reallocal » 灘高架下オープンナイト│レポート 神戸
灘高架下オープンナイト│レポート

普段入れないアトリエやスタジオの中は、こんな感じになっていました。

先日、阪急電鉄 王子公園~春日野道間の高架下エリアで開催された「灘高架下オープンナイト」の様子をレポートします!(イベント概要はこちら

DSC_6645

王子公園駅の西出口を出て、高架沿い北側を春日野道方面へ。数分で人が集まっている場所を発見。イベントに参加している、革製品工房・ギャラリーのCultivate Industryでした。

DSC_6664

中に入ると、イベント参加店の作品が展示されていました。高架下オープンナイトの全体像や雰囲気をここでつかむ感じ。

DSC_6665_Fotor

公開中のアトリエ・スタジオが一覧できるマップも配布されていました。王子公園から春日野道に向かうのがオフィシャルルート。

DSC_6666

同じように移動するイベント来場者がたくさんいたので、土地勘に自信がない方でも簡単にオープンスペースを見つけられます。写真は家具工房・内装工事のDRAW FACTORY。

DSC_6669

以前、real localでご紹介した家具工房のMagical Furnitureもこのイベントに参加されていました。(Magical Furnitureの紹介記事はこちら

DSC_6671

作業中のMagical Furniture 小寺さん(左)。訪れた方が次々と工房内に入り、作業を見学されていました。

DSC_6673

Magical Furnitureの隣にある、DIY+設計集団 TEAMクラプトンの工房。

DSC_6677

玩具店のKuli-Kuliは、当日のみの先行オープン。「お店を知ってもらういい機会になった」とお店の方は話されていました。

DSC_6684

Kuli-Kuliで開催されていた、コーヒー殼で脱臭袋を作るワークショップ。写真右のコーヒー殼を麻袋にいれるだけで完成!コーヒー殼には脱臭効果があるそうです。

DSC_6704

額縁工房のFLYING FRAMESは、この日だけの電飾で来場者をお出迎え。

DSC_6697

1階の工房では「関西ではウチにしかない」という工作機械を見せてもらいました。オープンナイトならではの体験。

DSC_6710_Fotor

2階は額縁を使った写真撮影イベントや、クッキーなどの販売で賑わっていました。

DSC_6728

イベント開催エリア中間地点の飲食スペース。多くの来場者が腹ごしらえに訪れていました。

DSC_6725

DSC_6727

出店していたのは、TSUGI(クラフトビール)やカラピンチャ(カレー)、フクロウパン(パン)など、灘高架下エリアの近くで営業されているお店。

DSC_6736

革製品工房のANCHOR BRIDGEでは、コースターへの刻印、ブレスレット製作のワークショップが開かれていました。

DSC_6772

左がブレスレットの材料、右がオリジナルの刻印ができるコースター。どちらもヨーロッパ、アメリカなどの上質な皮が使われていました。

DSC_6740

お隣のartworksでは、アロマポットをつくるワークショップを開催。

DSC_6748

SNSでワークショップ体験をシェアすると参加費は無料。各店舗、趣向を凝らしています。

DSC_6757

こちらも、以前real localでご紹介したダンススタジオのbox169。お店と違い、ふらっと立ち寄る人が少ないであろうこういった場所にも、たくさんの来場者が訪れていました。(box169の紹介記事はこちら

DSC_6761 DSC_6762

古着屋のEPOCH(上)とレンタルスペースギャラリーの神戸天昇堂(下)。ここまで来るとゴールはもうすぐ。

DSC_6768

神戸天昇堂では、テルミンという珍しい楽器も展示されていました。音を出してもいいとのことでしたが、高架下物件に興味を持った方が熱心に話を聞かれていたので我慢。

いまreal local 神戸いち押しのエリア、灘高架下で行われた一夜限りのオープンナイト。たくさんの来場者で賑わい、参加店からも「この界隈を認知してもらえる良い機会になった」「オープンな雰囲気のイベントなので、来場者と話しやすい」と喜んでもらえるイベントになりました。

来場者には「気にはなっていたけど、来る機会がなかった」と話される方が多く、「出店を考えていて下見に来た」という方も。参加店、来場者の両方にとって良い機会を作れたこのイベント、次の開催計画も進行中です。乞うご期待!

map