real local » サードウェーブコーヒーを小倉に【店】

サードウェーブコーヒーを小倉に

Gramo coffee

北九州・Tanga Tableから歩いて5分のスペシャルティーコーヒーのスタンドです。

挽きたての豆を目の前でハンドドリップしてくれる、いわゆる「サードウェーブコーヒー」が、日本中でトレンドとなっています。

ここ「Gramo coffee」でも、丁寧にハンドドリップされたコーヒーが味わえるとあって、近所の人はもちろん、県外からもわざわざ訪れる人がいるという人気のお店です。

サードウェーブコーヒーを小倉に

Gramo coffeeの店主、通称ジミーさんは、地元小倉でMEGAHERTZというクラブを経営する傍ら、コーヒー好きが高じて2016年の6月、小倉北区馬借にある古着店「BELL STORE」の片隅にコーヒースタンドをオープンしました。

“Gramophone=蓄音機”からとったという名前には、小さい音が大きく広がっていくように、小さなお店からコーヒー文化を広げていきたいという、音楽好きなジミーさんらしい想いが込められています。

サードウェーブコーヒーを小倉に
コーヒー豆の販売も行っています。

こだわりの豆は、ノルウェー発のFUGLENを使用。

九州ではここでしか飲めません。

浅煎りのコーヒーは果物のようにフレッシュな味わいで、苦みが少ないのが特徴です。

サードウェーブコーヒーを小倉に
苦いのが得意じゃない私も、大好きなコーヒーです!

 

コーヒーだけではなく、自家製のドリンクやスイーツも充実しています。

おすすめのスパイスショコラケーキは、シナモンやブラックペッパーが効いた大人な味でコーヒーのお供にぴったり。

クセになる美味しさです。

サードウェーブコーヒーを小倉に
お菓子は全部手作り。

 

内装にもこだわって作られた店内は、おしゃれで居心地のいい空間。

インテリア一つ一つが素敵です。

サードウェーブコーヒーを小倉に

ジミーさんをはじめ、スタッフは気さくな方ばかり。

ペット同伴でもOKなので、ワンちゃんの散歩の途中でもフラリと立ち寄れます。

サードウェーブコーヒーを小倉に

 

今後はさらにメニューを充実させていくと共に、コーヒードリップ関連のワークショップや、コーヒーをテーマにした映画の上映会なども企画していく予定だそうです。

サードウェーブコーヒーを小倉に
オリジナルロゴの入ったカップ。
サードウェーブコーヒーを小倉に
話しやすく誰とでもすぐに仲良くなる達人!

海外が好きでよく旅行に出かけるジミーさん。

旅先でインプットした流行や文化を日本に持ち帰り、それをお店でも取り入れているそうです。

また近々アメリカ・カナダへの旅行を計画しているそうなので、今後の展開がますます楽しみです。

 

 

 

URL

https://www.facebook.com/gramocoffee/

住所

福岡県北九州市小倉北区馬借2丁目1-20千代ビル101号(BELLSTORE内)

TEL

093-287-8078

営業時間

11:00~20:00

定休日

木曜定休

備考

<出店>

3/28(火)~31(金) 小倉駅ナカ本の市

4/1(土)・4/2(日) 小倉駅ナカ蚤の市

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

サードウェーブコーヒーを小倉に