real local福岡 » 移住の決め手は人の縁 お試し居住のススメ【地域情報】

移住の決め手は人の縁 お試し居住のススメ

よく「遊びに来るのと住むのじゃ違う」と言うように、移住を決める前に実際に暮らしてみることはとても重要なステップ。
近年では移住のハードルを下げるため、そんな仕組みを取り入れる地域が少しずつ増えてきています。

八女郡広川町もそのひとつ。旅行とは違った形で町に滞在し、よりリアルな暮らしを感じることができる、様々な取り組みが行われています。

その取り組みのひとつが、福岡県の事業しごと発見!ふくおか暮らし体験」。

休暇中にある地域へ滞在するのと、毎日仕事をしながら暮らすのでは、1日のスケジュールも、訪ねる場所も、お昼のメニューもまったく違うはず。
地元企業と提携し、一定の期間、働きながら暮らすことで、そんなギャップを解消し、ただの旅行や長期滞在では得られない、生活の感覚や人との距離感などを体感できるのが、このプログラムです。

 

移住の決め手は人の縁 お試し居住のススメ

 

今回は、実際に「暮らしながら働く」を体験された方の声として、伝統工芸の八女すだれを製造する鹿田産業(関連記事:室礼の心を現代に 鹿田産業インターン・暮らし体験参加募集)のインターンに参加された、体験者の阿部さんにお話を伺ってきました。

 

移住の決め手は人の縁 お試し居住のススメ

 

――体験事業に参加されたきっかけは何だったんでしょう。

きっかけは、一言で言うと「人の縁」ですね。
実は元々、実家に近い福岡県への移住を検討していたんですよ。
それで博多に下見にきたところ「ふくおかよかとこ移住相談センター」のスタッフの方が、広川町の体験事業を教えてくれたんです。

 

――では移住センターの方のおすすめが決め手だったんですね。

いえ、それだけじゃないんですよ。
実は広川町には妻の知人の方がいらっしゃって。それで、その方にご連絡して、そのまますぐに広川町を見てみることにしたんです。
到着すると、Origeで地域おこし協力隊の山本さんが出迎えてくださって、広川町を案内していただきました。
移住相談センターのスタッフの方や、協力隊の山本さんなど、地元の方ではない、移住者の方が語る広川町の住みやすさに惹かれて、その日のうちに「ここに住もう」と決めたんです。

 

移住の決め手は人の縁 お試し居住のススメ

 

――えっ、すぐに移住を決められたんですか?

そうなんです。だから、この体験事業には引越しのトラックと一緒にやってきたような感じですね(笑)
でも、不安はあまりありませんでした。何かあっても気軽に聞ける方がいる、ということが思った以上に心強かったです。

 

――少しユニークな経緯ですが、そんな阿部さんから見て今回の体験事業はいかがでしたか?

多少お話できる方がいるとは言っても、やっぱり知らない土地ですから、働く体験ができるということは本当によかったです。
体験事業所の鹿田産業さんはもちろんですが、関わりのある他の事業所の方とも、この事業を通して顔見知りになることができて、移住生活の第一歩としてはとてもよかったと思っています。
業務内容としても、普段触れることがない伝統産業の現場を見ることができて、とても貴重な体験でした。驚くほどたくさんの人たちが関わって、この八女すだれを作っていることには感銘を受けました。

 

――事業の中で気になられた点はありますか。

ひとつ挙げるとすれば、私だけではなくて、一緒に来ている家族にも広川町を知る機会があればよかったな、と思います。
いまのところ、我が家には車が1台しかなくて。私が仕事に出かけてしまうと、残った家族はなかなか自由に動けなかったのが残念だったんです。
移動手段のない家族でも、広川町の色々なスポットを回れるような仕組みがあれば、体験者が「移住したい!」と思ったときにも、家族の中で意見がまとまりやすいかな、と思うんです。

 

――阿部さんはすでに移住された状態で、ご家族での参加となりましたが、お仕事以外での暮らしの面ではいかがでしたか?

まだ2週間と短い期間なのですが、それでも近所の方の温かさは印象的でした。
以前住んでいたのは広島の街なかだったのですが、やはり都会では近所に誰が住んでいるのかも分からない状態で。それが、ここでは子供連れで歩いているだけで必ず声をかけてくれるんですよ。

スピード移住でしたが、後悔はまったくないです。
やっぱり、体験事業でお世話になった鹿田産業のみなさんや、Origeの地域おこし協力隊のみなさんのように、気軽に相談できる方がいる、ということが大きいと思いました。

実はOrigeでは宿泊もできるんですよね。今回私も家族で泊まったんですが、娘もとても気に入っていました。
この事業ではOrigeに滞在しながら参加することもできるので、その過程が移住の決め手になる方も多いんじゃないでしょうか。

 

移住の決め手は人の縁 お試し居住のススメ

 

移住の決断と体験事業への参加がほとんど同時という、少しユニークな経緯の阿部さん。
けれど、知らない土地での生活のスタートダッシュには、地域の方とのつながりが生まれるインターンはぴったりだったようです。

 

こちらの事業は、残念ながら今年度でいったん区切りを迎えます。
けれど「実際にくらしながら広川町のことを知る」という機会は、実はまだきちんと残っているんです。
それが、阿部さんのお話の中で何度も登場した、ゲストハウス「Orige」。

 

移住の決め手は人の縁 お試し居住のススメ

 

Origeは、広川町役場が運営するゲストハウス。
古い家屋をリノベーションしたスタイルも魅力ですが、何と言ってもいちばんのポイントは移住相談ができること。
地域をよく知るスタッフが、おすすめのスポットやリアルな生活のあれこれを教えてくれます。
(関連記事:町役場がゲストハウスはじめました!

また、Origeでは現在、町の事業として「お試し居住」も行っています。
これは広川町外に居住中で、移住を希望する方であれば、1回あたり500円でOrigeに滞在できるというもの。(詳しくはこちら

移住を検討する際、ほんとうは実際に滞在して土地の暮らしを体験するのが理想。
なかなかその理想が難しい中、そんな場を提供している広川町の、移住者を迎え入れる懐の深さを感じる取り組みです。
この取り組みを利用して、広川町を訪れ、その魅力に触れててみてはいかがでしょう。

屋号

Orige(広川町移住定住促進センター兼滞在交流施設)

URL

http://hirokawa-newedition.org/orige/

住所

福岡県八女郡広川町吉常30-2
TEL:0943-22-8122

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。