real local金沢 » 築124年の金澤町家に泊まる。【宿・拠点】

築124年の金澤町家に泊まる。

町家ゲストハウス「初華」

“忍者寺”として観光客にも人気の「妙立寺」から徒歩5分。かつては参詣道として賑わった旧鶴来街道添いに、町家ゲストハウス「初華」の暖簾が上がります。

築124年の金澤町家に泊まる。
今はひっそりと静かな趣がある旧鶴来街道。
築124年の金澤町家に泊まる。
町家ゲストハウス「初華」。

「初華」は一日一組限定の一棟貸切宿。

建物は築124年の町家で、かつては住居として、その後は紙屋や文房具店などとして使い継がれてきたそう。

「文具店としてご近所の方に親しまれてきたこの場所を、もう一度地域に開けたら」と、1階の土間はコミュニティサロンとして、不定期にイベントも開催されています。

築124年の金澤町家に泊まる。
女将の町家由美子さんと、娘の美咲ちゃん。コミュニティーサロンとなっている土間にて。

建物の随所には背比べの跡や、昔貼られたシールなどがあえてそのまま残されていて、初めてでもどこか懐かしさが。

築124年の金澤町家に泊まる。
金沢の郷土玩具「加賀八幡起き上がり」。かつては嫁入りや出産のお祝いに送られた。

各部屋には、金沢の町家で多くみられる「弁柄」や「群青」の色壁が。床の間などの造りもあり、金沢の昔ながらの町家暮らしが体験できます。

築124年の金澤町家に泊まる。
群青色の壁のお部屋。
築124年の金澤町家に泊まる。
弁柄色の床の間。
築124年の金澤町家に泊まる。
古い着物などの端切れを絵の具のように用いる「絹彩画」。町家空間にしっくりと馴染んでいました。

私がおじゃまさせていただた日は、「泊まれるギャラリー」として、町家全体を使って、絹彩画家・前野節さんの展示会が行われていました。住空間の中に配された作品はとても身近に感じ、ギャラリーで観賞するのとはまた違った作品の愉しみ方ができます。

今後もこのようなアートと宿を掛け合わせた企画を展開予定だそう。

築124年の金澤町家に泊まる。
奥へ奥へと長いつくり。
築124年の金澤町家に泊まる。
古道具もお好きな町家さん。家具もどこかノスタルジック。
築124年の金澤町家に泊まる。
懐かしさを残しながらも、清潔感あるリノベーション。

基本的に素泊まりのみですが、歩いて数分の距離に「太一坊」さんという和食料理店があるので、ご希望の方はその旨お伝えいただければ、コースを予約してもらえます。北陸の旬をあじわえる、気の利いた品々ばかりなので、旅行者の方にもおすすめですよ。

築124年の金澤町家に泊まる。

宿の近くにはお寺も多く、大正時代から続くお酢屋さんや、地元の人が行きつける老舗スーパーがあったりと、観光地とはまた違った「金沢の日常」をお楽しみいただける野町エリア。

女将の町家さんにも色々と教えていただけるので、3度目以降の、ちょっとディープな金沢旅行にもおすすめです。

名称

初華

業種

一棟貸切宿

URL

http://www.machiya-uica.com

住所

金沢市野町3-17-1

TEL

090-2839-5770

営業時間

チェックイン:15:00〜20:00

チェックアウト:10:00

料金

平日: 25,000円(税別)

繁忙期(金・土・日・祝・GW・お盆・年末年始) :

30,000円(税別)

 

備考

定員:1組5名まで。(6人以上は要相談)

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

築124年の金澤町家に泊まる。