real local篠山 » ユネスコ「創造都市ネットワーク」に篠山市が加盟【地域情報】

ユネスコ「創造都市ネットワーク」に篠山市が加盟

ユネスコ「創造都市ネットワーク」に篠山市が加盟

2015年12月12日、篠山市が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が創設する「創造都市ネットワーク」のクラフト&フォークアート(工芸)部門での、加盟が認定されました。

同ネットワークは、文化の多様性を守るためにユネスコが2004年に創設したもので、創造都市(文化芸術と産業経済の創造性に富んだ都市)の世界的なネットワーク。クラフト&フォークアートのほかに、文学、映画、音楽、デザイン、メディアアート、食文化の計7分野がある。

同ネットワークには、各都市がユネスコに申請し、評価・認定を受けて加盟でき、加盟すると、国内外への発信力が高まり、ほかの認定都市との交流にもつながり益々の発展が期待される。

日本国内ではこれまでに神戸、名古屋、金沢、札幌、浜松、鶴岡が認定されている。同分野では金沢市に次いで2市目。今回新たに47都市が認定され、116都市となった。

篠山市では、「食と器」をテーマに、クラフト&フォークアット分野での加盟に向けて取り組んできた。加盟が実現し、今後、クラフト分野を中心に創造都市との交流を進めていく。

(参考)

篠山市創造都市ネットワーク事業の取り組み(篠山市HP/外部サイト)

世界の魅力あるまちに仲間入りができた篠山。世界に誇れるまちであるために、これからもたくさんの魅力を発信して、まちと人が充実していくだろう。

※創造都市ネットワークとは

文化の多様性を保持するとともに、世界各地の文化産業が潜在的に有している可能性を都市間の戦略的連携により最大限に発揮させるための枠組みとして、2004年よりユネスコが事業を開始。文学・映画・音楽・工芸・デザイン・メディアアート・食文化の創造産業7分野から、世界でも特色ある都市が認定される。