枠にとらわれない額縁工房

額縁屋 FLYING FRAMES

2013年に灘高架下のスケルトン空間を改装して営業開始した額工房です。

神戸市の中心街、三宮から電車で1駅。阪急電鉄 春日野道駅から今注目の高架下エリアを東へ5分ほど歩いた場所に、額縁屋 FLYING FRAMES(フライングフレーム)がある。ハガキサイズの額縁からカフェの内装までディスプレイ製作を幅広く手がける、枠にとらわれない額縁工房だ。

阪急電鉄 春日野道駅から高架下山側を東へ約5分。お店は外装・内装ともにDIY。
阪急電鉄 春日野道駅から高架下山側を東へ約5分。お店は外装・内装ともにDIY。

「額縁って、作品に着せる服みたいなものだと思うんです」と語るのは、FLYING FRAMESの代表で額縁職人の三浦史博さん。製作スタイルは基本的にオーダーメイドで、「飾りたい物を持って来てもらって、どんな額縁が良いかお話しながら一緒に考えることが多い」そうだ。

FLYING FRAMES代表 三浦史博さん。2013年に、神戸市灘区の新在家から高架下に移転してきた。
FLYING FRAMES代表 三浦史博さん。2013年に、神戸市灘区の新在家から高架下に移転してきた。
2階のギャラリーには様々な額縁が並ぶ。中央の額縁は、ビンテージ感を出すために13回も塗装を重ねてある。
2階のギャラリーには様々な額縁が並ぶ。中央の額縁は、ビンテージ感を出すために13回も塗装を重ねたもの。

オーダーメイドと聞くと気になるのが値段だが、FLYING FRAMESのオーダー額縁は2,000円からとリーズナブル。「うちでは基本的に使う材料の長さで価格を決めるので、様々な大きさの作品に対応できます。規格外のサイズでも価格は変わりません」と三浦さん。材料の長さが同じであれば、A4サイズの四角い額縁も、かなり横に長い長方形の額縁も価格は変わらない。

このように柔軟な対応が可能なのは、自前の機械を持つ工房ならでは。それもあってか、FLYING FRAMESは絵画やポスターの額縁以外にも、服やスカーフ・アクセサリーなどの服飾品や縄文土器(!)のディスプレイ、さらにはカフェの内装を手がけた実績もある。

「ネックレスのディスプレイを製作して欲しい」というオーダーから生まれた額縁。
「ネックレスのディスプレイを製作して欲しい」というオーダーから生まれた額縁。
鉄筋コンクリート製の額縁。オーダー内容や作品によって、木以外にも様々な素材が使われる。
鉄筋コンクリート製の額縁。オーダー内容や作品によって、木以外にも様々な素材が使われる。

「作品ひとつひとつに個性があって、それを引き立てるのが額縁の役割」という三浦さんの言葉を聞くと、額縁はオーダーメイドするのが自然だと思えてくる。

お気に入りの写真や、ポストカードなどの記念品を持ってくるお客さんも多いそうなので、ぜひ気軽に立ち寄ってみて欲しい。訪れるまでは想像もつかなかった額縁に、きっと出会えるはずだ。(遠方からのオーダーも可能)

関連記事:4/8(sat) 灘高架下の工房&アトリエ、春の一斉公開!

名称

FLYING FRAMES(フライングフレーム)

業種

額縁製作

URL

https://flyingframes.jimdo.com

住所

兵庫県神戸市中央区割塚通3丁目1−7−117

TEL

078-242-7871

営業時間

am9:00~pm5:00  月曜日~金曜日(土、日曜日も対応可能)

アクセス

阪急電鉄 春日野道駅より東へ徒歩約5分 / JR 灘駅より西へ徒歩約5分

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

map