僕が案内した小倉のお店たち

〜後輩が遊びに来たときのはしご酒編〜

#、#、#、#、#

北九州(小倉)に出張or旅する人、「とりあえず」こちらの記事をどうぞ!

この記事は、旅行や出張で小倉のまちに来た際、どこのお店に入ったらいいか分からないという人に向けた、ライターの独断と偏見によるお店紹介です。

 

今回は、2年ほど前に、東京や海外で働いている大学時代の後輩が遊びに来た際に連れ回した9軒のお店たちを、その時の順番で紹介したいと思います。ちと長いですが、お付き合いくださいw

なお、その時の雰囲気を出すために、写真は後輩がそのとき撮ったものをあえて使わせてもらっています。

 

さて、当時の僕は、とにかく強烈なインパクトを残してやろうと思い、できるだけ多くのお店を連れ回そうと考えていました。そこで、1軒あたりお酒1〜2杯と料理1〜2品で次に行くというルールを伝え、北九州にいる先輩を含めた4人ではしご酒をスタートしました。

ktq_hashigo_tt07
左2人:後輩、一番右:先輩

 

<1軒目&待ち合わせ場所: Tanga Table>

後輩の宿泊先がTanga Tableだったので、そこを待ち合わせ場所にして、全員が集まったところでスタート。

ひとまずビールと前菜的な感じの食べ物をオーダーして、乾杯!

(その後、料理メニューはだいぶ変わりましたので、現在の様子はこちらの記事でご確認ください。)

先が長いので、サクッといきました。

ktq_hashigo_tt01ktq_hashigo_tt03ktq_hashigo_tt02

 

<2軒目:満天寿司>

Tanga Tableから徒歩5分ほどのところにある「満天寿司」へ。

このお店は、良心的なお値段ですごく美味しいです。座席数は多くないですが、敷居が高くないので、安心してフラっと立ち寄ることができます。そしてなんと、春から秋にかけては、店先のテーブル、つまり外で食べることもできます。

ここでは、胡麻鯖、穴子、くじらベーコン、獺祭の飲み比べセットをオーダーしました。

ここの会計で、先輩が奢ってくれたこともあり、その後は順番で奢るというルールが追加されましたw

ktq_hashigo_manten01
モノレール沿いなので、すぐ分かると思います。
胡麻鯖
胡麻鯖
穴子
穴子
鯨ベーコン
鯨ベーコン
獺祭の飲み比べセット
獺祭の飲み比べセット

 

<3軒目:ラムちゃん>

お次は、満天寿司から徒歩30秒のところにあるジンギスカン専門店「ラムちゃん」へ。

ここでは、定番の生ラム、グラスワイン(赤)をオーダー。

ここのお店のラム肉は、注文後に厨房で塊肉の状態からスライスされるので、とにかく新鮮で臭みがなく、肉厚ジューシーで美味いっすw

1階にはカウンター席とテーブル席、2階には大人数も入れる座敷スペースがあります。

路上に出ている小さな看板を目印にしてください。
路上に出ている小さな看板を目印にしてください。
切り出したばかりの新鮮な生ラム肉
切り出したばかりの新鮮な生ラム肉
焼いた状態は自分の目で確かめてくださいw
焼いた状態は自分の目で確かめてくださいw

 

<4軒目:コンテナ+B>

ここからはサンロード方面に移動です。ラムちゃんから昭和館前を通って徒歩3分ほど、中屋ビル1Fのビッコロ三番街にある「コンテナ+B」へ。

ここは、ファンキーな感じのマスターと可愛らしいおねえさんの2人で営業しているバーで、古着販売もしています。そして、昼から開いているので、明るいうちから飲むこともできます。

料理は出していませんが、カウンターの前にぶら下がっているスナック的なおつまみは無料。

ここでは、カクテル系をオーダー。

通りにバーみたいな感じ
通りにバーみたいな感じ
賑やかな感じです
賑やかな感じです
ktq_hashigo_eiji03
実はテーブル席も隠れています

 

<5軒目:クッチーナ・ディ・トリヨン>

お次は、徒歩30秒。建物の外(サンロード側)に出て左隣にある「クッチーナ・ディ・トリヨン」へ。(現在の様子はこちらの記事でご確認ください。)

ここでは、チーズとスパークリングワインをオーダー。

はしご酒でなければ色々と料理を頼みたいところですが、この時点で結構満たされていたので、今回はおつまみだけ。

ちなみに僕が必ず食べるオススメは、ジャガイモのニョッキ・ブルーチーズ風味。そして、もう1つのオススメは、うちの次男が世界一美味しいと称するマルゲリータですw

そのほかにも、美味しい料理がたくさんあるので、行ってからのお楽しみとしてください。

今は手前におでん屋台がありますが、奥にはコンテナの厨房があります
今は手前におでん屋台がありますが、奥にはコンテナの厨房があります
ボトルでw
4人なのでボトルでいきましたw

 

