という言葉から取ったもの。チープなものから、掘り出し物や、ちょっと頑張らないと買えないものまで色々とありますが、お店の雰囲気としては気軽さを大切にしたいんです。

まちの雑貨屋 chotto  futto  -HOME-

ネットだけでなく実店舗をやるようになって、お客様の反応が直接伝わってくることが嬉しいです。特に、ラッピングを仕上げてお渡しした時のお客様の嬉しそうなお顔をその場で拝見できるということは大きな幸せです。そういう瞬間に、ああ、このお店をやってよかった、と思いますね。

まちの雑貨屋 chotto  futto  -HOME-

名称

まちの雑貨屋 chotto futto -HOME-

住所

山形市七日町3-2-8

URL

http://www.chottofutto.jp/

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

まちの雑貨屋 chotto  futto  -HOME-