<6軒目:café causa>

今度は小倉駅新幹線口(魚町と反対側)まで10分少々歩いて、北九州家守舎パートナー遠矢さんのお店「café causa」へ。

ここでは、乾き物とグラスワイン(赤)をオーダー。

このお店にはとにかく面白い人が集まるので、北九州で何か始めたいと思っている方は、まずこのお店に行くといいです。そして、そこにフリーの遠矢さん(つまり、カウンターで芋湯を飲んでいる状態)がいればラッキーなので、近くの席をゲットしましょうw

ちなみに写真にうつっているお髭のシェフ(板井さん)は、現在クッチーナ・ディ・トリヨンで店長をしています。

遠矢さんがこだわったカウンター
遠矢さんがこだわったカウンター、黒田征太郎さんの絵
またまたボトルでw
今度はグラスだったかな?

 

 

<7軒目:内緒>

今度は10分ほど歩いて小倉駅の南側にあるbarへ。

ここでは、最後の1杯ということで、銘柄忘れましたがシングルモルトをロックで。普段はショットでいくのですが、既にだいぶ飲んでいたので弱気の選択でしたw

ノーヒント
ノーヒント

 

<8軒目:丸和前ラーメン(屋台)>

そして、〆のラーメンを食べるために、内緒のbarから5分少々歩いて旦過市場のすぐ横にある屋台「丸和前ラーメン」へ。

ここでは、とんこつラーメンをオーダー。

ガッツリいきたいときは、チャーシュー麺とおでんってのもアリです。

散々飲んで深夜に食べるラーメンは最高に美味いです!

体には良くないかもしれないけどw

こんな雰囲気ですw
こんな雰囲気です
見ると食べたくなります
見ると食べたくなります
おでん
おでん

 

<9軒目:もりしたフルーツ>

〆のラーメンで終わりと思ったら大間違いです。

丸和前ラーメンから徒歩15秒で、こんどこそ最後のお店「もりしたフルーツ」へ。閉まる時間はマチマチですが、0時過ぎまで開いています。

僕は生しぼりグレープジュース、後輩はあまおうパフェをオーダー。

オーダーすると目の前でグレープフルーツをギュっと搾ってくれます。

これを飲んでおけば、翌朝もスッキリですw

開いてて良かったw
開いてて良かったw
生しぼりグレープフルーツジュース
生しぼりグレープフルーツジュース
あまおうパフェ
あまおうパフェ

 

<解散場所:Tanga Table>

さいごは、もりしたフルーツから歩いて2分弱のTanga Tableに戻りました。

酔っぱらっていてもこのカラフルなEVの扉は見つけられるはず
酔っぱらっていてもこのカラフルなEVの扉は見つけられるはず
でも、エレベーターから降りたときは、こんな感じになってると思います 笑
でも、エレベーターから降りたときは、こんな感じになってると思います(酩酊)

 

<翌朝:Tanga Table>

しこたま飲んでもTanga Tableのシモンズ製ベッドでぐっすり寝れば大丈夫。

翌朝には、美味しい朝ご飯を気持ちよく食べることができます。

ktq_hashigo_tt06

 

以上、2015年12月14日(月)19:30〜25:00終了という5時間半コースでした。

いかがでしたか?

みなさんが初めて小倉のまちに来たときに、ここまでする必要はありませんが、こんな楽しみ方もできます。そして、他にもオススメのお店がたくさんあるので、またいつか紹介しようと思います。

お楽しみに!

 

と、ここで終わってしまうと、ただの酔っぱらいのような感じになってしまうので、さいごに、マイルールをお伝えしたいと思います。

それは、よそから来た方と飲食をともにする際、地元資本のお店にしか案内しないってことです。

今回のはしご酒で紹介したお店も、すべてが北九州・小倉のお店です。

当たり前のことですが、よそから来た人にとって、どの街にもあるようなチェーン店で食べたり飲んだりしてもつまらないと思うからです。そして、そのお金を地元のお店に落としてもらうことがこの街を潤すことにつながるからです。

幸い、小倉のまちには、ここにしかないお店がたくさんあって、ほとんどハズレがないので、胃袋をつかむ自信はありますw

これって、まさに、real localって感じがしませんか?

備考

<住所一覧>
Tanga Table(北九州市小倉北区馬借1丁目5-25 ホラヤビル4F)
満天寿司(北九州市小倉北区魚町4-4-9)
ラムちゃん(北九州市小倉北区魚町4-4-4)
コンテナ+B(北九州市小倉北区魚町3-3-20)
クッチーナ・ディ・トリヨン(北九州市小倉北区魚町3-3-11)
cafe causa(北九州市小倉北区浅野2-12-14)
丸和前ラーメン(北九州市小倉北区魚町4-1-1丸和の前)
もりしたフルーツ(北九州市小倉北区魚町4-2-1)

※ちなみに、Tanga Table以外はカード払い不可なのでご注意を。

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

map

TOP